落ち着いたデザインのサイクルジャージ

モンベル製サイクルウェアの評判は?自転車にちゃんと合う?


ウェアを脱ごうとしている男性

「モンベル」といえば、登山アイテムのメーカーです。

 

そしてもちろん、登山に向いたウェアを作っているわけですが・・

このモンベルの「サイクルウェア」が意外と使いやすい!

と、いろいろと使ってきて、そう思います。

 

私自身、モンベルウェアを何枚持っているかわからないヘビーユーザーで、
自転車に乗るときもかなりの頻度で、モンベルウェアを着ています。

 

なのでこの記事では、モンベルのサイクルウェアって、自転車にどう?

パールイズミとかの「自転車ウェア専門メーカー」の製品と比べて、どうなの?

そんなところを解説していきます。

モンベルのサイクルウェアは「派手すぎない」ところが良い!

「ロードレース専用」のウェアなら当然、自転車に乗っていて快適です。

それ専門に作られているウェアなのですから、それはまあ、そうでしょう。

 

しかし・・そういったウェアには派手すぎる、という欠点があります。

真っ赤とかピンクとかの、ド派手なサイクルジャージ・・を、
たとえばツール・ド・フランスなどのロードレースでは、ほとんどの選手が着ていますよね。

 

もちろん、ロードレースならそれで、まったく違和感は無いでしょう。

それが「ユニフォーム」みたいなものですし、浮くなんてことは全然無いはずです。

 

なのですが・・

もうちょっと、地味なサイクルウェアがほしい!

というのは、おそらく自然なニーズだと思います。

 

みんながみんな、常に、レースのようなガチライドをするわけはないですし・・

ちょっと街乗りしたいとか、自転車に乗りつつも他の用事も済ませたいとか・・

そういうときは、ちょっと地味めで、しかも機能性が高いサイクルウェアが欲しくなるはずです。

 

そして・・

モンベルのサイクルウェアは、そういうニーズにベストマッチします。

 

ロードレース専用品だと派手すぎる!という場合、
ポロシャツやジーパンなどなど、いわゆる「普通の服」から検討することも多いと思います。

しかし・・いわゆる「普通の服」で、長時間自転車に乗ることを想定されて作られているものは、少ないです。

 

サイクルウェアに求める条件としては、

 

①吸湿速乾性に優れていること、

②自転車サドルとの摩擦に強いこと

③動きやすく、ペダリングを妨げないこと

 

あたりが挙げられると思います。

 

そしていわゆる「普通の服」は、このあたりが全滅していることが多いです。。

たとえば汗をかいたあと、いつまでもいつまでも乾かなかったり、
生地のストレッチ性が無くて、脚を回すたびにパツパツに突っ張ったり・・

 

しかしモンベルのサイクルウェアは、こういった条件もきっちり満たしています。

街中で浮きにくい、落ち着いた見た目でありながらも、
汗はすぐ乾きますし、動きにくさなんかも全然ありません。

このあたりはさすが、ハードなアクティビティである「登山」のメーカーだな、という感じです。

 

具体的な製品をひとつ挙げてみると、

 

モンベルの自転車対応パンツ

 

この「サイクルパンツ」は、おすすめです。

私自身、レーパン以外で自転車に乗りたいときはほぼ必ず、モンベルのパンツを履くのですが・・

 

自転車において「パンツ」は、ウェアの中でも特に重要です。

脚をたくさん動かしますので、ストレッチ性がものすごく重要ですし、
おしりがサドルに擦れて破れやすいので、耐久性も求められる・・

と、けっこうシビアなのですが・・
この「サイクルパンツ」はそういう条件のもとでも、大きな間違いがない選択肢だと思います。

モンベルのサイクルウェアは「インナー」もいい感じ

モンベルのウェアは自転車に乗るときの「インナー」においても、優秀です。

 

「登山」において、インナーがいちばん重要だ!というのは、常識のようです。

汗を逃がしたり、保温もしくは熱の発散をちゃんとしたり・・

というところでインナーの影響は大きいですし、
ここが微妙だと登山では、場合によっては命にかかわったりするはずです。

 

そして当然モンベルのインナーは、そういうところで優秀です。

登山専門アイテムですので、これは当然かもしれませんね。

 

実際に私自身、普段着るインナーも自転車に乗るときのインナーも、そのほとんどをモンベルで揃えています。

モンベルを使いだす以前は、ユ〇クロあたりを使っていたのですが・・

吸湿速乾性とか、汗をかいた後でも快適!とか、汗臭くなりにくい・・といった、
「汗にかかわる性能」は、段違いに高い!

と、あくまで個人の感想ですが、そう思います。

 

モンベルインナーのデメリットは、すこし「高価」なところですが・・

自転車はもちろん汗をたくさんかきますので、「汗まわりの性能」はもちろん超重要です。

なのでここは、投資する価値があるのではないか・・と私としては思います。

 

モンベルのインナーは具体的には、

 

モンベルの速乾性が高い半袖インナー

 

 

半袖・長袖それぞれにおいて、上のものがおすすめです。

私自身、それぞれ結構たくさん、揃えています・・笑。

モンベルの「レインウェア」も、自転車に優秀

モンベルは「レインウェア」においても、優秀です。

 

そもそも登山において、レインウェアは超重要です。

これは、言うまでもないかもしれませんね。

 

雨が簡単に染み込んでくるようでは、低体温症を起こしたりするかもしれませんし・・

「透湿」する性能も、防水と同じくらい重要です。

そしてもちろん登山メーカーであるモンベルは、このあたりを高い次元で満たしています。

 

そしてこのあたりの、雨に対する高い性能は・・

もちろん自転車での雨天ライドでも、有効に働いてくれます。

 

長時間、雨に降られても大丈夫!

このメリットは、計り知れませんよね。

通勤も通学もロングライドも、雨の中でも快適にできるようになりますし、
実際に私自身、モンベルのレインウェアを羽織って自転車通勤をしていました。

 

モンベルのレインウェアにもいろいろありますが、
いちばん重要な「トップス」タイプのものを、ひとつ挙げてみると・・

 

モンベルの薄型軽量レインウェア

 

このバーサライトジャケットは薄型軽量で着ていて邪魔になりにくく、それでいてじゅうぶんな防水性・耐久性もあると思います。

個人的に、かなりのお気に入りです。

 

 

・・と、モンベルはもちろん登山メーカーなわけですが、登山というシビアな環境で培われた製品レベルは、
自転車ウェアとして使ってもかなり優秀だと思います。

 

この記事ではモンベルのサイクルウェアって、どう?をテーマにお話ししてみました。

 

関連記事
パールイズミの、街でも浮かないデザインのサイクルウェア「フリージー」シリーズについて解説しています。

 

縫い目が擦れて痛い!を防ぐための、「無縫製」タイプの下着について解説しています。

 

自転車ウェアに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ