サドルの高さは高いほうがいい?低いほうがいい?計算式に頼らず設定する方法!


黒いサドル

自転車のサドルは、高いほうがいい!

いやいや・・あんまり高すぎると乗りにくいから、低いほうがいいよ?

 

・・・どちらも、よく言われていることだと思います。

 

サドルの高さは、特にロードバイクなどでは重要なところで、
これを決めるために、計算式まであったりします。

 

サドルの高さ = 股下寸法 x 係数

(係数は0.860、0.870、0.885などさまざま)

 

と、いったものですね。

 

以前は私も、この計算式を使ってサドルの高さを合わせていましたし、
もちろん、この計算式でバッチリの高さを見つけられる場合も、あるのでしょうが・・・

私の場合、係数をいろいろと変えながら試行錯誤してみても、
どうも、この計算式から出したサドルの高さは、合わないなぁ・・と、感じていました。

 

そして私の場合には、乗りながら試行錯誤して、高さを合わせていく方法のほうが、向いていました。

 

以下に説明するように、いくつかの「要素」を基準にしながら、
サドルの高さを調整するようにしたところ・・・

最終的に、体にへんな負担がかからない、ベストなサドル位置だ!と思う高さが見つかりました。

 

以下、ベストなサドルの高さを見つけ出すための試行錯誤の方法を、
書いてみたいと思います。

前輪にも後輪にも、荷重がかかりすぎない高さ

サドルは、高ければ高いほど、前輪側に体重が掛かりやすくなります

そして、低ければ低いほど、後輪側に体重が掛かりやすくなります

 

例えば、ちょっと極端な例ですが・・・

ママチャリくらいまでサドルを下げると、明らかにサドル側・後輪側に、体重が掛かるはずです。

サドルに「どっかり」、座る感じになるはずですね。

 

そしてサドルを、限界まで、おもいっきり上げると・・・

ハンドル側にがっつり、体重が乗る感じになりますので、
前輪側に体重が乗ることになりますよね。

イメージとしては、弱虫ペダルの御堂筋くんの感じです・・笑

 

そして自転車では、前輪・後輪のどちらにも、極端に体重をかけるのはダメです。

 

「前輪:後輪」が「4:6」なのか「6:4」なのか、それとも「5:5」なのか・・といったところは、
自転車の乗り方の、流派などによって変わってくるのですが・・・

 

少なくとも「3:7」とか「2:8」とかになっていくと、自転車の安定性とか、進みやすさとか、
いろいろなパフォーマンスが落ちていくはずです。

人間が立つときで言えば、極端な片足立ちをしているような状態ですので、
その状態でスポーツをして、高いパフォーマンスが出ることはちょっと、無いでしょう。

 

あとは、現物合わせです。

日頃、自転車に乗る中で、
「前輪に荷重がかかりすぎだな・・」と感じたら、サドルを少し下げ・・・

「後輪に荷重がかかりすぎ・・」と感じたら、サドルを少し上げます。

 

これを繰り返していくと、前輪にも後輪にも荷重がかかりすぎない、
ちょうどいい高さが、見つかるはずです。

おしりが痛くなりにくい高さ

サドルは高すぎても、低すぎても、おしりが痛くなりやすいです。

 

あまりに高すぎると、おしりに食い込んで圧迫しますので、痛みがでますし・・・

あまりに低いと今度は、体重がどっかりとサドルに乗りすぎますので、やっぱり痛みます。

 

なので実際に、ロードバイクなどの自転車に乗り続けてみて・・・

高すぎて、おしりに食い込むなぁ・・と思ったなら、サドルを少し下げ、
低すぎて、サドルに体重がかかりすぎて痛いなぁ・・と思ったら、サドルを少し上げます。

 

実際に乗りながら、「お尻の痛み」を軸に試行錯誤してみると、
痛みが起きにくいサドルの高さ・・というものが、見つかってくると思います。

そしてその高さは、他の視点から見てもいい感じの高さになっていることが多いです。

 

おしりの痛みを防ぐには、そもそもおしりが痛くなりにくいサドルを使う・・など、
いろいろな方法があるのですが・・・

「サドルの高さ」もお尻の痛みには意外と、重要なポイントですので、
ぜひ、注目してみては・・と、思います。

ペダルを回しやすい高さ

くるくると、スムーズにペダルを回せるか?というのも、だいじな視点です。

 

たとえば、下死点を通過するたびに膝がぴん!と伸びすぎてしまう場合は、
さすがに、サドルは高すぎです。

逆にサドルが低すぎて、膝が極端に曲がりすぎてペダルを回しにくい・・というのも、
もちろん、よろしくないと思います。

 

基本的には、下死点でペダルがつっかかる場合はサドルが高すぎで、
上死点でペダルがつっかかる場合は、サドルは低すぎです。

 

上死点でも下死点でもひっかからず、スムーズにくるくる回せる高さ・・というものが、あるはずですので、
これを探していく・・というのも、いいと思います。

サドルの高さを考えるときの、基本的な考え方

以上、サドルの高さをあわせるときの「基準」について、
私がよく使っているものを、書いてみました。

 

サドルの高さというのは、股関節の柔らかさとか、O脚・X脚とか、足首の柔らかさとか、使う靴の靴底の厚さとか・・・

いろいろな要素によって変わってくると思いますので、
一概に「こう導けばいい!」というのはなかなか、難しいと思います。

 

たとえ計算式で計算し、この高さがいい!と決まったとしても・・

実際に乗ってみて、どうしても快適に乗れなかったり、足を回しにくかったりするなら、
やっぱり、その高さは「違う」んだと思います。

 

であるなら、一概に決めてしまうよりは、
実際に走りながら、もうちょい高い・低いほうがいいな・・という感じで、
リアルタイムで試行錯誤するほうが、実はいちばんの近道になるのかもしれません。

 

たとえばサドルの高さ変更を、クイックレバー式にしておいて、
走りながら「違うな・・」と感じたら、高さをわずかに変えて、また走る・・・

そういう試行錯誤をしてみると、より自分に合ったサドルの高さが見つかるかもしれません。

 

「サドルの高さが、なんか違う・・」に困っている方の、なんらかの参考になればと思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ