ロードバイクなど自転車の振動がきつい・・どう吸収する?


振動を受けながら自転車に乗る人のシルエット

1時間くらい、ロードバイクなどの自転車に乗っていて・・・

・・・あー、振動で手がしびれる・・!!

 

あるあるだと思います。

もちろん手だけでなく、おしりが痛くなってきたり、首が痛くなってきたり・・・

もしくは本格的なガタガタ道が続くと、振動で体調が悪くなったり・・も、
場合によってはあると思います。

 

もちろん、ある程度は仕方がないことですが・・・

毎日の通勤とか、よく行く趣味のサイクリングで毎回、振動に悩まされるのはけっこう、つらいものです。。。

 

この記事では自転車につきものの「振動」を、できるだけ和らげる方法を解説していきます。

「腕」をやわらかく使う

まずは、身体そのものです。

なかでも振動に一番かかわる「腕」を、やわらかく使うのが重要です。

 

マウンテンバイクなどのスポーツでは、腕をやわらかく使って衝撃を吸収するというのが、重要だと言われています。

「腕サス(サスペンション)」とか言われることもあるみたいですね。

 

そしてそれはもちろん、日頃のサイクリングなどでも同じです。

腕をやわらかく使えていれば、振動をサスペンションのように吸収できるのでもちろん、振動によるダメージは小さくなります。

 

逆にいつも、無意識にのうちに腕をハンドルにつっぱっている場合は、注意が必要だと思います。

段差を越えるたびに、ガタガタ道を走るたびに、ガンガン!・・と腕や身体に衝撃がくるわけですので、
振動ダメージはもちろん、倍増してしまいます。

 

なのでもし、腕を不必要につっぱってしまっているなぁ・・と感じたら、
まずはふわっと脱力して、最低限の力でハンドルを握るよう心がけると、
振動ダメージをかなり軽減できるかもしれないです。

 

まあ私自身、目下、試行錯誤中のところなのですが・・笑

「グリップ」を変更する

カラダの使い方を追求するのは無料ですし、有効ではあるのですが・・・

使うパーツの種類を変えるなど「機材」のほうを試行錯誤するのも、それはそれで重要です。

 

中でも一番有効だと思うのが「グリップ」選びだと思います。

例えば・・・

 

エルゴンの幅広グリップ

 

例えば私はこういう「エルゴングリップ」といったものを愛用しているのですが、
幅が広めなので、体重を載せる表面積が広く、振動が手に伝わりにくい・・といったメリットがあります。

私自身、自転車の振動にはけっこう悩まされたことがあり、グリップについてもいろいろ試行錯誤したのですが・・・
いろいろ試してきた中ではこのエルゴングリップが、一番だと思いました。

もちろん人によるところなので、参考までに・・・

 

もちろんグリップ選びといった試行錯誤は、クロスバイクやマウンテンバイクなど「バーハンドル」の自転車でしか使えず、
ドロップハンドルのロードバイクでは使えないわけですが・・・

ロードバイクだと例えば、バーテープを厚めにしっかり巻いて衝撃吸収力を高める・・というのも、有効かもしれません。

「自転車の種類」を考える

そして、そもそも「どんな自転車に乗るのか?」も重要です。

自転車の種類といえばロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、ミニベロ・・などなど、いろいろあるのですが・・・

 

振動吸収性を優先するなら最強は「マウンテンバイク」ですね。

まあ、ここは予想通りかもしれませんが・・・
マウンテンバイクは衝撃を吸収しやすいバーハンドルや、ぶっといタイヤに加えて、
高性能な「サスペンション」が装備されていることが多いです。

なのでサスペンションが無い自転車と比べれば、衝撃吸収において段違いの能力があります。

もちろんそのぶん重かったり、メンテナンスが面倒だったりと、デメリットもでてくるわけですが。。

 

次点では「クロスバイク」ですね。

マウンテンバイクほどではありませんが、太いタイヤとバーハンドルを装備し、
街乗りレベルではじゅうぶんな振動耐性があると思います。

クロスバイクにさきほど説明した高性能グリップや、やわらかい腕の効果が加われば、
振動が気になることはあまり無くなるのではないか・・と思います。

 

ロードバイクやミニベロは、それぞれの良さがあるのですがやっぱり、
振動吸収能力においてはちょっと劣る・・と言わざるを得ないです。

ロードバイクは振動を吸収しにくい「手が前を向く」握りになりますし・・・

ミニベロはホイールが小さいぶん、ホイールによるクッションがききませんので、
どうしても振動がフレームに直接、がんがん来てしまいます。

 

なのでどうしても振動対策や、ライドの快適さ・・といったものを優先したいのであれば、
マウンテンバイクやクロスバイクを中心とした自転車選びをするのが良い・・と思います。

自転車の種類自体を変えるのは簡単ではないですので、
場合によっては太いタイヤを検討してみる・・というのも、
もしかしたら有効かもしれないですね。

 

 

今回はロードバイクなど自転車の振動吸収のコツを中心に、お話ししました。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ