折りたたみ自転車のホイールベース、基準は?俺の自転車はどのくらい?


駐輪されたストライダ

ホイールベースは、折りたたみ自転車の乗り味をおもいっきり変える、超重要ポイントです。

 

自転車を見るときの重要ポイントは、いくつもあります。

サドルの高さ、ハンドルの幅、ホイールのサイズなどなど・・・

そして「ホイールベース」もそのなかの、ひとつです。

 

ホイールベースはざっくりと「前輪と後輪のあいだの距離」です。

そしてスポーツをするときの足幅と同じで、ここが長いほどどっしりと安定し、
ここが短いほどすばやく、クイックな動きをしやすくなります。

 

ロードバイクなどの自転車でももちろん、よく語られるポイントなのですが・・・

むしろ少し不安定で、シビアな乗り味になりやすい「折りたたみ自転車」や「ミニベロ」といった自転車では、
さらにホイールベースの重要さは増してきます。

 

どのくらいのホイールベースがあれば、長い・短いと言えるの?

相場はどのくらい?俺の折りたたみ自転車はどのくらい?

ホイールベースが長い・短いと、具体的に、ミニベロにどんな影響があるの?

 

この記事では、そんなことを語っていきます。

折りたたみ自転車、ホイールベースの「相場」はこのくらい

折りたたみ自転車においてホイールベースの「相場」というのは、
だいたい、どのくらいなんでしょうか?

 

ホイールベースが公開されている折りたたみ自転車というのは、あまり多くないですので、
意外と情報集めに苦労するのですが・・・

 

◇ブロンプトン:1,045 mm
ブロンプトン ホイールベースの考察記事にて調査)

 

◇GIANT IDIOM:1,024.9 mm

GIANT公式ホームページの、同機種ジオメトリー表より引用

 

◇Iruka:1,040 mm

Iruka 公式ホームページより

 

・・はっきり、公式サイトなどで明記された折りたたみ自転車は、
こんなものだと思いました

 

あとは、インターネット検索してみた限りだと・・・

◇Birdy:1,010 mm

◇KHS F20-RC:990 mm

◇Tern Verge P20:1,000 mm強

こんなものですね。

 

総合的に見てみると・・・

短くて1,000mm弱くらい、長くて1,050mmくらい

が、折りたたみ自転車のホイールベースの「相場」だな・・と思われました。

 

折りたたみ自転車を買うときや、
自分の折りたたみ自転車のホイールベース、どのくらいかな?・・と考えるときは、
この範囲をベースにして考えればいいと思います。

この範囲の中で、ホイールベースが短ければ短いほど、
クイックなハンドル操作に優れた「機動性」の高い自転車で・・・

この中で、長ければ長いほど、
まっすぐ進むときふらつかない「直進安定性」が高い自転車だ・・ということですね。

 

例えば「ロードバイク」のホイールベースについては、この記事で考察しているのですが・・・

折りたたみ自転車のホイールベース相場は、ロードバイクと同等か、
もしくは少し長いくらいだ・・と言えると思います。

小さな折りたたみ自転車なので、ホイールベースもやや短いのでは?と思われそうですが、
意外にも、そんなことは無いんですね。

折りたたみ自転車は不安定ですので、それをカバーするために、
おしなべて、ホイールベースが長くなるよう作ってあるのかもしれません。

 

今回は、「折りたたみ自転車のホイールベース」の考え方について、でした。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ