フラットペダルでロングライドは無理?「引き足を使わない」乗り方なら余裕です!


坂を登るロードバイク

ロードバイクに乗るならビンディングペダル!

長距離を乗るなら、フラットペダルはNG!
早く卒業して、ビンディングに移行しよう!

 

・・・よく、言われることですし、
実際、100kmを越えるロングライドをするのであれば、
ビンディングの「引き足」が使えるというメリットはなかなかに有効です。

引き足を使うことで、推進力を補助することができ、より少ない疲れ方で長距離を走ることができます。

 

いちおう書いておきますと、
引き足とは、ペダルを回すとき、ペダルが上に戻ってくるタイミングでペダルを上に「引っ張り上げる」ことでパワーを上げる方法です。

ふつうの靴・・いわゆるフラットシューズだと、
ペダルと靴はくっついていませんので、この方法は使えません。
そのため引き足は基本的には、ペダルと靴をくっつけることができるビンディング専用の方法になります。

 

それでは・・・フラットペダルとフラットシューズは、本当にロングライドには向かないのでしょうか?

「引き足を使わない」タイプの乗り方を使うのなら、
そんなことはない、と思います。

 

自転車、特にロードバイクの乗り方には、
いろいろな「流派」のようなものがあります。

なんの世界でもそうだとは思うのですが、
自転車の世界にも、さまざまなプロや指導者が居て、
おのおの、個性的な乗り方理論を展開しているのです。

 

そして・・それら乗り方の中には、
引き足をしっかり使え!と主張しているものもあれば、
引き足は不要!と主張しているものもあります。

どの「流派」の流れに乗って、ロードバイクの乗り方を練習するのかは、
もちろん個人の自由にはなってくるのですが・・・

「引き足不要」「引き足を使わない」ことを奨める乗り方を使えば、
ビンディングを使っているときであっても、フラットペダルを使っているときであっても、最大効率で自転車を進めることができます。

 

私が使わせていただいている、引き足を使わないことを奨める乗り方が、
おじぎ乗り」です。

「やまめ乗り」と言われることも、多いかもしれません。

この乗り方についての情報は、検索すればいろいろと出てくると思いますので、
ここで多くを書きはしませんが・・・

いわゆる、引き足を使った乗り方と異なり、後ろ足に荷重しないことにより、
引き足を不要にして、自分の体重だけでペダルが勝手に回転する状態を作る・・といった方法を使います。

 

この乗り方であれば、フラットペダルであっても最大限のパワーを出すことができますので、
フラットペダルでもビンディングでも、出せる出力はほとんど変わりません。
そのため、フラットペダルでもラクにロングライドをこなすことができます。

逆に「引き足は絶対に必要!」というタイプの乗り方は、フラットペダルでは基本的に引き足は使えなくなりますので、
ビンディング専用の乗り方、ということになってくるでしょう。

 

自転車の乗り方にはいろいろあり、中には他の、引き足不要派の乗り方もあるとは思うのですが、
私はもう何年もこの「おじぎ乗り」を参考にしながら、自転車に乗っています。

自転車で、後ろ足に荷重してしまう「後傾」状態は、せっかくの推進力を殺してしまいますし、
そういった「後ろ足に荷重しない」方向性に進むのであれば、おじぎ乗りはとてもよくできた乗り方のスタイルだと思います。

 

もし、ビンディングを使うときは「引き足を使う」乗り方を使っているとしても、
「引き足を使わない」乗り方も習得し、フラットペダル・フラットシューズを使うときはそっちに切り替える・・とすれば、
いろいろな状況に対応できるようになってくると思います。

 

「引き足を使わない」タイプの乗り方を使えば、フラットペダル・フラットシューズであっても、長距離をラクに走ることができるようになります。
普段ビンディングを使わない・・ビンディングは合わない・・という方は、
「引き足を使わない」乗り方を練習してみるのもいいかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ