自転車のバルブが曲がった・・解決方法を解説!


曲がった自転車バルブ

自転車のバルブが、曲がってしまった。。。。。。

 

床に倒したとき物に当たったとか、整備のときへんに当たったとか、理由はいろいろでしょうが・・・

今まさにお困りで、この記事を開いている方もいらっしゃると思います。

 

なのでこの記事では、ロードバイクなど自転車のバルブが曲がってしまったときの対処法を書いていこうと思います。

バルブが曲がったら・・できれば「そのまま使う」がおすすめです

バルブが曲がった・・どうしよう・・

よし、曲げ直そう!!

 

結論から言いますと、おすすめしません

 

なぜか?

バルブは細い金属ですので、曲げ直すと強度が激減します。

ので、使っているうちにぽっきり折れる可能性がでてくるからです。

 

曲がりの程度にもよるのですが・・私はいらなくなったバルブを試しに、何度も曲げ直してみたのですが、
6-7回くらいぐにぐにと曲げ直しているうちに明らかに、曲げるときの抵抗が減って、強度が落ちたな・・と感じることがありました。

なのでもちろん1回曲げ直すだけでも、ある程度、強度は下がってしまうと思われます。

 

家で何かしているときに、ぽきっと折れるだけならまだいいのですが・・・

自転車で遠出しているときに折れようものなら、もちろん空気が抜けてパンク状態になりますし、
最悪、走行の最中に折れでもしたら一気に空気が抜けて、危険なことになるかもしれません。

 

なら、どうするのか?

もし、そのままの状態で空気を入れることができるのなら、「そのまま使う」ほうがいいと思います。

無理して曲げ直さない、ということですね。

 

バルブは程度にもよりますが、少しくらいなら曲がっていても、ふつうに使えます。

なのでふつうに使える範囲なのなら、そのまま使ってしまうほうがいいのではないか・・と思います。

 

しかし空気を入れることもできなかったり、バルブキャップを装着することもできなくなったり・・という場合もあります。

空気も入れられない場合は

空気を入れることもできない場合・・・

曲げ直してたとえ、使えるようになったとしても、
そこまでひどい曲げを直せば強度も下がりますので、それを使うのはおすすめしません。

 

ということはそのバルブ・チューブは残念ながら、もう使えないと思います。。

 

そのまま穴からバルブを抜けるのなら、抜いてしまって、
パンク修理と同じ要領で、新しいチューブに入れ替えるほうがいいと思います。

チューブの選び方はこの記事に書いていますが、
チューブは劣化とか、バルブの損傷とかが安全に直接かかわってきますので、
ある程度ストックしておいて、壊れたかな・・怪しいかな・・と感じたらすぐ交換!のほうがいいと思います。

 

バルブ穴から引き抜くことさえできない場合は、バルブをカットするしかないです。。

例えば金属用のこぎりなどがあると、便利ですね。
パーツのカット作業にも使えるので、一本持っておくと便利です。

 

 

まとめますと・・・

空気を入れられるのなら、そのまま使う

空気も入れられないのなら、チューブごと交換する

で、いいのではないかと思います。

 

今回は自転車の「バルブ」が曲がったときの、解決方法についてお話ししました。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ