フロントセンターが長い自転車が、安定性重視ならおすすめです


CrossCheckのフロントセンター部分

フロントセンターが「長い」自転車は、レースだと不利だと思いますが、
日々の通勤、街乗り、ロングライドやちょっとした自転車旅・・といった、
いわゆる「自転車生活」に自転車を使うのであれば、有利です。

 

フロントセンターが長いほうが、自転車は安定する・・と、よく言われます。

フロントセンターとは、自転車のなかの、
ボトムブラケットの軸から、前輪の軸までの距離のことです。

ロードバイクシルエット フロントセンターを注釈

画像で言うと、赤い注釈を入れた部分ですね。

 

この部分が短くなると、ハンドルがクイックになりますので、
すばやい動きが必要な「レース」といった状況だと有利になりやすいです。

実際、友人にフロントセンターが、私のものよりかなり短い自転車を借りて、乗ってみたことがあるのですが、
ひらひらと軽快にに動かすことができて、とても快適なものでした。

 

逆にフロントセンターが長いと、ハンドルは切れにくくなりますので、
自転車は全体的に、もっさりとした動きになっていきます。

しかしレース以外の、上に挙げたような、旅やロングライド・・といった用途であれば、
これは、むしろ長所になってきます。

レースなどですばやいポジション争いをしないのであれば、すばやい左右への動きといったものは基本的に不要であり、
そのかわり、軽い力でハンドルを握っていても、しっかりと安定して直進し続ける・・という、
「直視安定性」といったものが何より重要になってくるからです。

 

しかし・・自転車のジオメトリーの中でも、
「リアセンター」や「ホイールベース」といったものは、長くしても特に問題はないのですが、
「フロントセンター」があまりにも長すぎると、いろいろと問題が起きてきます

たとえば、ハンドルに手が届かなくなってしまう問題、ですね。

 

フロントセンターが長くなればなるほど、一般的にはサドルとハンドルの距離が長くなっていきますので、ハンドルまでの距離が遠くなっていきます。

距離が遠くなると前傾姿勢になってしまうのですが、
ロードバイクはもともと前傾で乗るものですので、ある程度までなら問題ありません。

しかし・・あまりにも極端に遠ざかってしまったり、ライダーが小柄だったりすると、
とんでもなく極端な前傾姿勢になってしまったり、そもそも手が届かなくなってしまったり・・ということになるのです。

 

そのため自転車生活に便利な、安定した自転車を手に入れるためには、
フロントセンターは手が届かないほど遠くならない範囲で、できるだけ長く・・というのが良いのです。

 

あまりにも長くしてしまうデメリットは、もうひとつあります。

それは・・「ステムが短くなって、逆にハンドルがクイックになりすぎる」問題です。

 

フロントセンターをあまりにも長くしすぎて、ハンドルが遠くなりすぎた場合には、
ステムを短くすれば、近くに戻すことができます。
これはまあ、当然ですね。

しかし、そのときにステムを短くしすぎてしまうと・・・
フロントセンターを長くした効果を帳消しにしてしまうくらい、ハンドルがとんでもなくクイックになってしまうのです。

たとえば70mmなどの、すごく短いステムを使う場合ですね。
(通常、ショップで売っているロードバイクに最初からついているステムは90-100mmといったところです)

ステムは極端に短くなると、ハンドルは極端にクイックになってしまいますので、
フロントセンターを長くするとしても、「ステムを極端に短くしなくていい範囲で」長くすることが重要だったりします。

 

それでは、どのくらいのフロントセンターであればいいのか・・なのですが、
これはもう体格によってまったく変わってきてしまうので、
ここではっきりと言うのは難しいです。

しかし・・

レースを特にせず、自転車生活メインに使うのであれば、
フロントセンターは長いほうが自転車は安定すること、
しかし長すぎるとステムを短くせざるを得なくなり、逆に不安定になること、のふたつを知っておけば、
あとは試乗車などでいろいろと試して、最適なフロントセンターを導けるのではないかと思います。

 

フロントセンター以外にも、ジオメトリーにはいろいろと見るべきところはあるのですが、
たとえばホイールベースやリアセンターに関しても、長いほうが自転車生活には有利だというのが、自転車生活に自転車を使い倒してきた私の結論です。

そしてホイールベースやリアセンターに関しては、長くしても、
ハンドルが遠ざかりすぎる・・といった特別なデメリットは、基本的には起きませんので、
こっちもしっかり長い自転車にしておくのがいいのではないかと思います。

 

全体的に、ジオメトリー的に「大きい」自転車のほうが自転車生活には有利だ、と言ってもいいかもしれませんね。

 

自転車のすばやい動きではなく、安定して長時間乗れること・・といったものを重視するなら、
ジオメトリー表をしっかり読んで、フロントセンターが「長すぎない範囲でちゃんと長い」自転車を選ぶといいのではないかと思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ