サドルハイトインサートを3つ買ってみると、ブロンプトンのポジション出しが簡単になった話


サドルハイトインサートたち

サドルハイトインサートは、超絶便利です。

 

というか、ブロンプトンをお持ちの方なら、当然ご存知ではあるでしょうが・・笑

 

ブロンプトンに、サドルハイトインサートを装着すると、
折りたたみからの展開時、サドルの高さを微調整する必要がなくなります。

 

サドルを上げていったときに、どの高さでサドルが止まるかを「設定」することができるので・・・

あらかじめ、自分に合った高さにセッティングしておけば、
毎回、カンッ!とサドルをいちばん高いところまで引き伸ばせば、自動的に、乗りやすい高さに決まってくれるんですね。

 

サドルの高さは、ミリ単位の違いでも乗りやすさが変わってきますので、
ブロンプトンを展開するたびにミリ単位で、サドルを合う高さに調整する・・という作業から開放されるのは、ものすごく快適です。

 

・・・と、ここまでは、ブロンプトンオーナーの方でしたら、
当然ご存知のことだろうとは思うのですが・・・

 

実は、違う高さのサドルハイトインサートを、3つほど作っておくと、
生活の中でのブロンプトンのポジション出しが、さらに快適になる・・と思いました。

 

サドルハイトインサートを3つ作るということは、
つまり、サドルハイトインサートのつけかえカスタムをすることで、
ブロンプトンのサドルを、3種類の高さに設定できるようにする・・ということです。

サドルハイトインサートたち

こんな感じで、左から順に、切れる場所ひとつぶんずつ、高さを変えてあります。

 

サドルハイトインサートは長ければ長いほど、ブロンプトンのサドルを低く設定することになりますので、
これらをそれぞれ装着すると、いちばん左のものだとサドルが高めに、いちばん右にいくほどサドルが低めに、設定されることになります。

 

・・・一種類で、よくね??

と、もしかしたら思われたかもしれません・・・笑

 

しかし、合った「サドルの高さ」というものは、生活の中で意外と変わるものです。

 

たとえば靴を買い換えれば、靴底の高さが変わりますので、
そのぶん適切なサドルの高さも変わります。

 

サドルを買い替えた場合も、同じです。
サドルの厚みが変わりますのでもちろん、合わせるべき高さは変わってきます。

 

それ以外にもたとえば、ペダリングが上達し、股関節をよりうまく使えるようになれば、
「脚を長く使える」ようになりますので・・・
合ったサドルの高さは、すこしだけ上がります。

 

他にも、いろいろとケースはあるのですが・・・
こんな感じで、「もうちょっとサドルを高く・低く設定したい」となることは、
意外と、あるものです。

 

ロードバイクだと、サドルの高さを変えたいのなら、
アーレンキーなどでシートポストの高さをふつうにいじれば、それで終わりなのですが・・・

ブロンプトンで、サドルハイトインサートでサドル高を決めている場合は、
サドル高の設定を変えたいのなら、サドルハイトインサートを買い換えるしか無いのです。

サドルハイトインサートの高さにあわせたあと、さらに手で微調整するようなら、
なんのためのサドルハイトインサートか、わからなくなりますし・・・

 

なのでそういう、いろいろな事情で、サドル高の設定を変えたくなったときに、
カスタマイズによってサドルハイトインサートを、
そのときの条件に「合った」別の高さのものに付け替えればいいわけです。

 

実際やってみると、このスタイル、すごく快適です。

 

もちろんサドルハイトインサートの個数は、3個に限る必要はありません。
5個とかにしても、かまわないでしょう。

サドルハイトインサートは、ブロンプトン専用品ということもあって少し値段がしますので、私は3個におさえていますが・・・笑。

 

サドルハイトインサートは、ブロンプトン展開のたびの「サドル調整の手間」を完全に省いてくれる、神アイテムです。

そしてこれを「3種類」常備してみるようにしたところ・・・ブロンプトン生活が大幅に、快適になりました。

ブロンプトン愛好家の方の、なんらかの参考になれば・・と、思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ