パークツールのTM-1をレビュー!使いやすい?もっと安いのと比べてどう?


TM-1を使ってるところ

パークツールのTM-1は、スポークテンションメーターの中でも定番です。

そして私自身、これを3年ほど前に購入し、何度もホイール整備に使っています。

しかしネットを探してみても、このアイテムのわかりやすいレビューはあまり無いなぁ・・と思います。

 

パークツールのスポークテンションメーター

 

モノとしては、これですね。

 

この記事では、パークツールのTM-1ってどんなスポークテンションメーターなの?

操作のしやすさは?精度は正確?激安品と比べてどう違う・・?

そんなところを解説していきます。

具体的な「使い心地」を解説!

まず、製品の外観としては・・・

TM-1の外観

こんな感じです。

 

そしてこのスポークテンションメーターは、
「ひとつめのプレート」「ふたつめのプレート」「バネ」の3種類のパーツでできています。

 

ひとつめのプレートは上の画像の、青いプレートです。

ふたつめは・・・

TM-1の裏側のプレート

こんな感じの、裏側の黒いプレートですね。

 

そして・・・

TM-1裏側のバネ

裏側にはこんな感じで、バネがついています。

 

握り部分のパーツとか、細かいところはあるものの・・・

基本的に、この3パーツだけで作られたシンプルな製品ですね。

 

実際に、スポークのテンションを測るときは・・・

TM-1を握る

こんな感じで手で、ぎゅっと握ります。

 

そうすると・・スポークを挟みこむ部分が、

TM-1のスポーク挟み込む部分

ここから、

 

TM-1のスポーク挟み込む部分

ここまで動きますので、この状態で点線の位置に合わせるようにスポークを挟み込みます。

 

スポークを挟み込んだTM-1

こんな感じでこの状態で、手を離します。

挟み込まれたスポークがすこしだけ歪んでいるのが、見えるかもしれません。

 

この状態になると、メーターが・・・

TM-1のメーター部分

こんな感じでスポークテンションを示してくれます。

 

スポークテンションはkgf(キログラム重)で表すもので、この数字はkgfではないので「換算」が必要にはなりますが・・・

 

スポークテンション換算表1

スポークテンション換算表2

「パークツール TM-1 スポークテンションメーター換算表」を引用

 

こんな感じの換算表が製品についてきますし、同じものをネット上からも落とすことができます。

この表を見ればかんたんに換算できますので、心配はいらないです。

 

と、ちょっと詳しめに使い方を解説しましたが・・

実際にはぎゅっと握ってセットして、ぱっと離して目盛りを読み取り、またぎゅっと握って次のスポークにセットして、ぱっと離して・・・

みたいな感じでさくさくと、連続でスポークテンションを計測していけます。

良い点:「剛性」が高いです

と、「使い方」はこんな感じなのですが・・・

この製品の良いところは価格のわりに、性能が良いところだと思います。

 

まず・・このスポークテンションメーター、「剛性」が高いです。

 

剛性といえば自転車のフレームとかでも、よく聞く単語ですが・・・

つまりは「力を加えてもたわまない」・・とか、そんな意味ですよね。

 

そして精度が命の「メーター」といった工具で、剛性が低いと・・まずいです。

スポークテンションといった力を正確に測ろうとしても・・ぐにゃぐにゃとたわんでしまうようでは、難しいですよね。

 

そしてこのTM-1はメインのプレートが、非常にしっかりした金属でできています。

全力で力を入れて曲げようとしても、おそらく曲げられないくらいですね。
(実際に試してはいませんが・・笑、そんな感じがします)

 

例えばAmazonだと、3,000円とか、2,000円を切るような「安い」スポークテンションメーターもあります。

 

私自身、このTM-1を買うまえに1個、2,000円くらいのものを買ったことがあるのですが・・・

それはTM-1に比べると明らかに「剛性」が低くて、ぐにゃぐにゃ・ぐらぐらしていて、
メーターとしてこれはどうよ・・と思うような品質でした。

そしてTM-1に買い替えて、そのかっちりした使い心地に、
最初からコレ買っとけばよかったやん・・となったものです。笑

 

逆に、さらに高価なものもたくさんありますが・・・

品質的にはこのTM-1で十分で、それ以上はもう、例えば自転車ショップのプロが買うようなシロモノ・・
という認識でいいのではないか、と思います。

 

と、スポークテンションメーターに高度なギミックとかは必要ないわけですが、
そのぶん基本となる「剛性」は重要度が、より高いです。

そしてTM-1はそこをしっかりと満たした、つくりの良い製品だと思います。

なのでスポークテンションメーターが欲しい!と思うのであれば、
大きな間違いにはならないのでは・・と思います。

 

パークツールのスポークテンションメーター

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ