自転車を持つ台数は、何台がベスト?複数持ちのメリットとデメリット


たくさんの自転車ホイール

自転車が趣味になると、放っておけば、自転車がどんどん増えていきます。

 

これは、自転車を増やしたい!という、趣味欲が原因のことが多いと思いますが・・笑

とはいえ、あまりに増やしてしまうと、
部屋が自転車で埋もれてしまったり・・となります。

 

もちろん、持つ台数に決まりなどないですし、
完全に、個人の自由ではあるのですが・・・

 

何台、自転車を所有するのがいいのか?

以下、考えをまとめてみます。

1台

自転車を持つのは、1台だけ!

 

・・・一番、シンプルな形ですね。

 

メリットとしてはいろいろな意味で、一番「ラク」なことでしょう。

 

メンテナンスの手間は、一台ぶんですし・・・

部屋のスペースも、一台ぶんしか取りません。

もちろん値段も、一台ぶんです。

 

そして当然ではありますが、一度に何台もの自転車に乗れるわけではないですので、
一台あればじゅうぶん、自転車を便利に使いこなしたり、楽しんだりすることはできます。

 

なのですが・・・

もし、「移動手段」として、自転車をバリバリ活用するのなら、
一台だけだと、きついと思います。

 

理由は自転車のメンテナンスやトラブルの最中、自転車が完全に使えなくなるから、です。

 

自転車生活をしていると、たとえばチェーンが切れたり、変速機が壊れたり・・など、
トラブルが起きて、自転車を使えなくなることがあります。

もしくは、一時的にパーツを外したりなどの、
メンテナンスの最中ももちろん、自転車は使えません。

 

なので、一台だけしか自転車を持っていないと・・・

たとえば自転車通勤などで自転車が必要なのに、
自転車が使えない!!・・なんてことに、なるわけです。

 

なので例えば、パーツを一度にたくさん外して、総組み換え・・みたいな、
思い切ったカスタマイズとかは、やりにくくなります。

もしうまく戻せない場合、その間は自転車が使えなくなるわけですので・・・
(経験済みです・・笑)

 

とはいえここは、クルマや電車をメイン交通手段として使っているのなら、問題なしです。

 

ですが「自転車を使えないタイミング」を作りたくないのなら、
一台だけだと困ることがある・・というのが、
重要なポイントだと思いました。

2台

自転車の所有台数を「2台」にするのは、
バランスがとれた選択かもしれません。

私自身も、自転車の所有台数は2台です。

 

2台あれば、1台がメンテ中などで使えなくなっていても、
もう1台をバックアップとして使うことができます。

 

2台の自転車が、同時に使えなくなるケースはまず無いですし・・・

実際、私の7年ほどの自転車趣味歴でも、
2台の所有自転車が、両方とも使えない状態になったことは、一度もありません。

 

そして1台だけと比べた、最大のメリットは、
やっぱり、自転車の「種類」を増やせることでしょう。

やっぱり、いろいろな自転車を持っているほうが、
自転車趣味は、楽しくなるものです。

 

私自身は、「ロードバイク x 折りたたみ自転車」という組み合わせにして、
ロングライドなどがっつり走るときは、ロードバイクを、
輪行などで旅先に持ち出すときは、折りたたみ自転車を・・という感じで、使い分けています。

(ちなみにロードバイク側は、バーハンドルに変更したり、太いタイヤに換装したりもできる変態仕様で、
マウンテンバイクモードにしてオフロードに行ったり・・にも、対応できるようにしています)

 

もちろん、何の自転車を持つのか?は、好みが分かれるところで、
「ロードバイク x マウンテンバイク」とか、タイプの違う「ロードバイク2台」とかいうのもアリでしょう。

 

2台なら、例えば2台の自転車を縦に並べられるスタンド・・といったものを使えば、
とってしまう部屋のスペースも、最小限にできます。

 

ミノウラの上下二段式 壁置きスタンド

 

こんな感じのものですね。

この製品は私も、持っているのですが・・・

自転車を縦に2台並べられるので、1台分のスペースで2台置けて、
さらに「壁置き」タイプなので、4本脚タイプなどと比べてさらに設置スペースを削減できる・・という、
省スペースでの自転車設置には、最良のアイテムだと思います。

 

と、いう感じで・・・

自転車の所有台数は2台!というのは、
なかなかバランスがとれたスタイルなのではないか・・と思います。

3台

自転車を3台持つ、というのも、
2台と同じく、バランスがいい選択だと思います。

 

3台あれば、メンテ中で自転車が使えない!・・とかいうことは、まずなくなるでしょう。

必ず、どれか一台は使えるはずです。

 

そして3台もあれば、いろいろな車種を楽しむことができます。

 

例えば、ロードバイクとグラベルロードと折りたたみ自転車、とか・・・

スピード系ロードバイクと、ロングライド系ロードバイクと、街乗り用クロスバイク、とか・・・

クロスバイクと、タイプが違う折りたたみ自転車2台、とか・・・

 

・・・夢が広がりますね・・・笑

 

しかし3台にもなってくると、問題になるのが、
メンテナンスの手間、です。

 

例えば私の場合は、自転車は基本的にすべて、自分自身でメンテナンスしていますので、
例えばボルトの締め具合・・とかも一本一本、確実に管理しなければいけないです。

じゃないと、自分の整備ミスのせいで、大怪我しかねませんので・・・笑

 

そして3台ともなると、当然ではありますが、
管理するべきパーツ点数は2台のときの、1.5倍です。

 

もちろん社会人は、自転車のメンテ以外にもやることがあるわけで・・・

3台にもなってくると、ちょっと、キャパオーバーになってくるなぁ・・・
というのが、個人的な感覚でした。

 

とはいえもちろん、このあたりは人によるところですし、
メンテナンスなどを自転車ショップに「外注」するのなら、特に問題ないところですね。

 

なので、所有台数「3台」というのは、
じゅうぶんにアリな、良い選択肢だと思います。

4台以上

4台以上・・というのも、アリだと思いますが・・・

ここからは、かなり条件によるだろうな、とも思います。

 

というのも、所有台数が4台以上ともなってくると、
さすがに、スペース的に厳しくなってきます。

 

一人暮らしで、部屋の中に自転車を4台以上おさめられる人は、少ないでしょう。

駐輪場を使うとしても基本的には、1台ぶんしか使えないでしょうし、
駐輪場に置いた自転車は盗難リスクとか、劣化リスクとかが、跳ね上がってしまいます。

 

・・・自分が住む部屋なのか、自転車が住む部屋なのかわからなくなった・・では、
目も当てられません・・笑

 

とはいえもちろん、ここも人によるところです。

たとえば一軒家を持っていて、ガレージなどもあるのであれば、
自転車4-5台の保管くらい、楽勝でしょう。

 

そして、4台を越えてくると、整備の手間も跳ね上がってきます。

自分だけで、4台以上の自転車を日常メンテナンスするのは、
個人的には「無理だな」と思うのですが・・・

ここも、メンテはショップに完全に外注してしまうのなら、
問題になりにくいです。

 

そして4台以上も持つことができるのなら、
本当に、好きな種類の自転車を、好きなだけ持てますね。

 

・・・憧れですね・・笑

 

もちろんその分、お金は掛かりまくるわけですが・・・笑

 

 

と、自転車趣味において自転車は「何台」持つのがベストか?というところを、
個人的に考察してみました。

 

私自身は現在、「2台」にしているのですが・・・
もし、いろいろと余裕がでてきたら1台増やして「3台」にするかも?

そんな感じです。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ