チェーンリングの交換時期はいつ?寿命はどう判断する?


チェーンリングたち

チェーンリングって、いつ交換すればいいの?

もうかなりの間使ってるけど・・寿命って、どのくらいなの?

 

答えをまず、一文で書いてみると・・

「歯」が、深刻なレベルまで摩耗したとき

です。

 

チェーンリングの歯

チェーンリングには、こんな感じの歯がついていて・・

これがチェーンと噛み合うことで、チェーンを固定しています。

そしてこの歯は、使い続けると少しずつ、すり減っていきます。

 

そしてこのすり減りが、一定レベルを越えてしまうと・・

チェーンがうまく掛からなくなったり、正常な変速ができなくなったり・・となります。

 

チェーンリングが使いすぎで、ぽっきり折れる!なんてことはまず起きませんので・・

寿命はこの「歯のすり減り」によるトラブルが、一定レベルを越えてしまったとき!と言えます。

 

とはいえ・・具体的にどんなトラブルが起きると、寿命と言えるの?

トラブルが起きなくても、定期的に交換するべき!とかは無いの?

というのが、気になるところかもしれませんので・・

 

この記事では「チェーンリングの交換時期・寿命」について、徹底的に解説していきます。

「歯飛び」が起きる場合

チェーンと噛み合うチェーンリング

チェーンリングの寿命は、いつ?

ひとつめは・・「歯飛び」が頻発するようになったとき、です。

 

歯飛びって、なに?

ペダルを回すとき、チェーンが「ガクッ!」と滑るような症状

のことです。

 

ペダルを踏むと、チェーンがガクッとずれてしまう現象・・「歯飛び」が起きてしまう理由や、直し方などを詳しく解説しています。

 

歯飛びについての詳しいことは、上の記事にまとめているのですが・・

 

チェーンリングは通常、チェーンとがっちりと噛み合っています。

なのでペダルを回すと、チェーンリングがチェーンをきっちり動かしてくれるのですが・・

チェーンリングが摩耗すると、このがっちりとした噛み合いができなくなってしまいます。

 

すると、どうなるか?

チェーンがチェーンリングにちゃんと引っかからなくなりますので・・

チェーンが「ガクッと滑る」ような症状がでてきます。

これが歯飛びです。

 

歯飛びが何度も出るようになると、もちろん走りにくくなりますし・・

悪いタイミングで起きてしまうと、バランスを崩して危険な場合さえあります。

 

そしてチェーンリングが原因の歯飛びは、基本的に「チェーンリングの交換」でしか直りません。

なのでこれが頻発するようであれば、それはチェーンリングの寿命!と言えるのです。

「チェーン落ち」が起きる場合

チェーンリングから落ちてるチェーン

チェーンがカシャン!と、チェーンリングの横に落ちてしまう・・

「チェーン落ち」が頻発する場合も、チェーンリングの寿命です。

 

チェーン落ちの原因は、

 

自転車のチェーンが、すぐカシャンと外れてしまう。。なぜ?よくある原因と解決法について、じっくりと解説しています。

 

上の記事で解説しているように、いろいろあるのですが・・

その中でも「チェーンリングが原因のチェーン落ち」が、何度も起きるような場合・・ですね。

 

チェーンリングとチェーンは、チェーンリングの「歯」によってがっちりと噛み合っていますので・・

歯がすり減っていくと、ちゃんと位置をキープできなくなります。

そうなると当然、チェーン落ちが起きることもでてきます。

 

歯飛びが「縦」に滑ってしまう現象だとするなら、チェーン落ちは「横」に滑る現象・・ということですね。

 

そしてチェーンリングが原因のチェーン落ちも、チェーンリングの交換でしか直せませんので・・

これもやっぱり、チェーンリングの交換時期だ!と言えます。

「フロント変速の不具合」が起きる場合

チェーンリングの摩耗は「変速トラブル」につながる場合もあります。

チェーンリングがかかわる「フロント変速機」のトラブルですね。

 

フロント変速機は、チェーンを外側・内側のチェーンリング間で移動させることで、変速しているわけですが・・

チェーンリングの歯が摩耗してくると、この変速がスムーズにいかなくなる場合があります。

 

もともと最近のチェーンリングは、歯のところに複雑な「パターン」が刻まれていて・・

このパターンによって、なめらかな変速を実現している、という事情があります。

 

チェーンリングに刻まれたパターン

こんな感じでひとつひとつの歯に、違ったパターンが刻まれていますね。

詳しい技術的なところまでは、ちょっとわかりませんが・・

最新の変速機ではこういったパターンも活用し、スムーズな変速を実現しているとのことです。

 

なのでこのパターンが、使いすぎなどで削れきってしまうと・・

もちろん、変速のスムーズさは失われてしまいます。

 

そしてここも基本的には、チェーンリングの交換でしか直せませんので・・

「チェーンリングの摩耗によって、フロント変速の不調が起きている場合」

も、チェーンリングの寿命と言えます。

「数年」もしくは「数万km」

チェーンリングが原因の、致命的な症状が起きた場合は、それはもう寿命だとして・・

そういった症状が「起きない」場合は、どのくらいごとに交換すればいいの?

 

ここは何年!といった、決まった基準といったものは無いです。

どのくらいの頻度で乗るのか?どのくらいハードなライドをするのか?

などで、基準はぜんぜん違ってくるからですね。

 

とはいえ、いろいろな情報を総合的に見ていくと・・

「数年」もしくは「数万km」

が、ざっくりとした目安にはなるな、と思いました。

 

そのくらい乗っていれば、ある程度チェーンリングが摩耗してくるものですし・・

チェーンリングはそこまで高価なものでもないです。

なのでそのくらい乗ったのならもう、交換してしまってもいいのでは・・と思います。

 

 

とはいえチェーンリングの寿命は、そこまでシビアに管理する必要も無いです。

 

たとえば「チェーン」に寿命がくると、「チェーン切れ」の可能性がでてきます。

そしてチェーン切れが起きると即、その場で、自走不能になってしまいます。

 

もしくは「タイヤ」や「チューブ」に寿命がきた場合も、「パンク」のリスクが上がります。

そしてパンクすればもちろん、自走不能になります。

なのでこういったパーツの寿命は、シビアに管理するべきなのですが・・

 

しかしチェーンリングが寿命を迎えたとして、それによる不具合は「徐々に」発生するものです。

歯飛びにしたって、チェーン落ちにしたって・・

いきなり自走不能になるわけではなく、なんか、歯飛び起きるようになってきたなぁ・・みたいな形で起きてきます。

 

なのでチェーンリングに関しては、何年使ったから焦って換えよう!までは必要なくて・・

不具合が起きるようになってきてから、ある程度ゆったり対応すればいいのではないか、とは思います。

 

もちろん念のため、不具合は起きてないけど早めに交換しておく!も、アリですね。

チェーンリングの「選び方」は、こんな感じ!

チェーンリングに寿命が来た!

じゃあ、チェーンリングを交換しよう!となったとして・・

 

どのチェーンリングを選べばいいの?

というのは、迷われるところかもしれません。

 

もちろん、元々ついていたものと同じチェーンリングでも良いのですが・・

自転車にもともとついているチェーンリングは、意外と入手が難しいこともあります。

 

もしくは、もっとも重い・軽いギア比にするため、歯数が違うチェーンリングにしたい!とか・・

この際だからワンランク上の、ハイグレードなものに変えよう!・・となることもあるでしょう。

その場合はもちろん「チェーンリング選び」が必要になります。

 

しかしチェーンリングには歯数とか、PCDとか、見るべきところが意外に多く・・

せっかく買ったチェーンリングが、合わなかった!

とかも結構、起きることのようです。

 

なので「チェーンリングの選び方」について、

 

チェーンリングの選び方について、失敗しないための注目ポイントを中心に解説しています。

 

上の記事で解説しています。

チェーンリングを選び方を知りたい!という場合はご覧ください。

 

 

この記事ではチェーンリングの寿命・交換時期をテーマにお話ししてみました。

 

関連記事
「PCD」「メーカー」「歯数」などをちゃんと考えながら、チェーンリングを選んでいく方法を解説しています。

 

チェーンリングに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ