アルテグラグレードの高性能チェーン 11速

自転車のチェーンが切れた!について、直し方や起きる確率などを解説!

切れたチェーンのイラスト

自転車のチェーンが切れた!!

 

なかなか起きることはない、「レア」なトラブルではあります。

私は経験したことがありませんし・・

おそらくこの記事を訪れた方でも、切れたことがある!という方は少ないでしょう。

 

とはいえ起こってしまうと、その場でいきなり自走不能になる!

という深刻なトラブルでもあります。

直し方とか対処法とか、知っておくほうがいいようなものですね。

 

なのでこの記事では、チェーン切れが起きたらどう直せばいいの?

起こる確率は、どのくらいなの?

起きるのをできるだけ防ぐ方法は?

そういった疑問に答えていきます。

チェーンって、具体的にどう切れるの?

自転車のチェーンが切れる!と言うけど・・

具体的には、どうなるの?

 

チェーンが切れると言うと、

鎖のイラスト

こんな感じの「鎖」が、ぶちっ!と切れる感じをイメージするかもしれません。

 

しかし自転車のチェーンの切れ方は、ちょっと違ってきます。

自転車のチェーンが切れるというのは、正確には、

自転車チェーン ピン部分に注釈

赤丸をつけた「ピン部分」が壊れてしまうことを言います。

 

赤丸をつけた部分の中には、

コネクティングピン

こんな感じの「ピン」が入っています。

(画像のものは「新しく接続する用」で、もとからチェーンに入っているものはもっとシンプルな外観ですが)

 

そしてこれが、チェーンのプレート同士をつなぎ留めていて・・

これがバキッ!といくと、プレート同士が外れてしまい、チェーンが切れる!

という感じですね。

 

自転車チェーン プレート部分に注釈

一方で、チェーンにはこんな感じの「プレート部分」も有るわけですが・・

このプレートが金属疲労などで、真ん中から千切れてしまう!というのは、ほとんど起きないようです。

ピン部分とプレート部分とでは、ピン部分のほうがずっと脆いからですね。

 

と、いうわけで・・

自転車のチェーンが切れるとは、ピン部分が壊れてしまうという意味!ということになります。

 

なので、直すときには・・

ピンが壊れてしまったのを、何とかする!が必要になるわけです。

 

それでは・・実際にチェーン切れが起きたら、具体的にどうすればいいの?

以下、ここを解説していきます。

チェーン切れを「自分で」直す方法

自転車で走っていて・・突然、チェーンが切れた!

その場合はもちろん、直さなければいけないです。

 

そしてその手順は、「チェーン交換」の時とほとんど同じになります。

チェーン交換には、最後に「チェーンを繋ぐ」作業がありますが・・

それをそのままやればいい、ということですね。

 

チェーンが切れた状態というのは、単純に「ピンがひとつ外れている」のと同じことですので・・

それをぱちっ、と繋ぎなおせばOKなのです。

 

手順としては、具体的にどうするの?

ここは、

上の動画を見ていただくのが、一番だと思います。
(「サイクルベースあさひ」さんの動画を引用しています)

 

動画では、チェーン交換の全工程が紹介されていますが・・

「チェーンを繋ぐ」作業だけをやるわけですね。

全体的な流れも参考になると思うので、動画はすべて見てもいいと思います。

 

チェーンを繋ぐために、モノとしてはなにが必要?

「チェーンカッター」「コネクティングピン」

このふたつが必要です。

7速-12速に対応したチェーンカッター

チェーンカッターは、こういったものが定番ですね。

カッターという名前ですが、これにはチェーンを「繋ぐ」役割もあり、これを使って接続します。

 

コネクティングピンのほうは、「コネクティングピン」でAmazonを検索し・・

自分のチェーンに合った「変速段数」のものを選べばOKです。

たとえば11速の変速機を使っているなら、商品説明に「11速」「11S」とか書いてあるものから選ぶわけですね。

コネクティングピンは、変速段数が違うと使えないので、ここは重要です。

 

これら2種類のモノを揃え、上のチェーン繋ぎ解説動画を見れば・・

おそらく問題なく、切れたチェーンを直せるはずです。

自転車ショップで直してもらえる?値段は?

チェーン切れは、自分で直してもいいですが・・

ショップで直してもらうという選択肢もあります。

 

チェーン切れを直すのは、作業自体は簡単ですが・・

自転車いじりに慣れていないと、チェーンが絡まったり、ヘンな場所に通してしまったり・・

など、トラブルのもとになることもあり得ます。

 

なのでお金を払って、ショップで確実に直してもらう!

というのももちろん、アリな選択ですね。

 

では・・ショップで直してもらった場合は、いくらかかるの?

 

ここはもちろん、ショップによって違ってきますが・・

たとえば、ポピュラーなショップの「サイクルベースあさひ」だと、

チェーン交換の工賃

サイクルベースあさひの「自転車修理工賃」ページより引用

「チェーン交換」で、工賃は2,600円とのことでした。

 

チェーン切れ直しは、チェーン交換そのものに比べると工程が少ないので・・

これよりは少し安くなるかもしれません。

 

この値段に加えて、修理に使う「コネクティングピン代」も掛かるはずです。

ここはチェーンの種類にもよりますが、1本200-300円といったところかな、と思います。

 

作業そのものは、特に難しいものでもありませんので・・

おそらく数分、長くても十数分もあれば終わるのでは?と思います。
(ここは完全に予想ですが・・)

もちろん先約があったりすれば、そっちが優先なので、もっと長い時間がかかりますが。

 

と、チェーン切れをショップで直してもらうと、そんな感じになるかなと思います。

起きたときの「対処法」はある?

実際に、道をロードバイクで走っていて・・

バキッ!・・チェーンが切れてしまった!!

そんなときの「対処法」も考えてみます。

 

ペダルを回すパワーが、自転車をちゃんと走らせるためには、チェーンが必須です。

なのでチェーンが切れた時点で、ペダルを回して進むことは不可能になります。

 

じゃあ、どうするか?

思いつく選択肢は、

①:その場でチェーンをつなぐ

②:押して歩く

③:「ケンケン」で進む

④:その場に駐輪し、離脱する

という感じです。

①:その場でチェーンをつなぐ

もし、「チェーンをつなぐ工具」「チェーンをつなぐ技術」を持ち合わせていれば・・

その場で、パンク修理のように、チェーンを繋いでしまうことも可能です。

 

チェーンをつなぐのは作業自体は、パンク修理より工程も少なく・・

パンク修理より、ずっと簡単に終わる場合もあるでしょう。

 

しかし、その場で修理するためには当然、チェーンをつなぐ工具を持っている必要があります。

最低限だと「チェーンカッターとコネクティングピン」の2つですね。

 

特にチェーンカッターは、ある程度かさばるものですし・・

またチェーン切れは、起きる確率が低いトラブルです。

なのでチェーンが切れたとき、たまたま直せる工具を持っていた!となる可能性は低くなりそうです。

 

とはいえもちろん、たまたま装備が揃っていた!という場合は・・

その場で修理してしまうのが、いちばんスマートに解決できる選択肢になります。

②:押して歩く

自転車が、走らなくなってしまったなら・・

「押して歩く」のが、基本的な対処法ですね。

 

パンクと違って、タイヤに異常は無いはずですので・・

スムーズに押して歩けるはずです。

 

どこまで押して歩けばいいの?

「自転車ショップ」「自分の家」「駅」といったところでしょう。

 

「自転車ショップ」までたどり着ければ、修理を依頼できますので、そこで解決できます。

「自分の家」に着いても、自分でゆっくり直せますし、少なくとも自転車を保管することができます。

 

そして「駅」にたどり着ければ、「輪行」が使えるとき限定ですが・・

自転車ショップがある場所まで簡単に移動できますので、解決するはずです。

 

と、チェーンが切れてしまった場合は「自転車ショップ」「自分の家」「駅」を目標に、押し歩きで移動する!

というのも選択肢のひとつになります。

③:「ケンケン」で進む

チェーンによる動力が使えないなら・・

「ケンケン」で進む、という方法もあります。

 

ケンケンで進むというのは、たとえば片足をペダルに乗せて・・

キックボードのように、もう片足で地面を蹴って進む!ということですね。

 

ある程度慣れが必要ではありますが、ケンケンでも「ホイールの転がり」はフルに活かせますので・・

道によっては、押し歩きよりずっと速かったりするのです。

 

もちろんケンケンで車道を走るのは危ないので、歩道限定にはなってきます。

しかし、もし歩道がキレイで走りやすいのなら・・

目的地まで「ケンケン」で移動するのも、意外と有効かもしれません。

④:その場に駐輪し、離脱する

チェーンが切れた自転車を、その場に駐輪し、自分だけ離脱する!

というのもアリだと思います。

 

盗難などできないような頑丈な鍵で、その場に地球ロックし・・

歩いたりタクシーを呼んだりで、いったんその場から離れて・・

後日、またその場所に戻ってきて自転車を回収する、ということですね。

 

これは例えば、チェーンが切れたのが「夜」だったりするとき、特に有効です。

その場で修理したり、重い自転車を押して歩いたりすると、危ないですので・・

その日は離脱してしまい、後日、昼間の活動しやすい時間帯に戻ってくる、という感じです。

 

とはいえこれをやるには、「頑丈な鍵」が必須です。

細いワイヤーロックあたりで施錠し、長時間離脱したりすれば・・

それはもう、盗難リスクは上がってしまいますよね。。

 

たとえば私自身は、

クリプトナイトの優秀U字ロック「エボリューション ミニ 7」について、頑丈さやサイズなど詳細に解説しています。

上の記事で解説している「クリプトナイト エボリューション ミニ 7」というU字ロックを常用していますが・・

コレくらい頑丈な鍵なら、ちょっと離脱するくらいなら、まったく問題ないのでは・・と思います。

 

 

チェーンが切れたときの「対処法」について、思いついたことを挙げてみました。

起きる確率は「パンクの0.04倍」

そんなチェーン切れが「起きる確率」って、どのくらいなの?

パンクが起きる確率と比べると、だいたい0.04倍です。

つまり25分の1、ですね。

 

どこから来た数字やねん!と思われるでしょうから、
根拠についてお話ししますと・・・

行かずに死ねるか抜粋

書籍「行かずに死ねるか!(著者:石田ゆうすけ)」より引用

これは7年かけて、自転車で世界一周をした人の著書にあった「トラブルの回数記録」です。

見ていただくとわかるように、7年かけて9万km以上を走り、
起きたパンクの回数が184回、そして起きたチェーン切れの回数は8回、ですね。

そして単純にチェーン切れの回数をパンクの回数で割れば、0.04倍です。

 

もちろんこの「一台ぶん」の記録だけから、確実なことが言えるわけではないです。

当然、ベストなのは複数の記録を集めて、統計的に解析する・・という方法です。

 

とはいえ自転車乗りたちのチェーン切れを集めたデータ・・なんてものは無いはずですので、
このあたりが判断材料としては、現実的にはいちばん良いものなのでは・・と思います。

 

世界一周という環境と、ロードバイク乗りが普通に走る環境は違う!というのもあるのですが・・・
まあ、ここも仕方がないところだと思います。

 

 

さらにこの画像からは、他のことも読み取れます。

ざっくりと、チェーン切れが9万kmで、8回起きているわけなので・・・

 

チェーン切れは1万kmで1回くらい起きる・・ということになります。

まあ、かなり少ない確率ではありますね。

 

もちろん、ここも確実なことまでは言えない・・というのは、言うまでもありません。

 

と、チェーン切れはかなりレアなトラブルなんだけど、
パンクの数十分の一くらいの確率では起きるんだな・・と、ざっくり、そんな把握でいいと思います。

チェーン切れを防ぐには、どうしたらいい?

と、チェーン切れはレアながらも、できれば起きてほしくないものなわけですが・・・

これを「防ぐ」ためには、どうすればいいんでしょうか?

 

一番効果が大きいだろうと思うのは、ミッシングリンクを使わないことです。

便利アイテム「ミッシングリンク」・・しかしデメリットはあるの?再利用しても大丈夫なの?を実際に使ってきた経験から解説しています。

ミッシングリンクとコネクティングピンの比較について、上の記事で書いていますが・・

ざっくり言えばミッシングリンクは、チェーンを手でも外せる形でつないで、整備をラクにするアイテムですね。

 

そしてミッシングリンクは普通のチェーンよりは、強度が低い可能性がある・・と思います。

ここも、確実なデータなんてものは無いのですが・・・

ピンでがっちりと繋ぎ止められたチェーンと、手でも外せるリンクでつながれたチェーンとでは、
まあ、やはり、ピンで繋いだほうが強度は高いのではないか・・と思います。

 

実際「チェーン切れ」といったワードで検索してみても、
ミッシングリンク部分から切れた・・という例は多いようです。

 

もうひとつは高品質なチェーンを使う、ということですね。

これも当然ではありますが、品質が高いものを作る「定番メーカー」の製品のほうが、
そうではない、どこが作ったかも怪しいような製品よりも、強度が高いことが多いでしょう。

例えばシマノあたりは、鉄板でしょうね。

自転車のチェーンを買いたいけど・・どれが合うの?種類が多すぎてわからない!を解決する「選び方」の手順を解説しています。

「チェーンの選び方」は上のの記事で解説しましたので、もし必要であればご覧ください。

 

 

今回はチェーン切れは本当に起きる?といったテーマでお話ししてみました。

関連記事
「変速段数」「グレード」「互換性」などをちゃんと検討しながら、チェーンを選ぶ方法を解説しています。
最強のチェーンオイルはどれ?ドライ系?ウェット系?・・を、持ちの良さ・手の汚れにくさなどの視点から検討しています。
自転車チェーンに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【よく乗るエリア】福岡まわり

【自転車趣味歴】9年くらい

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
◇いつかオランダに住んでみたい
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

よく読まれている記事
カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ