LAZERのリーズナブルな自転車ヘルメット

クロスバイクとママチャリの違いは?変わらない?比較してみた!


海沿いのクロスバイク

クロスバイク、買ってみようかな?

でも・・ママチャリとの違いって、何?

 

せっかくクロスバイクを買っても・・ママチャリと特に変わらないのなら、微妙ですよね。

私自身、ママチャリからクロスバイクに乗り換えて、感動したことがありますので・・

この記事ではクロスバイクとママチャリのふたつを、徹底比較してみます。

「5万円越えのガチクロスバイク」なら、圧倒的な差が出ます

クロスバイクとママチャリに、違いはあるのか?

ここは、クロスバイクが「どんなクロスバイクか?」で変わってきます。

 

具体的には・・

クロスバイクが、「5万円の壁」を越えるかどうか?

です。

 

クロスバイクには、2種類あります。

ママチャリと同じような素材やパーツを使い、形だけをクロスバイクにした「ママチャリクロスバイク」と・・

アルミフレームやカーボンフォークなど、ロードバイクにも劣らない優れたパーツを使った「ガチクロスバイク」です。

 

これらのうち、「ママチャリクロスバイク」は、性能的にママチャリと変わりありません。

そしてこのタイプは、1-2万円程度で買えることが多いです。

私もこのタイプの自転車に乗っていた時期があるのですが、
重さも20kgを越えるほどあり、ホイールの回転のしやすさ、変速のスムーズさ・・といったものもママチャリと変わらないです。

 

対して、「ガチクロスバイク」は、重さにしてその半分・・・10kg程度となることが多いです。

フレームに、軽量なアルミニウムが使われることが多いからですね。

パーツも高品質なホイールや、スムーズに変速できる変速機が使われることが多いです。

そしてガチクロスバイクは・・値段的にはだいたい「5万円以上」になってきます。

 

具体的には、たとえば「GIANTのEscapeシリーズ」とかですね。

GIANTは自転車メーカーとしては、定番中の定番で・・

そのEscapeシリーズも、クロスバイクとしてはド定番になります。

 

Escapeシリーズはタイプにもよりますが、5万円をすこし越えるくらいから買えると思います。
(値段は時期などにより変わりますが・・)

そしてこの自転車は、上に挙げたような「ロードバイクみたいに軽い」「ロードバイク並みの高性能パーツが使われている」という、
バリバリの「ガチクロスバイク」です。

 

こういったガチクロスバイクだと、ママチャリと比べて数々のメリットがでてきます。

クロスバイクのママチャリと比べた「メリット」はこれ!

5万円を上回るガチクロスバイクの場合で・・

クロスバイクとママチャリを比べたときの「メリット」って、どうなってくる?

を以下、解説します。

① 走りが軽い

まずは走りが軽いです。

ここはもう、圧倒的な違いが出ますね。

 

私自身、最初のクロスバイクには上で挙げた「Escapeシリーズ」を買ったのですが・・

ママチャリと比べると、浮いてる!?と思うくらい走りが軽くて、びっくりしました。

ママチャリだとガチャ、ガチャ・・みたいなぎこちない走りになりますが、
スー・・・と、滑空してる感じがしたくらいです。

 

これによって「長距離を走る能力」にも差が出てきて、
たとえばママチャリだと、10kmも走るとかなり疲れてしまうのですが・・

クロスバイクだと10kmは朝飯前で、
10kmどころか100kmもふつうに走れてしまう・・と、それほどの違いがあります。

 

走りが軽いと、もちろん早く目的地に到着しますし・・

走りの「気持ちよさ」も、大幅にアップしますね。

ママチャリだと面倒な道でも、クロスバイクだと楽しい!となるかもしれません。

 

なぜ、走りの軽さに差が出るのか?

ここは「パーツの品質」「車体の軽さ」です。

 

たとえばホイールの軸にあるベアリングとか、クランクの軸とか・・

そういった「回転部分」の質が高いと、なめらかに回転してくれますので・・

そのぶん、走りは軽くなります。

 

そして車体の軽さももちろん、走りの軽さにつながります。

10kgのクロスバイクと20kgのママチャリなら・・実に、2Lペットボトル5本ぶんも違うわけですので、
それはもう軽いほうが、軽い走りになってくれます。

 

と、ママチャリと比べたいちばんの違いは「走りの軽さ」です。

② 変速がスムーズ

「変速機の動作のレベル」も、圧倒的な差が出ます。

 

1万円くらいのママチャリだと、変速機もそれこそメーカーもよく分からないような、低品質なものです。

対して5万円くらいのクロスバイクだと、だいたい有名メーカー「シマノ」の変速機がついています。

 

シマノの変速機はものすごく有名で、世界的なロードレースとかでも使われまくっていたりします。

もちろん、5万円クロスバイクに使われるのはその低グレードのものですが・・
それでも、ふつうの感覚では「スパッ!スパッ!」と、ミスなく確実に変速してくれるものです。

 

対して1万円ママチャリの変速機は・・これはもう使ったことがある方なら、体でわかるところですが、
すごく「ぎこちない」変速になります。

変速段数も、少ないことが多いですね。

 

変速機はもちろん、坂を登ったりに超重要なパーツですが・・

クロスバイクとママチャリでは、この変速機の性能にも大差がつきます。

③ 「剛性」が高い

そして車体の「剛性」にも、大幅な差が出ます。

剛性とは・・ざっくり言うと、車体の「しっかり度」のことですね。

 

クロスバイクはママチャリと比べ、車体が圧倒的に、しっかりしています。

つまりは踏み込んだり、体重をかけたりしても・・
たわんだり、きしんだりすることがない、カッチリした車体ということです。

 

対してママチャリの車体はすぐ、たわみます。

これも乗っている方なら、体でわかるところだと思いますが・・

おもいっきり踏んだりすれば、フレームがぐにゃん・・みたいにたわんで力が逃げますよね。

 

剛性が高いと、ペダルを回したときのパワーが、ホイールにちゃんと伝わります。

そしてクロスバイクは、ママチャリと比べるとここのレベルが高いので・・

同じパワーでもずっとスピードが出やすいですし、
省エネで走れるので、長距離を走っても疲れにくいです。

 

・・と、車体の「剛性」もクロスバイクとママチャリの大事な違いです。

クロスバイクの、ママチャリと比べた「デメリット」はここ

ここまで、クロスバイク側のメリットをたくさん挙げてきました。

それでは・・クロスバイク側の「デメリット」って、なに?

 

これはもう「値段が高い」ことでしょう。

ママチャリを1万円、クロスバイクを5万円とするなら、そこには「5倍」もの開きがあるわけです。。

 

それではクロスバイクには、ママチャリの5倍もの値段を出す価値があるのでしょうか?

 

ここはもちろん、人それぞれなのですが・・

「趣味に使い倒す」なら、価値はある!

と、個人的には思います。

 

クロスバイクはママチャリと比べて、走りのスピード、軽さ、車体のしっかり度などなど、
たいていの部分においてハイレベルです。

そしてこれらのメリットは、自転車趣味における「楽しさ」を押し上げると思います。

たとえば漕いでも漕いでも進まない自転車と、軽いパワーですーっと進む自転車・・
乗っていて楽しいのは、後者ですよね。

 

あとは、ママチャリには前カゴ・泥除け・スタンドといった、生活装備がついています。

クロスバイクだとこのあたりが、ついていないことも多いのですが・・

まあ、ここはさくっと後付けできるところですので、大きなデメリットにはなりにくいと思います。

 

 

と、いろいろお話ししてみましたが・・

「5万円以上のクロスバイク」は、ママチャリとは桁が違う性能の良さがあったりします。

なので、もし自転車をレベルアップさせたい!自転車趣味を楽しみたい!というのであれば、
検討してみてもいいのでは・・と思います。

 

今回はクロスバイクとママチャリの違いを軸にお話ししてみました。

 

関連記事
LAZERのヘルメットについて、被り心地や頑丈さなどを、何年も使い続けている視点から解説しています。

 

雨降り問題なし・メンテナンスフリーなのに革サドルに迫る乗り心地の「カンビウム」について解説しています。

 

「自転車選び」に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ