折りたたみ自転車の価格、買うならいくら?1万円?5万円?20万円・・?


黒のブロンプトン

折りたたみ自転車、いくらくらいのを買おう?

・・もし今、折りたたみ自転車を買おうとしていたり、
折りたたみ自転車に興味を持っていたりするなら、
もちろん気になると思います。

 

そして折りたたみ自転車は値段に、かなりの幅があります。

安いものだと、1万円くらいから・・・

少しずつ値段が上がり、5万円、10万円、20万円、それ以上・・・と、
ロードバイクの真っ青!と言えるくらいの、価格幅がでてきます。

 

それぞれの値段の自転車って、実際、どんな感じなの?

果たして、どの値段の折りたたみ自転車を買えば、幸せになれそうなの?

この記事では、そんな疑問に答えていきます。

1万円くらい:「折りたたみ自転車として活用する」のは、難しい

まず、1万円くらいの折りたたみ自転車からですが・・・

これは「折りたたんで使う」のなら、おすすめしないです。

理由はいくつかあるのですが・・
一番は、重さが20kgを越えるくらいあるから、ですね。

 

1万円の自転車といえば、ママチャリです。

そしてママチャリは「ハイテンション鋼」という、いわゆるふつーの鉄を使っていますので、
ロードバイクとかに比べると素材からして、ずっと重いです。

「ママチャリの重さ」は多くの方が、実感として知っているところだと思いますが・・・
実際に測ると20kgとか、22kgとか、そのくらいになることが多いようです。

 

そして1万円の折りたたみ自転車は、1万円のママチャリと、素材的には変わらないです。

単にママチャリのフレームの形を変えて、ホイールを小さくした・・みたいな感じでしょうか。

なのでやっぱり、ママチャリと同レベルくらいに重いわけですね。

 

20kgを越えるほどに重いと・・たとえば電車に載せるときなど、腕で持ち運ぶのはほぼ不可能でしょう。

よほどのマッチョならいけるかもしれませんが・・・
それでも相当、つらいはずです。

載せるのはクルマだけ・・とかだったとしても、
20kgもの重量物を毎回、上げ降ろしすると、腰をやってしまうかもしれません。。。

 

さらに1万円というのは、自転車としてはものすごく安いわけですので、
「折りたたみヒンジ」といったものも当然、コストをかけずに作られています。

なので素早くスムーズに折りたたみ、スムーズに展開・・とかいうのは、望めないわけですね。

そういった理由で1万円クラスの折りたたみ自転車は、「折りたたみ能力」が低すぎるので、
そこを少しでも求めて買うのなら、ちょっと、後悔することになるんじゃないか・・と感じます。

 

折りたたみをせず、ママチャリ同様の街乗りに使うのなら、
そんなに悪い選択肢でもないとは思います。

実際、街中を安価な折りたたみ自転車がいくらでも走っていますし、
そういう近場に行くだけの乗り方をするのなら、
1万円の折りたたみ自転車でも、特に問題ないのではないか・・と思います。

5万円くらい:「実用的な折りたたみ自転車」はこのあたりから

一気に、5倍になりましたが・・笑

5万円あれば、ちゃんと、実用に耐える折りたたみ自転車が買えると思います。

例えば折りたたんで、電車に載せたり飛行機に載せたりして、旅に出たり、
クルマからさくっと降ろして、サイクリングロードを走ったり・・とか、
そういう使い方ですね。

 

5万円の折りたたみ自転車として、具体的には・・・

 

DAHON ROUTE

DAHON公式サイトより画像を引用

 

例えばこの「DAHON Route」といったモデルですと、
この記事を書いている時点で、5万円ちょうどくらいですね。

DAHONというのは、折りたたみ自転車を探すならおそらく、一度は目にするはずの、
定番中の定番メーカーなのですが・・・

5万円というのはこのメーカーの、一番安い価格帯ですね。

 

フルサイズの自転車だと、例えば「GIANTのクロスバイク」が、
安いモデルだと5万円くらいですね。

 

この、DAHONの自転車レベルになってくると、
折りたたみ自転車として「ちゃんとした質がある」というレベルになってきます。

DAHONの折りたたみ自転車は、折りたたみのメカニズムがしっかりしていますので、
スムーズに折りたたみ・展開ができますし・・・

重さとしても、この機種だと12kg程度で、
さきほどの1万円のものよりはるかに軽くなってきます。

 

なので、趣味として折りたたみ自転車を楽しむ!・・と考えると、
5万円が、価格の最低ラインになってくる・・と、
個人の意見としては、そう思います。

 

5万円から、10万円台前半くらいまでにかけてのラインナップは、
「DAHON」は、かなり充実しています。

なのでこのあたりの価格帯を考えるのならまず、DAHONを軸に考えていいのではないかと思います。

20万円くらい:「定番のハイエンド品」が手に入る

また、大きく飛びましたが・・笑

20万円あれば「ブロンプトン」とか「Birdy(旧BD-1)」とかいった、
定番の、ハイエンド系折りたたみ自転車に手が届きます。

 

ブロンプトンとBirdyは、これも折りたたみ自転車を検討するなら必ず、耳に入る名前だと思われる、
折りたたみ自転車の2大巨頭!みたいな製品だと思います。

そして実際、私はブロンプトンをもう7年ほど愛用していますし、
Birdyにも、何度も乗ったことがあるのですが・・・

これらの自転車は「剛性」とか「乗り心地のよさ」とか「折りたたみのしっかり度」といった、
いろいろなパラメーターにおいて、安い折りたたみ自転車を圧倒していると思います。

一言で言うと、「高いだけのことはある」んですね。

 

その他にも20万円クラスになってくると、DAHONでもかなり軽量な高級モデルが買えたり、
他にもさまざまなハイクラス折りたたみ自転車が買えたりするのですが・・・

もちろん5万円のものと比べて、4倍の価格差はだてじゃないですので、
ここは、お財布と相談・・ですね。

 

折りたたみ自転車はそれぞれの製品が、すごく強い特徴を持っています。

例えばブロンプトンは圧倒的に小さい「折りたたみサイズ」を持ちますし・・・

Birdyは走行性能特化の「一体型メインフレーム」が特徴だったりします。

なのでいきなり高価なものを買うと、もし自分に合わなかった場合、後悔することになりますので、
もし欲しい自転車がはっきりしないのなら、まずは5万円ちょっとくらいの自転車から始めてみる・・というのも、いいかもしれません。

 

逆に「ブロンプトンが欲しい!!」みたいに、ターゲットがはっきり決まっているのなら、
思い切って買ってしまう・・というのもアリだと思います。

結局、おすすめの価格帯は?

で、結局、おすすめはどのくらいの価格か?といえば・・・

「5万円-20万円くらいから、バランスを考えて選ぶ」が、個人的な答えになります。

幅がかなりありますが・・・あとは人によって違ってくるところですので、
スペック表や価格表とにらめっこしながら、一生懸命考えて選んでいくしかないかな・・と感じます。

 

折りたたみ自転車、いくらくらいの買おう・・と悩む方の、参考になればと思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ