自転車に電動アシストは必要?不要?決めるための「考え方」を解説!


川沿いの電動アシスト自転車

来月から新生活!楽しみだけど・・「生活の足」はどうしよう?

そうだ、自転車を買おう!

でも・・電動アシスト自転車と普通の自転車、どっちにしよう?

 

自転車を買おうとするとき、「電動 or 普通の」というのは、悩まれるところだと思います。

電動アシストだと電気の力で補助してもらえるので、ラクに進めるわけですが・・・

もちろん、電動自転車ならではのデメリットもありますので、
どっちを買ったらより幸せになれるかな・・というのは、いろいろ考えて決めないといけないです。

 

なのでこの記事では、電動アシスト有りの自転車と無しの自転車、どっちにしよう?

と悩まれる方向けに、こう選べばいいのでは・・という「考え方」を提案してみます。

まずは「デメリット」を知る

詳しいメリットの前に・・まずは「デメリット」からです。

 

CMや広告などでは、メリットだけが強調されがちなものですが・・・

もちろん電動アシスト自転車には、デメリットがあります。

 

重要と思うポイントだけ、ざっくり挙げると・・・

 

  • 補助してもらえる距離に、限りがある

 

  • 充電に時間がかかる

 

  • バッテリーが切れると、ただの重い自転車

 

という感じです。

 

当然かもしれませんが・・
「バッテリーを載せる」ことにかかわるデメリットが、多いですね。

 

電動アシスト自転車の補助距離は、機種にもよるのですが、
1回の充電でだいたい「数十km」程度です。

いろいろ見てみましたが・・・
補助距離が100kmを越えるものは、なかなか無いようですね。

なので走るのが1日10km程度なら、毎日の充電までは必要ないですが・・・
やっぱり数日に一回は、忘れずに充電するべき!となってきます。

 

そしてバッテリーを使い切ると、これまた機種によりますが、
だいたい4-5時間程度の充電時間が掛かります。

充電できる場所も基本的に、自宅のみに限られます。
(充電器を持ち歩く選択肢はありますが、スマホ充電器などと違ってデカ重いので、なかなか難しいはずです)

 

そして当然ながら、補助してもらえる距離を越えてしまったり、
充電を忘れたりして、バッテリーがカラになってしまうと・・・

ママチャリよりさらに数kg重い、激重自転車になってしまいます。。

 

それ以外にも、バッテリーやアシストシステムまわりの故障の可能性があったり、
同じ品質のアシストなし自転車と比べると、高価になったり・・ということもあります。

自分の脚力をあまり使わないぶん、ダイエット効果も低かったりはしますね。笑

 

と、いろいろデメリットはあるわけですが・・・

これらのデメリットを「メリット」が上回るなら、買い

と、そういうことになると思います。

「メリット」と比較してみる

電動アシストのメリットは・・

もちろん、電気にアシストしてもらえることです。

 

どんな感じでアシストされるのか?を、もうちょっと詳しく検討してみると・・・

 

・走行速度時速10km未満では最大で1:2

・時速10km以上時速24km未満では走行速度が上がるほどアシスト比率が徐々に減少

・時速24km以上では補助力が0になる

(道路交通法施行規則第一条の三)

 

と、されています。

 

つまりは遅ければ遅いほど、強力に支援してもらえるということですね。

そして逆に24km/hを越えると補助がゼロになりますので、
高速域ではデメリットにも書いた「単なる重い自転車」になってしまいます。

 

ちなみに、24km/hとはどのくらいか?なのですが・・

個人の感覚による、本当にざっくりした目安ですが、
ママチャリで歩道を走るときの、ギリギリ上限くらいの速度だと思います。

誰もいない田舎の、だだっ広い歩道を走るときはこのくらいまでは出るかな・・といった感じですね。

 

ちなみにロードバイクだと、軽く漕いだだけであっさり突破する速度だったりもします。

 

と、いうことを考えると・・
電動アシストは特に、

① 信号などが多い「街中」をよく走る

② スピードが落ちがちな「登り」が多い

「脚力」が弱め(年齢、怪我など理由はいろいろだと思います)

といった場合に、有効でしょう。

 

こういったメリット・デメリットを考えて・・・

自分には電動の補助が有るほうがいい、と感じるなら、
選ぶべきは電動アシスト!となるのではないか・・と思います。

電動アシスト「以外」の選択肢

電動アシスト自転車の魅力は、負担少なく、ラクに走れることなのですが・・・

ラクに走れる自転車は実は、他にもいろいろあったりします。

というか・・実は「ママチャリ」が、全然ラクに走れない自転車なんですね。

 

例えば・・5万円くらいで買える「クロスバイク」といった自転車ですと、
私の感覚ですが、半分以下の疲れで走ることができると思います。

 

5万円クロスバイクの良さは、この記事で詳しくお話ししていますが・・・

車種としては、例えば「GIANT Escapeシリーズ」といったものが有名です。

 

そういった自転車はママチャリと比べると、ホイールの転がりの良さとか、ベアリングの回転のスムーズさとか、そういったものが段違いにハイレベルです。

なのではるかに軽い力で、スー・・っと、遠くまで進んでくれるのです。

 

もちろん、これ以上高価なロードバイクとかでも同等、もしくはより高いレベルで、軽く進んでくれます。

 

なので・・例えばいつも通勤する道を、電動ナシじゃ無理!と思ったとしても・・

基準がママチャリから、クロスバイクといった自転車に変わると、
あれ、意外と自分の脚力だけでもいけるのでは・・?

実は電動、不要だったのでは・・?と、なるかもしれないものなのです。

 

なので例えば近所の自転車ショップで、クロスバイクを試乗してスムーズな走りを体験し、
意外と、電動じゃなくても大丈夫!だったりしないか・・を確認するのも、ひとつの選択肢でしょう。

 

アシストぶんも含めた、最終的なペダルの軽さは電動のほうが上ですので、
それでもやっぱり電動がいい!というのも、もちろん、全然アリな選択です。

あとはご自身の体力とか、よく走ろうとする距離とか、充電の手間は負担にならないか?とかを検討し、
ご自身でじっくり、考えていくところだと思います。

 

 

今回は電動アシストは必要?不要?の考え方についてお話ししました。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ