硬いフレームのロードバイクは、脚にくる?柔らかいほうがいい?


黒いロードバイク

硬いフレーム?それとも柔らかいフレーム?

・・というのは、自転車が趣味だと、一度は気にするところかなと思います。

 

硬い柔らかいと言っても、もちろん、フレームがもちもちとやわらかいわけではないです・・。

カッチリとした乗り味で、力を伝えやすいフレームなのか、
しなやかな性質で、適度にしなるようなフレームなのか・・ということですね。

 

この記事では、ロードバイクは硬いフレームとやわらかいフレーム、どっちがいい?

それぞれのメリットは?デメリットは?

そんな疑問に答えていきます。

硬いフレームは「ケイデンス型」、やわらかいフレームは「トルク型」向き

硬いフレームとやわらかいフレームの違いは、いろいろありますが・・・

いちばんの違いは、ペダルを「くるくる回す」乗り方に向くのか、
一回一回「しっかりと回す」乗り方に向くのか・・だと思います。

 

まず・・やわらかいフレームは、強いパワーを加えるとわずかに、しなります。

もちろん、見た目でわかるほどしなるわけではないですが・・・
乗っていると実感できるのではないか・・と思います。

 

なのでそのしなりに合わせて、びゅん!びゅん!とクランクを強く回していくと、
ひと回しごとにドン!と一気に加速してくれます。

こういう回し方がやわらかいフレームで走るときには、効率がいいのではないかな・・と思います。

 

 

逆に硬いフレームの場合は、この回し方は使いにくいです。

硬いフレームは強いパワーを一気に掛けると、その反動が膝や身体に返ってきて、ダメージになるからですね。

がっちがちに硬いフレームはまったく力を逃しませんので、そんなことが起きるんだと思います。

 

なので硬いフレームでやるべき回し方は、「弱めの力で、ケイデンス重視ですばやく回す」だと思います。

ランス・アームストロング選手がやっているような回し方ですね。

これだと反動は小さいですし、硬いフレームが力を逃さず伝え続けてくれますので、効率がすごくいいです。

逆にやわらかいフレームでこれをやると、力が逃げまくってしまい効率が悪くなるわけです。。

 

という「乗り方の違い」が、硬いフレームとやわらかいフレームとの一番の違いなのではないかと思います。

結局は「体に合うやわらかさ」を探すしかない

じゃあ、どっちのフレームを選べばいいの?

・・ここは結局、「人による」としか言いようがないのでは・・と思います。

 

例えばくるくる回す、ハイケイデンスな乗り方が体に合っているのなら、「硬いフレーム」が向くでしょう。

そしてリズミカルに、大きいパワーを出す乗り方が得意なのなら「やわらかいフレーム」のほうが向くんだと思います。

そしてここは実際に試したり、自分の乗り方はどうかな?と考えたりして、
自分自身で選んでいくしかないところなのでは・・と思います。

 

自分がケイデンス型に向くのか?トルク型なのか?の判別法はこの記事に書きました

参考までに私自身は、「トルク型」のペダリングのほうが得意だな・・と感じましたので、
それを活かせるように、しなりが強めのクロモリフレームを使っていたりします。

 

ペダリング以外でも、いろいろな自転車を乗り比べてみて、
フレームが硬いほうが自分は疲れにくいなぁ・・とか、
やわらかいフレームだと乗りやすい感じがする・・など、自分自身で試行錯誤するのが一番だと思います。

ぜひ、いろいろと試してみては・・と思います。

 

この記事では硬いフレームとやわらかいフレームについてお話ししてみました。


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ