ロードバイクと原付って結局、どっちがどのくらい速いの?


街中を走るたくさんの原付

ロードバイクのスピードは、原付並み!!

・・・というのは、けっこう、聞かれるフレーズだと思います。

 

ロードバイクは、パワーソースは人間の筋力や体重だけながら、
普通のママチャリとかと比べると、とんでもなく速いものです。

 

実際私も、ロードバイクを始めた当初は、
素人のよわよわな脚でも、びゅーーん!!と車道をかっ飛ばせる快感に、
本気で驚いたものです。

 

とはいえ・・・

ロードバイクって本当に、原付より速いの?

実際のところ、そこまででもないの?

 

この記事では、このあたりの考察をしていきます。

原付が「法定速度を越えていい」なら

まず、原付が法定速度を越えていいのなら、
ロードバイクは、原付に絶対に勝てないです。

 

原付の制限速度は、30km/hです(原付一種の場合)。

しかしアクセルをしっかり捻れば、60km/hくらいまでは出ます。

 

そして・・・

ロードバイクで60km/hで走り続けるのは、人類には不可能だと思います。

 

どういう道なのかとか、風とか、いろいろな条件にもよるでしょうが・・・

平坦な道で、人類がロードバイクで出せる限界スピードは、

 

50km/hだと、1時間くらい

60km/hだと、数分くらい

70km/hだと、数秒-十数秒くらい

 

そんなものだと思います。

 

これはまず、「アワーレコード」で検索していただければわかりますが、
基準を満たした自転車で、1時間で進める距離を競う競技での、
世界記録が50kmに、ちょっと満たないくらいです。

つまり、50km/hのスピードで、1時間走り続けることができれば、
世界最速・・ということですね。

 

対して原付は、50km/hで1時間走る・・くらい、余裕でこなします。

なので、人類では原付には、勝てないわけです。。。

 

一応、ツールドフランス選手とか、競輪トップクラスとかの最強超人であれば、
一時的に、原付を越えるスピードも出せますので、
その間だけなら、原付越えもできるのでしょうが・・・

たった数秒、越えただけで「勝てる」と言うのは、
やっぱり、厳しいでしょう。

 

と、いうことで、
原付が法定速度を越えてもいい、という条件なら、
ロードバイクは原付に勝てない、という結論になると思います。

原付が「法定速度を越えちゃだめ」なら

対して・・原付が、「法定速度を遵守する」という条件なら、
「いい勝負」になると思います。

 

先にも書きましたように、原付が法定速度を遵守すれば、
30km/hで延々、走り続けることになります。

 

ロードバイクに、それができるか?

まあ、これは普通に可能だと思います。

 

結構、スポーティな走りになるとは思いますが・・・

さほど鍛えていない、私のような自転車乗りであっても、
30km/hで走り続けることは普通に可能です。
(平坦で、走りやすい道に限ります)

 

ましてや、レースなどに向けてガチで鍛えている方であれば、
造作もないでしょう。

 

しかし、スピードを少し上げて、
35km/hとか、40km/hとか・・になってくると、
たいていの人は途端に、厳しくなると思います。

 

35km/hを維持して、何時間も走り続けられるのは、
相当に鍛え込んだ人だけになると思いますし・・・

ましては、40km/hで、単独でずっと走り続けられるのは、
プロ級の乗り手だけでしょう。

 

そしてたいていの場合で、5時間とか10時間とかの「ロングライド」になってくると、
巡航速度は25km/hとか、27km/hとか、そんなものになると思います。

そのくらいの長時間になってくると、30km/hであっても、
ずっと出し続けるのは、相当に難しい・・というのは、
ロードに乗っている方であれば、おわかりいただけるかな・・と思います。

 

と、考えていくと・・・

30km/hからスピードを落とさずに、ずーっと走っていられる原付と、
ロードバイクとを比べると・・だいたい互角なのではないか、と感じます。

 

こういう視点からいくなら、
「ロードバイクのスピードは、原付並みだ!!」というのも、
あながち誇張した表現でもないのかな・・と、思います。

 

と、今回は考察記事になりましたが・・・

 

こう考えていくと、ロードバイクなどのスポーツ自転車はやっぱり、
ガソリン不要で、痩せて、歩道も走れて、輪行もできて・・・

そして、原付並みのスピードが出る!!

 

・・・という、なかなかに優秀な乗り物だよなぁ・・という、所感です。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ