シングルスピードのデメリットは致命的?メリットはない?


シングルスピードの後ろギア

シングルスピード?ナシでしょ。そんなんで乗ってる人の気が知れないよ・・・

いやいや・・シングルスピード、意外と良いものだよ?

 

世の中には、このふたつの意見があると思います。

 

私は1台、シングルスピードの自転車を持っていて、もう5年ほどシングル状態で運用しています。

そしてそのくらい乗っていると、シングルスピードの良いところ・悪いところがいろいろ見えてくるものです。

 

なのでこの記事では、シングルスピードのメリット・デメリットはなに?

シングルスピードってナシなの?それとも意外とアリなの?

そういった疑問に答えていきます。

シングルスピードのデメリットは、致命的?

シングルスピードには、デメリットがある。

これはもう、周知のことだと思います。

 

もちろん、22段くらいの変速ができるロードバイクなどに対して、シングルスピードは1段しか無いわけですので、
それによるデメリットですね。

なので発進するときとか、上り坂とかで軽いギアにできず、キツい思いをしたり・・・

逆にスピードが乗ったときに、重いギアにできないので、スピードを維持しにくくなったり・・ということです。

 

それでは・・そのデメリット、どのくらいの程度なんでしょうか?

つまり、登り坂なんてとても登れない!と思うくらいの、シビアなデメリットなのか・・・

もしくは、頑張ればなんとかなる!といった程度の、軽めのデメリットなのか?

 

個人的な答えとしては、後者・・つまり、

シングルスピードのデメリットは、さほど「重く」はない

と感じます。

 

上り坂を上るときに、ギアが重くなりすぎて、脚がキツいのは確かですが・・・

例えば体重をゆっくりと落としていく「休むダンシング」といったテクニックを使えば、重いギアであっても、そこまで負担なく上れます。

 

発進でのギアの重さも、例えば「脚だけ」でペダルを踏むようにすると、キツいものですが・・・

例えば「体幹」も使って、しっかりパワーを出すように心がけると、
意外にスッと回ってくれるものです。

 

そしてシングルスピードだとギア比にもよりますが、すごく速いスピードは出しにくいです。

しかしレースでもない限り、50km/hとかの高速で走ることはほとんど無いですし、
日常で出しやすい、30km/h台程度までのスピードなら、シングルスピードでも問題なく維持できます。

 

と、いう感じで・・・

シングルスピードには確かにデメリットがありますが、
デメリットは「重すぎ」はしない・・

というのが、実際にかなりの期間使ってみての、感想です。

シングルスピードのメリットって、あるの?

デメリットはそんな感じだとして・・・

シングルスピードに「メリット」って、あるの?

 

もちろん、変速機が無いぶん軽い!とかは、あるのですが・・・

変速機はそんなに重いものでもないですので、そこの差はさほど大きくはないものです。

 

個人的に大きいと思ったのは、変速機メンテナンスフリーな点ですね。

シングルスピード自転車は当然、変速機メンテナンスの手間は、ゼロです。

変速機は細かな調整が必要だったり、ちょっとぶつけただけで狂ったりするものですので、
ここはなかなか大きいポイントですね。

 

 

そしてこれも、意外に大きいな・・と思ったメリットが、
「輪行のしやすさ」です。

ロードバイクなどの自転車を輪行するとき、ぶつけたりして壊しやすい場所の筆頭は「リアディレイラー」です。

リアディレーラーをぶつけて壊したり、歪めたりしてまともに走れなくなった・・というのは、
すごくよくある話ですし、私も一度経験したことがあります。

 

しかしシングルスピードならもちろん、リアディレイラーが存在しませんので、
リアディレイラーをぶつけるかも・・みたいな配慮はもちろん、まったく必要なくなります。

実際にやってみるとわかりやすいかもですが・・これが意外に、すごく快適なのです。

輪行方法にもよりますが、ディレイラーハンガーも不要になりますので、
設置の手間とか、そのぶんの荷物とかの削減もできます。

 

 

・・と、ちょっとマニアックなポイントばかりですが、
シングルスピードにもちゃんと、メリットはあるのです。

シングルスピードは「アリ」だと思う

もちろん多段変速ロードバイクのほうが、走る能力は高いです。

 

しかしシングルスピードにもシングルスピードなりの良さがありますし、
多段変速ができないデメリットも、べつにレースするわけでもないなら「何とかなる」範囲だと思います。

なので、自転車のメンテナンスフリー度を最優先する!とか・・・

もしくは頻繁に輪行するので、作業をできるだけラクにしたい!とか・・・

あるいは、シングルスピードのすっきりした見た目がすごく好き!・・みたいなタイプであれば、
シングルスピードを選ぶ!というのは、じゅうぶんアリな選択肢だと思います。

 

 

今回はシングルスピードのメリット・デメリットを中心にお話ししてみました。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ