ダサいレーパンやサイクルウェアは嫌!・・自転車に向いたパンツ・ズボンなら大丈夫!


レーパンで走るローディ

ロードバイク専用のレーパン(レーシングパンツ)は、ダサいから嫌だ。。。

自転車を趣味にする方であれば、
最低でも一度は、思うことなのではないでしょうか。

 

もちろん、状況によってはダサくなんてないです。

ツール・ド・フランスを走っているようなレーサーや、
そういったロードレースで戦っている人たちが、レーパン着用で競い合っているのは、
私もかっこいいと思いますし、それをダサいと感じる人はなかなか居ないでしょう。

 

しかし、街中や、ふつうの観光地などを自転車で走り回る・・といった状況では、
レーパンはやっぱりダサい・・と感じてしまう方は多いと思います。

 

もし・・レーパン以外の服でも、レーパン並みの機能性が得られるとすれば・・

レース以外の状況では、そっちを使いたいと思われるのではないでしょうか。

 

そう、レーパンは、機能性がすごく高いです。

サドルとの擦れによるおしりへのダメージは、最低限に防がれますし、
速乾性や快適さも高く、脚も動かしやすいです。

やっぱり、自転車専用品は伊達じゃないのですね。

 

対して、ふつうのズボンはてきとうに選ぶと、ごわごわして脚が満足に動かせなかったり、
おしりとサドルの擦れを防げずおしりが痛くなったり・・と、散々な目にあうことになります。

ものによっては強度が低く、走っているうちにサドルと擦れて生地が破れ、
あわててズボンを買いに店に駆け込むはめになる・・ということにもなりかねません。
(体験談です 笑)

 

しかし、世の中には「自転車専用ズボン」と言うものが売られていたりします。

レーパンではなく、あくまでふつうの「ズボン」です。
見た目もふつうの服と変わりなく、履いて街中を歩いてもぜんぜん違和感が出ないようなものです。

TOKYO WHEELSのパンツ

こんな感じのものですね。
(画像のものは「TOKYO Wheels」の自転車用ズボンです)

 

自転車専用ズボンは、おしり部分の破れにくさ、脚の動かしやすさ・・といった、
自転車で必要になるパラメータがしっかり追求されているので、
ふつうのズボンの見た目ながら、レーパンに迫るほどの自転車での使いやすさがあります。

 

中でも私がよく使うものでは、mont-bellの「フリーライドパンツ」という製品がイチオシですね。
薄く軽く、脚は動かしやすく、おしり部分は破れにくく、収納も豊富・・と、とても優秀で、
私は何年もこのズボンばっかり使っています。

それ以外でもモンベルの製品や、それ以外の登山メーカーの製品は自転車用としても使いやすいですので、
そういうところから探してみると、いい製品に出会えるかもしれません。

 

それ以外だと、「リンプロジェクト」や「TOKYO Wheels」といったところの製品もなかなかに優秀です。

それぞれ、自転車に乗る人のことをよく考えられたズボンを作ってくれていると思います。

 

そして、レーパンだと下着(肌着)はつけないことが多いので、検討する必要はないのですが・・・
ズボンだと必要ですし、ここもてきとうに選んでしまうと、
たとえば縫い目が、何百何千と皮膚にこすれてしまい、
こすれ続けることによる皮膚へのダメージがひどいことになったり・・ということが起こりかねません。

そのため私としては、肌にダメージを与えにくい「無縫製タイプ」の肌着を使ったり・・と、
自転車に向いたものを選ぶようにしています。

 

自分は、一日中ロードバイクだけに乗り続けることは少なく、
ライドの合間にカフェに立ち寄って仕事をしたり、郵便局などで用事を済ませたり・・・などなど、
レーパンだとちょっと恥ずかしい・・と思うような場所にも、よく行きます。

そのためレーパンを履くことはあまりなくなり、
紹介したような「自転車専用ズボン」を、日頃から履くようになりました。

いまではもう、普通のズボンはほとんど所持しておらず、
ほとんどが「自転車専用ズボン」になってしまいました・・笑

 

レーパンは状況によってはやっぱりダサいですので、レーパン以外を使いたいと思うことは多いでしょうが・・
だからといって、てきとうに普通のズボンを選んでしまうと、ものすごく自転車に乗りにくくなってしまったりします。

そのため「自転車専用ズボン」から選んでみると、
普通のズボンと変わらない見た目と、ものによってはレーパンに迫るほどの自転車での使い勝手を、
両立することができるかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ