ロードバイクでの通勤におすすめのタイヤは、これ!


自転車の前輪

ロードバイクを通勤に使う場合・・・

タイヤは、とても重要なパーツです。

 

もちろん「走ること自体」は、あまり考えずに選んだタイヤであっても、できます。

しかし質のいい、適切な太さのタイヤを使えば・・

自転車がパンクしにくくなったり、雨の日でも滑りにくくなったり・・と、たくさんの良いことがあります。

 

この記事では、ロードバイク通勤のタイヤは、どんなものが良い?

というところを解説していきます。

タイヤは「レース用と真逆」のものがおすすめ

通勤に使うタイヤは、どんなのがいい?

 

選び方のざっくりした方針を言ってみると、

レース用と真逆のもの

がいいと思います。

 

レース用タイヤといえば?

「細い」

「薄い」

「軽い」

「高価」

そんな特徴が浮かぶのでは、と思います。

 

そしてその真逆といえば、

「太い」

「分厚い」

「重い」

「安い」

ということですね。

 

レース用と真逆タイプのタイヤだと実際、自転車通勤に有利になる条件を、ことごとく満たすことになります。

段差や悪路の衝撃で、仕事前に疲れてしまう、なんてことは減りますし・・

パンクも減りますので、パンクで始業に遅れる!!となる可能性も下がります。

毎日乗っていると、タイヤ代もばかになりませんので・・安くてランニングコストが低いのも、魅力ですね。

 

逆にレース用のタイヤは、このあたりのメリットをすべて捨てて「速さ」に全振りしているわけです。

もちろん、レースにおいてはそれがベストなわけですが・・

タイヤで速さを追求したところで、「通勤」が基準だと、かかる時間は誤差程度です。
(「レース」が基準だと、0.1秒の差も重要ですので、それを追求する価値はありますが・・)

 

なので通勤に向いたタイヤを選ぶときは、レース用タイヤをまず見て、
それと「真逆」のものを選ぶ!

という意識ですと、大きな間違いがない選択ができるのでは、と思います。

「ブルベ」で使われるタイヤが参考になる

「ブルベ」で使われているようなタイヤ!というのも、参考になる視点かもしれません。

 

ブルベというのは、ざっくり言えば公道を何百kmも、制限時間内に走りきる走行イベント・・みたいなものですね。

そして制限時間はあるもののそこまでシビアではなく・・

むしろタイヤは雨の日でも、多少の悪路でも、できるだけ身体に負担をかけない!ということを要求されます。

 

そしてこの求められる条件というのが、「通勤に求められる条件」とかなり近くなるんですね。

 

加えてブルベは、シビアでレベルが高いものですので、
そこで使われる機材はめちゃくちゃ「厳選」されています。

なので性能が微妙なものは、実践の中でどんどん淘汰されていき、
本当に質のいいものだけが残っていくわけですね。

なので通勤という、ブルベとは違った状況であったとしても、
参考にする価値があるのではないか・・と思います。

 

実際、私はこの記事を書いている時点で、ブルベに参加したことは無いのですが、
「ブルベで使われる機材」はよくチェックしていて、参考にすることが多いです。

 

「ブルベで使われるような機材」というのは、それ関係の本を読んでもわかりますし、
このネット時代、検索すればいくらでも情報が手に入りますので・・

自転車通勤に使うタイヤは「ブルベで使われているもの」を参考にしてみる!というのも、
ひとつの役に立つ視点となるのではないか・・と思います。

ロードバイクでの通勤に向いたタイヤは、これ!

ロードバイクでの通勤に向いた、具体的なタイヤはどれ?

 

まずは、

 

コンチネンタルグランプリの25cタイヤ

 

この「コンチネンタル グランプリ」シリーズのタイヤは良いのではないか、と思います。

通勤ならずとも、ロードバイク乗りのあいだでは定番のタイヤですし・・

私も長年使い続けているのですが、
グリップ力や段差の越えやすさ、耐久性など、自転車生活において有利な要素が高いレベルでまとまっていると思います。

 

上述した「ブルベ」にもよく使われている製品ですし、
グリップ力・・特に「雨の日のグリップ力」には定評がありますね。

 

1本だいたい5,000円くらいと、少し高価と感じられるかもしれませんが・・

逆にあまりに安いタイヤは、グリップが悪くて雨の中滑りやすくて、むしろストレスやケガにつながったり・・もあり得ます。

タイヤは安全にかかわる重要パーツですので、通勤には安いタイヤが良いとはいっても、
このくらいならまあ、許容範囲になるかな・・とは感じます。

 

 

もうひとつ挙げてみると、

 

 

この「シュワルベ マラソン」も定番ですね。

 

このシュワルベマラソンは「頑丈さ」に特化したタイプのタイヤですね。

中でも耐パンク性能には定評があり、
パンクのしにくさではこれが最強!という意見も多いです。

私自身、このタイヤをロードバイク通勤に使っていましたが、これがパンクしたことは一度もありませんでした。

 

その頑丈さゆえ、日本一周とかブルベとかにも、よく使われているタイヤです。

 

頑丈さの代償としてかなり重く、もしかすると走りがすこし鈍く感じられるかもしれないのですが・・

そこはトレードオフですし、通勤に必要なものを優先する!という視点で考えると、
このシュワルベ マラソンは良い選択肢になるのでは・・と思います。

 

 

以上、この記事ではロードバイク通勤に向いたタイヤというテーマで、お話ししてみました。

 

関連記事
23Cから32Cまで、さまざまな太さのタイヤのメリット・デメリットを、実際に使い比べた経験から解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ