自転車は歩道と車道、どっちの信号を見るべき?

交差点の信号

信号を守るべき!

これは自転車ならずとも、当たり前のことなのですが・・

 

「車道」の信号と「歩行者用」の信号、どっちを見ればいいの?

というのは、よくわからん・・となりがちなところです。

 

クルマならもちろん「車道」の信号です。

歩いているなら、歩道にある「歩行者用」の信号です。

ここはもちろん間違えようが無いと思います。

 

しかし自転車は、歩道を走ることも、車道を走ることもある乗り物ですので・・

歩道の信号が赤、車道の信号は青!

そんなとき「あれ?これ、どっちに従えばいいの??」となってしまいます。。

 

なのでこの記事では、自転車は歩道と車道、どっちの信号を見るべき?

ここを徹底解説していきます。

まず結論を、シンプルに解説

まず、結論からです。

自転車が見るべき信号は・・

  • 車道を走っているときは、車道の信号
  • 歩道を走っているときは、歩道の信号

となります。

 

そしてひとつ、例外として・・

  • 歩道に「歩行者・自転車専用」とある信号があるときは、必ずそれを見る

というのがあります。

 

歩行者自転車専用信号

こんな感じの、「歩行者・自転車専用」と書かれた信号があったら・・

車道を走っていても歩道を走っていても、必ずこれを見る!ということですね。

 

「自転車が見るべき信号」にかかわるルールは、以上になります。

 

なので実際に、自転車で走る感じだと・・

まず「歩行者・自転車専用」がついた信号が無いか?チェックし、

  • 有る:なにも考えず、その信号に従う
  • 無い車道を走ってるなら車道の信号を、歩道を走ってるなら歩道の信号を見る!

以上!となります。

 

下で解説するように「微妙なケース」も、確かにあるのですが・・

基本的には、このルールだけを知っていれば迷うことはなくなるのでは・・と思います。

 

まずは、こうすればいい!という結論をお話ししましたが・・

それって本当?ちゃんと根拠あるの?

というのは、気になるところかもしれませんので・・ここを解説していきます。

自転車が見る信号の「根拠」を解説!

自転車が見る信号の、根拠となる「法律」については・・

警視庁リーフレットより抜粋

警視庁 正しい自転車の乗り方PDFより引用

警視庁が発行している、上のリーフレットにまとまっています。

 

警視庁リーフレットより抜粋

警視庁 正しい自転車の乗り方PDFより引用 一部を強調して表示

こうあるように「道路交通法 第7条」と「道路交通法施行令 第2条」というのが、根拠になっているわけですね。

 

そして「道路交通法 第7条」の記述は、

道路交通法 第七条

道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第一項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。

e-Gov法令検索 道路交通法より引用

これだけ・・つまり「信号に従わなければいけない」くらいの内容だけです。

まあ、これは当たり前のことですね。

 

そして、ここでより大事になってくるのは・・

「道路交通法施行令 第2条」

圧倒的に、こっちのほうです。

 

「道路交通法施行令」へのリンクを、まず貼っておきます。

もし必要なら、実際に見ていただきたいですが・・

「道路交通法施行令 第2条」というのはかなり、長い条文になっています。

 

上で解説したことにかかわる、大事な部分だけ抜粋すると・・

道路交通法施行令 第二条

法第四条第四項に規定する信号機の表示する信号の種類及び意味は、次の表に掲げるとおりとし、同表の下欄に掲げる信号の意味は、それぞれ同表の上欄に掲げる信号を表示する信号機に対面する交通について表示されるものとする。

e-Gov法令検索 道路交通法施行令より引用 一部を強調表示

まずは「信号は、信号に対面する交通に対しての表示だ」となっています。

なので車道を走っているなら車道、歩道を走っているなら歩道の信号を見るべき!

となるわけですね。

 

さらに・・

道路交通法施行令 第二条

4 公安委員会が、人の形の記号を有する青色の灯火、人の形の記号を有する青色の灯火の点滅又は人の形の記号を有する赤色の灯火の信号を表示する信号機について、当該信号機の信号が歩行者及び自転車に対して意味を表示するものである旨を内閣府令で定めるところにより表示した場合における当該信号の意味は、次の表の上欄に掲げる信号の種類に応じ、それぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

e-Gov法令検索 道路交通法施行令より引用 一部を強調表示

と、「歩行者・自転車専用」とか書かれているのなら、その意味に従いなさいよ!

そういう解釈になると思います。

 

と、ちょっとごちゃっとしてしまいましたが・・

 

対面する信号機に従う・・

つまり車道では車道の信号に、歩道では歩道の信号に従う!

 

そして「歩行者・自転車専用」と書かれた信号があるなら、車道を走っていても、それに従う!

 

こう書かれていたのには、そういう法律的な根拠があったわけですね。

現実には「微妙なケース」もある

と、「自転車と信号」にかかわるルールや法律は、こんな感じなわけですが・・

実際には「どっちなのか微妙」なケース!というのも、確かにあります。

 

いちばん多いと考えられるのが・・

ここは歩道なの?それとも車道なの?

という迷いですね。

 

はっきりと区画整理された道であれば、歩道なのか車道なのか?なんてことで迷いはしませんが・・

日本には、特に田舎のほうとかだと「きっちり整備されてはいない道」なんかは多いものです。

 

なのでそういう道だと、歩道と車道の境目がよくわからなくなって・・

自分、今、どっちの信号を見ればいい状況なんだ??

と、迷うことになるわけですね。

 

一応、歩道と車道には、それぞれ定義はあります。

道路交通法 第二条

この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

二 歩道 歩行者の通行の用に供するため縁石線又は柵その他これに類する工作物によつて区画された道路の部分をいう。

三 車道 車両の通行の用に供するため縁石線若しくは柵その他これに類する工作物又は道路標示によつて区画された道路の部分をいう。

e-Gov法令検索 道路交通法より引用

と、書いてあるように・・

歩道は「歩行者の通行の用に供する」もので、車道は「車両の通行の用に供する」もの。

そしてそれぞれ、縁石とか柵とかで区画されているもの。

そんな感じに読み取っていいと思います。

 

そしてもちろん、日本の道路には「区画されていない」部分もあります。

なので特にそういう場合は、よくわからなくなりがちなんですね。。

 

微妙な場合にどうするか?のはっきりした答えは、私が探した限りでは見つかりませんでした。

なのでここからは、個人の意見となりますが・・

基本的には「歩道」の信号に従っておくほうがいいのでは、と思います。

 

日本は、ロードバイクもそこそこ乗られているとはいえ・・

自転車の多くは「ママチャリ」です。

そしてママチャリはほとんどの場合で、歩道を走っているものです。

 

そしてクルマのほうも、自転車には「歩道を走る動き」を期待するものだと思います。

多くの人が、歩道を走るので・・まあ、そうなりますよね。

 

なので信号を含め、微妙な場合にはとりあえず・・

「歩道走り」を軸にした動きをしておくほうが無難なのでは、と思います。

 

もちろん、明らかにここは車道!車道を走っている!

そういう状況なら、車道側の信号を参考にするべきなのですが。

 

 

今回は自転車は歩道と車道、どっちの信号を見るべき?について、調べたことなど書いてみました。

関連記事
乗り心地重視のロングライド向けサドル「サンマルコ リーガル」を徹底レビューしています。
前後の体重移動がしやすい優秀サドル「フィジーク アリオネ」を解説しています。
痛い!もう走れない!となりがちな「股擦れ」を防ぐための、コツやおすすめ製品など解説しています。
自転車の乗り方に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【よく乗るエリア】福岡まわり

【自転車趣味歴】9年くらい

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
◇いつかオランダに住んでみたい
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

よく読まれている記事
カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ