男性の平均FTPは「150W-250W」くらいです

このブログは広告リンクを含みます

走るロードレーサーたち

FTPを測る機会があったので、やってみたけど・・

出た数値がそもそも高いのか、低いのかわからない!

男性の平均FTPって、どのくらいなの?

 

FTPとは「1時間維持できる最大パワー」のことで・・

パワーメーターや特殊なローラー台といった、計測機器で測ることができます。

そして自転車で出せる脚力の、ざっくりとした目安になってくれます。

 

しかしせっかく測っても「基準」のほうが分からないと・・

自分の脚力は高いのか?低いのか?が、そもそも判定できません。

なので基準となる「男性の平均FTP」は、気になるところです。

 

私自身ここが気になって、以前に調べてみたのですが・・

これ!と納得できるような情報は、なかなかありませんでした。

なのでこの記事では、男性の平均FTPについて徹底解説してみます。

男性の平均FTPは「150Wから250W」くらい

まず、結論からです。

男性の平均FTPは、「150Wから250W」くらいです。

 

その根拠は?

まず「パワー・トレーニング・バイブル」という書籍では、FTPの基準を・・

  • 世界クラス
  • 国内トップクラス
  • 優秀
  • 上級
  • よい
  • まずまず
  • 普通
  • 一般

これら8レベルに分けて、数値として出しています。

 

そして世界クラスとか国内トップクラスは、この記事の趣旨から外れますので・・

一般的な男性と言えそうな「まずまず」「普通」「一般」の3レベルを見てみると、

  • まずまず:218 - 261W
  • 普通:181 - 230W
  • 一般:149 - 186W

こんな感じになります。
(書籍では「W/kg」で記載がありましたので、体重を平均に近い70kgと仮定してWに換算しました)

 

これらをものすごくざっくりとした目で見ると・・

だいたい150Wから250Wくらいと言って、大きな間違いにはならないでしょう。

一般男性から、まずまずのトレーニングをしている男性あたりまでを基準にするなら、平均FTPはこのくらいになるわけですね。

 

 

もうひとつ、根拠を書いてみます。

FTPグラフ

Cycling Analyticsより引用

上のものは「Cycling Analytics」というサイトにあった、そのサイトに登録した男性たちのFTPデータなのですが・・

グラフでは登録者たちの中央値は、250Wくらいとなっています。

 

そして中央値以上の人はさすがに「一般」を超えたレベルであろうと思われること・・

グラフのいちばん低いエリアが、150Wくらいから始まっているところを見ると・・

一般的な男性のFTPはやっぱりだいたい150Wから250Wくらいと見て、大きな違和感は無いと言えます。

 

とうい感じで・・男性の平均FTPって、どのくらい?

ここを調べたら・・だいたい「150Wから250W」だった!

個人的には、こういった結論になりました。

「完全な一般人」のFTPは、もっと低い

いやちょっと待って!?自分のFTP、「100W」なんだけど・・

男性の平均FTPが150-250Wってことは、自分のFTPめっちゃ低いの?

論外と言えるくらいの、貧脚だと言えてしまうの・・??

 

実は、そういうことではありません。

確かに、男性の平均FTPは150W-250Wくらいだと上に書きましたが・・

それはFTPを測るような人たちだけの平均だからです。

 

ロードバイクを持っていない人や、ロードバイクを買って1ヶ月目の人・・

そういった「本当に普通の一般人」はそもそも、FTPなんて測りません。

 

FTPを計測するのは普通、ロードバイクなどの自転車をある程度やり込んでからですので・・

上で紹介したFTP平均はある程度やり込んだ人だけの平均になっている、という事情があるのです。

 

そして日本人男性は、ほとんどがロードバイクに乗ったこともない人のはずです。

なのでそういった人を含めた、全日本人男性の平均は?と考えると・・

上で紹介した平均FTP数値よりだいぶ低めになるはずなのです。

だいぶ下げて「100W-200W」とか、あるいはそれ以下になったとしても不思議ではないでしょう。

 

年齢的にも、FTPを測るような人は50歳台くらいまでが中心になるでしょうが・・

全日本人男性!と括ればもちろん、80歳台とか90歳台とかも入れることになります。

なので年齢的な要素も、ここにかなりの影響を生むことになるでしょう。

 

ひと言に「男性の平均FTP」と言っても・・

  • FTPを測るような男性だけの平均FTP
  • 全日本人男性6,500万人の平均FTP

このどちらの見方をするか?によって、基準はまったく変わってくるということです。

 

という感じで・・男性の平均FTPは「全日本人男性」という視点なら、だいぶ下がる!

ここも大事な視点だと思ったので、書いてみました。

脚力は、FTPだけでは分からない

自分のFTP、〇〇Wだったんだけど・・

こんなFTPって・・自分、脚力無いの・・?

 

たとえFTPが低かったとしても、それで貧脚だ!と言えるわけではありません。

なぜならFTPは脚力の、いろいろな目安のうちのひとつに過ぎないからです。

 

FTPとは、1時間維持できる最大パワーのことです。

なので当然ですが、この数値からは「1時間ぶんの最大持久力」しか分かりません。

 

なので例えば、

  • FTPは低いけど、10秒だけなら爆発的なパワーを出せる!
  • FTPは低いけど、10時間も休まず走り続けることができる!
  • FTPは低いけど、「オフロード」なら誰にも負けないくらい走れる!

こういった「別の種類のすごさ」が、いくらでもあり得ます。

FTPは低くとも、別のところが優れていた!があり得るということですね。

 

もちろんFTPがすごく低いけど、スプリントはプロ並み!・・なんてことはさすがに無いでしょう。

FTPは「腕立て伏せは何回できるか」みたいな、基本的なところの計測にはなりますので・・

腕立て伏せを10回もできないけど、格闘技でプロに勝てる!・・なんてことは無いわけです。

 

とはいえ、FTPはあくまでひとつの目安に過ぎないので・・

FTPが平均より低かったとしても、気にしすぎるような事ではない!

ここも大事なところです。

 

 

今回は男性の平均FTPをテーマにお話ししました。

関連記事
乗り心地重視のロングライド向けサドル「サンマルコ リーガル」を徹底レビューしています。
前後の体重移動がしやすい優秀サドル「フィジーク アリオネ」を解説しています。
痛い!もう走れない!となりがちな「股擦れ」を防ぐための、コツやおすすめ製品など解説しています。
自転車の乗り方に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【よく乗るエリア】福岡まわり

【自転車趣味歴】9年くらい

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
◇いつかオランダに住んでみたい
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

よく読まれている記事
サイト内検索
カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ