ブロンプトンの服装は、ロードバイクとは変えたほうがいいかも


ロードバイク乗りたちの服装

ロードバイクに乗るときの服装は、上の画像のような感じだと思います。

特にレースでなくとも、こういった「サイクルジャージ」「レーシングパンツ」といった格好で乗られる場合が多いのではないでしょうか。

 

もちろんロードバイクだと、それが普通なわけですが・・・

ブロンプトンに乗るときは、この服装は浮く・・と、
そう考える方が多いのでは、と思います。

 

ブロンプトンは「ガチ度」が低い自転車です。

ブロンプトンのガチレースといったものも、有るにはあるのですが・・・

しかしブロンプトンで「限界まで速く!」「限界まで長距離を!」と目指して走る方は、
まあ、かなり少ないと思います。

なのでブロンプトンに乗るのなら、服装はもうちょっとカジュアルな、
日常に溶け込むようなものを着る人が多いです。

 

とはいっても・・じゃあ具体的に、ブロンプトンはどんな服装で乗ればいいの?

この記事では、そんな疑問に答えていきます。

「機能性」と「カジュアルさ」の両立を

ロードバイクの専用ウェアは、「機能性」が高いです。

具体的には「乾きやすさ」「空気抵抗の少なさ」「熱の逃がしやすさ(冬用なら逃がしにくさ)」「股擦れのしにくさ」と、
そういったものがおしなべて高いレベルを、マークしているわけですね。

しかしブロンプトンには合いにくいのが、デメリットです。

 

なので・・ブロンプトンに乗るときには、
早く乾く・・などといった「機能性」があり、しかも同時に「ブロンプトンに合う見た目」をしている・・というのが重要だったりします。

具体的には・・

 

 

具体的には例えば、こういう「登山系メーカーのポロシャツ」といったものは良いのでは、と思います。

例に上げた「ザ・ノースフェイス」というのは、けっこう有名な登山ウェアブランドなのですが、
登山系メーカーはやはり日頃から、過酷な登山に対応する物を作っているだけあって、
「速乾性」「吸湿性」が高い・・といった、自転車にもメリットが大きいものをよく作っています。

そしてこういった「カジュアルさ」も持ち合わせた服であれば、
ブロンプトンにバチバチの勝負服!・・みたいな、ミスマッチを防いで、
街中での乗り回しやすさ・着やすさといったところも、下げずにいられると思うのです。

 

それ以外でも例えば、有名サイクルジャージメーカー「パールイズミ」の、
日常での着こなしやすさを狙った「フリージー」といったラインの製品があります。

 

 

こんな感じの、あまり派手ではないデザインのものが多いですので、
赤とかピンクとか、ド派手なプリントとかが多いジャージと比べるとかなり、ブロンプトンには合いやすいと思います。

実際に私自身は、このパールイズミ・フリージーのジャージを何枚も持っていて、
ブロンプトンで遠出するときはたいてい、着ていたりします。

 

それ以外だと例えば「ナリフリ」とか「リンプロジェクト」とかいったメーカーが、
自転車向けの性能を持ちつつも、ブロンプトンにも使いやすいデザイン・・といったものを販売してくれています。

 

・・と、ブロンプトンに乗るときの服装が、ロードバイクあたりとまったく一緒だとちょっと浮くかな・・と、個人的には感じました。

ので、自転車に向いた性能と、ブロンプトンに向いた見た目を両立したものを探すと、
ブロンプトンでも使いやすいウェアが手に入るのでは・・と思います。


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ