ブロンプトンが倒れる・・!を防ぐには、重心バランスが鍵


倒れたブロンプトン

うわっ・・私のブロンプトン、倒れすぎ・・!!

・・・となるのは、ブロンプトンオーナーあるあるだと思います。

 

つまり、折りたたんだ状態のブロンプトンが、ちょっと当たっただけで倒れてしまったりとか、
当たってもいないのに倒れて、ずっと支えなくちゃいけなくてイライラする・・とかいう状態ですね。

 

この記事では、折りたたんだブロンプトンがすぐ倒れてしまう原因と、解決方法をお話ししていきます。

左右の「重量バランス」をとる

まず、重さが左右どちらかに偏っていれば、倒れます。

これはまあ、あたりまえですね。

 

折りたたんだ状態のブロンプトンは、

折りたたんだブロンプトン

こんな感じなわけですが・・・

例えば左側、つまり、

ブロンプトンの左側

こっち側に重さがかたよっていると、こっち側に向かって倒れていきます。

 

そして反対の右側、つまり、

ブロンプトンの右側

こっちに重さが偏ると、こっち側に倒れてしまいます。

 

なんで、重さが偏るの?

① もともと偏っている

② 装備をつけすぎ

の、どちらかだと思います。

 

まず①ですが・・ブロンプトンは折りたたんだ状態で、もともと重心がすこし偏っていることが多いです。

これはまあ、複雑な構造のものですし、重心をジャスト真ん中にもってくる!というのは難しいですので、仕方がないことかもしれません。

地面に当たる部分も、左右対称ではないですし・・・

なのでその場合はもちろん、重心が偏っている方向に、倒れやすくなります。

 

もしくは②・・装備をつけすぎ、という場合もあります。

たとえばハンドルバーにごてごてと、重いライトなどをつければ、もちろんその方向に偏りますし・・・

逆にフレームに鍵など重いものをつければ、その方向に偏ります。

 

と、いうわけですが・・・

最終的に重量バランスをとるための、有効な方法としては、

バランスがとれるように、うまく装備を追加していく

が、一番いいと思います。

 

例えば私のブロンプトンの場合は、初期状態で、ハンドルバー側のほうに倒れやすかったです。

なので・・・

ブロンプトンのフレームに鍵

こんな感じで、フレーム側に鍵を配置しました。

 

鍵については、この記事で紹介しているのですが・・・

この鍵は1kgくらいある、頑丈な鍵ですのでもちろん、配置したほうにかなりの重さを掛けることができます。

なので私の場合はこの鍵を配置したことで、左右の重心の偏りがほとんど無い状態になり、
ブロンプトンが倒れる・・!というのが、滅多に起きないようになりました。

 

もちろん重心がどっちに偏ってるのか?というのは、ブロンプトンの型番とか、いろいろな要素で変わってきます。

なので最終的には「現物合わせ」で、試行錯誤しながら、重心バランスをとっていくしかないです。

 

例えばフレーム側に鍵以外にも、ツールボトルとか、輪行袋とかを装着してもいいでしょうし・・・

例えば変速機なしの状態と、内装変速機ありの状態を比べれば、
変速機ありのほうがそっちに重心がかたよります。

もしくは例えば、重いハンドルバーを使う・・つまり純正だと、SハンドルからPハンドルに変更すれば、ハンドル側に重心がかたよります。

 

そういったことをいろいろ試して、もうちょっと右に・・もーちょい左・・と、
自分のブロンプトンがベストバランスになる状態を実現する・・

というのが、ブロンプトンが倒れるのを防ぐいちばんの方法だと思います。

「リアキャリア」も有効

そしてブロンプトンに、リアキャリアを装備するのも有効です。

オーナーならご存知のように、ブロンプトンにリアキャリアをつけると、
重い荷物を運べるようになるだけではなく「輪行時に転がしやすく」もなります。

3つのホイールで地面に接していたところを、4つのホイールで接するようになりますので、
もちろんそのぶん、コロコロと転がしやすくなるわけですね。

 

そして・・当然ですが3点で立てるより4点で立てるほうが、安定します

なのでリアキャリアが無いよりも、有るときのほうがずっと安定してくれます。

この差はけっこう圧倒的で、リアキャリア有りならかなりバランスが崩れたとしても、
ぐん!と勝手に持ち直してくれるほどです。

 

とはいえ・・優先順位としては「左右バランスをとる」ほうが上だと思います。

倒れないようにする基本は、重心バランスとることですので、まずは重心をいろいろ試行錯誤して整え、
さらに安定性を高めたいならリアキャリアも装着する・・

というほうが、ブロンプトンを転倒から防ぐための王道だと思います。

 

 

今回は「ブロンプトンが倒れる・・!を、防ぐ方法」についてお話ししました。


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ