マウンテンバイクに乗ると疲れるのには、「MTB特有の理由」があります


山の水場を駆けるマウンテンバイク

ロードバイクに乗っていても、クロスバイクに乗っていても、
別に、そんなに疲れはしないのに・・・

なぜか、「マウンテンバイク」に乗っていると、やたらと疲れる。。

 

同じ自転車のはずなのに、なぜ、MTBでは疲れるの・・?

 

実は、マウンテンバイクで疲れてしまう・・というのには、
「マウンテンバイク特有」の原因があるかもしれません。

ハンドルが広すぎる

ロードバイクやクロスバイクには無い、マウンテンバイクの特徴・・

第一に「ハンドルが広い」ことですね。

 

クロスバイクだと広くても、600mmに届くことはあまりありませんし、
ロードバイクだと手の向きが違うとはいえ、だいたい、400mmとかです。

対してマウンテンバイクだと、購入時の状態で、
700mm越えとか、800mm近い幅とかあるのが、普通です。

 

ハンドルの幅が広いともちろん、手を大きく広げるようなフォームで乗ることになるのですが・・・

この「手を広げるフォーム」が、身体に合っていない場合、
マウンテンバイクで疲れる!!・・ということが、起きます。

 

肩まわり・・特に肩甲骨まわりが硬い場合、
特に、この腕を広げるフォームが難しくなることが、多いです。

肩まわりが大きく動かない場合、
腕をしっかり広げた状態でハンドルを操作する・・という動作が、
負担になってしまうわけですね。

 

マウンテンバイクに乗ると、肩こりとか、首こりとかがひどくなる・・!という場合、
フォームが合っていないかもしれません。

 

解決策としては、肩周りをしっかりストレッチしたり、
しっかり乗りこんで、マウンテンバイク特有のフォームに身体を慣らしたりも、有効ですし・・・

 

もしくは、一番手っ取り早いのは、
ハンドルをカットしてしまう方法ですね。

 

パイプカッターなどでクロスバイクと同等の、500mm台くらいにカットすれば、
もちろん「広いハンドル特有の疲れ」は、起きなくなります。

もちろん、マウンテンバイクならではの圧倒的な安定性とかは、
減ってしまいますが・・・

サスペンションがパワーを殺す

「サスペンション」も、マウンテンバイク特有の装備です。

ロードバイクにサスペンションはありませんし、
クロスバイクでも、ついていることは稀ですよね。

 

基本的に、マウンテンバイク特有の装備です。

 

もちろんサスペンションは、オフロードを走るときには、
衝撃を吸収してくれる、すごく優秀な装備です。

 

しかし日常、普通の道を走るときには、
これがペダリングのパワーを殺してしまうので、
無駄にエネルギーを使い、疲れてしまうことがあります。

 

基本的には、ペダリングが上手ければ上手いほど、
ペダリングのパワーは、サスペンションに吸収されないものです。

ガンガン「踏む」ような、縦方向の力が大きすぎると、
それが縦向きについているサスペンションの方向と、一致しますので、
パワーが吸収されてしまいます。

 

パワーが吸収されているか、確認するためには、
ペダリングで、サスペンションが上下動しているか見るといいと思います。

 

動きが見えるかどうかは、サスペンションによるのですが・・・

ペダリングのたびに「びよん、びよん、びよん・・」と、サスペンションが動きまくるのであれば、
まず間違いなく、ペダリングパワーが無駄に吸収されていると思います。

 

サスペンションによる疲れを防ぐためには、
もしペダリングが原因なら、「回す」ペダリングを練習するのが、
いちばん手っ取り早いと思います。

もしくは、低品質なサスペンションほどパワーを殺しやすいので、高品質なサスペンションに換えたり・・・

もしくは、サスペンションが無い「リジッド」タイプのMTBに乗り換えたり・・
という、選択肢があると思います。

低い空気圧

「低い空気圧」も、マウンテンバイクならではの特徴だと思います。

MTBというよりは、「太いタイヤ」の特徴ですね。

 

ロードバイクだと、7気圧以上くらい入れるのが普通で、
カンカンに入った空気が、走行抵抗を極限まで軽くしてくれます。

しかしマウンテンバイクだと、2気圧とか、
そのくらいの空気圧が勧められていることも多いです。

 

空気圧が低いタイヤは、オフロードだと、あらゆる面で有利なのですが・・・

オンロードだと、走行抵抗が増えてしまったり、
サスペンションと同じように、ペダリングのパワーを殺してしまったり・・
と、あまり良いことがないです。。

ぜんぜん走らないママチャリと、同じようなことになるわけですね。。

 

とはいえここは、空気圧を高めにすれば、解決します。

 

タイヤの推奨空気圧がいくつか、にもよるのですが・・・

空気圧を5気圧くらいにしてあげれば、
MTBでもかなり、よく走るようになります。

空気圧が低すぎて、ぜんぜん走らないのでは?と感じたら、
とりま、ある程度空気を足して、試してみるのをおすすめします。

空気、タダですので・・笑

 

 

以上、すぐ疲れてしまう「マウンテンバイク特有の理由」として、
思い当たるものを挙げてみました。

 

マウンテンバイクならではの理由以外にも、
自転車に乗ると疲れるのは、「後傾」という悪い乗り方のせい・・
とか、すぐ疲れる理由はいろいろあります。

そして乗り方とか、パーツのメンテナンスとか、いろいろなところにハックしていくと、
自転車に乗るのはかなり、ラクになっていくものです。

 

ぜひ、いろいろと試行錯誤してみては・・と、思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ