生活の中で使う自転車ウェアは、パールイズミやモンベルを軸に選ぼう


ウェアを脱ごうとしている男性

自転車ウェアの選び方は、自転車で走るときの快適さや疲れやすさに、じつは大きくかかわってきます。

 

ロードレース専用に作られたウェアであれば、不快になりやすいものや、窮屈で疲れやすいものなど、
あまりにも自転車に向かないような製品は少ないのですが・・

 

ロードレース専用品だと派手すぎて使いにくいため、ポロシャツやジーパンなどなど、いわゆる「普通の服」から検討することも多いと思います。

しかしながら、いわゆる「普通の服」で、長時間自転車に乗ることを想定されて作られているものは少なく、
ロードレース専用ウェアを選ぶときよりもかなり気をつけて選ばないと、
自転車で走ることにまったく向かないような服を選んでしまうことがあります。

そのため今回は、どのような点に気をつけて服を選べば、自転車生活に向いた服を選べるか、についてお話していきたいと思います。

 

自転車ウェアには上(シャツ、ジャケットなど)と下(ズボンなど)があると思いますが、
まずは下ウェア、いわゆるボトムスについて話をさせていただくと、

 

求める条件として、

①吸湿速乾性に優れていること、

②自転車サドルとの摩擦に強いこと

③動きやすく、ペダリングを妨げないこと

といったものが挙げられます。

 

自転車は汗をかきやすいので、①はとても重要です。

 

②が弱いと、摩擦によりすり減っていってしまいます。
破れてしまった場合は、縫い直せばいいのですが、
摩擦によりすり減ってしまった場合はどうしようもありません。

 

私も自転車専用ウェアなどについて考えていなかった頃、
ユニクロの綿パンを履いて自転車旅行に出かけたのですが、
走るうちにすり減ってパンツに穴が空いてしまい、焦って旅先のユニクロに駆け込んだ、という経験があります。

 

③について、たとえばぴっちりとした硬いジーパンであれば、
ペダリングのための脚の動作がまともにできなくなったりします。
そのためゆったりとした構造か、もしくはストレッチ性の高い素材であることが求められます。

 

これらの条件は、いわゆる自転車ウェアメーカーが自転車専用品として発売しているアイテムであれば、
どれを選んでもおおむね満たすと思われます。

 

しかし、自転車ウェアメーカーの製品は、
ロードバイクなどで本格的に走るときは違和感なく着られると思うのですが、
「日常生活の中で自転車に乗る」場合には、派手すぎたり目立ちすぎたりでなかなか着にくいものが少なくありません。

そのため自転車生活マニアとしては、
日常で自転車に乗るとき着るものとしては、上記の条件を満たしつつも、

④日常生活の中に溶け込むデザインのもの

という条件も同時に満たすものを推したいと思います。

①から③を満たしつつ、④を同時に満たすものを見つけるのはなかなか難しいものですが、
最近だとパールイズミの「フリージー」というシリーズをはじめとして、
各自転車ウェアメーカーが、日常使いをしても違和感のないようなデザインの服を発売していたりします。

 

また、もともと自転車ウェアメーカーではないメーカーも、
最近では自転車用ラインとして、自転車に乗るのに向いた製品を発売しています。

 

参考までに、私が数年間使い続けている製品に、
モンベルの「フリーライドパンツ」というものがあります。
ゆったりとした構造で、速乾性が高く濡れてもすぐに乾き、
私が数年履いた限りでは、サドルとの擦れで摩耗するようなことも無く、
とても気に入っている製品です。

 

また、もう少しカジュアルな見た目のものが欲しい場合は
「narifuri」といったブランドから見つけることができます。

 

 

 

次に、自転車ウェアの「上」、
トップスの選び方についてお話ししていきたいと思います。

こちらは下のウェアと違い、サドルと擦れて摩耗したり、
大きく脚を動かし続けたりすぐわけではありませんので、
必ずしも自転車に特化した製品でなくても良いのではないか、と思います。

自転車に乗るときの前傾姿勢にあわせて裁断したようなアイテムもありますが、
日常生活の中で使うことに限れば、さほど重要ではないと思います。

しかしながら、「吸湿速乾性」は下ウェア以上に重要です。

 

まずは素材についてですが、
一般的に、綿などの自然素材のものより、
ナイロンなど化学繊維のもののほうが吸湿速乾性は高いです。

その中でも、たとえばモンベルのような登山メーカーや、
パールイズミのような自転車ウェアメーカー、もしくはスポーツ系メーカーのものであれば、
吸湿速乾性はまず問題ないレベルの製品が揃っていると思います。

洗濯に関して、できればすべての服を洗濯機で丸洗いできるものに揃えておけば、
ライドで汗をかいたあと、何も気にせず洗濯機に放り込むだけで良くなるので、おすすめです。

 

また自転車に関して言えば、冬用のウェアであっても、あまり分厚いものはおすすめしません。
たとえばダウンジャケットのような分厚いウェアは、寒い中でじっとしているぶんには暖かさを発揮してくれるのですが、
自転車で走れば、汗を多くかいてしまうこともあります。
そうすると、分厚い生地が汗をたっぷりと吸い、びしょびしょになってしまい、
冬の外気温と気化熱で、それはもうひどい冷たさになります。

そのため自転車用の冬服としては、「薄くて、かつ暖かい」ものをお勧めします。
そのような服は少ないと思われるかもしれませんが、汗による気化熱の問題は登山でも大きな問題ですので、
やはり登山系などのメーカーに上記のような「薄くて、かつ暖かい」製品は多くあります。

 

上記のような条件を満たすのであれば、
あとは、見た目を重視して選んでもよいのではないか、と思います。

自転車を使った日常生活の中で使うのであれば、
浮いてしまうほどには派手でないものがよいでしょう。

もっとも、吸湿速乾性が非常に高いような製品は、
登山系やスポーツ系のウェアに多いため、ファッション性の観点から見ると
やや野暮ったくなってしまう傾向はあるのかもしれません。

参考までに、私がよく使っているメーカーは
「AIGLE」「モンベル」「コロンビア」「パールイズミ」
といったものです。

 

自転車生活に適したウェアを選ぶのであれば、
吸湿速乾性をしっかりと押さえた上で、
あとは見た目を重視して選んでよいのではないか、と思います。

 

上記のような服選びをすると、
自転車で快適に使えるような服を選べるのではないか、と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ