ロードバイクがオワコンになるのは、日本では当然だと思うよ


桜の下のロードバイク

ロードバイクはもはや、オワコンと化しています。

そしてそれは、「日本」の環境では、当然だと思います。

 

ロードバイクはときどき、めちゃくちゃ、流行ります。

 

「弱虫ペダル」はじめ、漫画の影響・・・

ツール・ド・フランス開催など、ロードレース大会の影響・・・

最近だとそのあたりのタイミングで、
ロードバイクを買ったり、ロードバイクに乗ったりしていた人数が、激増したのではないかと思います。

 

しかし・・・ロードバイクの流行はすぐ、廃ります。

この記事を書いている時点では、弱虫ペダルが流行っていた時代からは見る影もないほど、
ロードに乗る人たちは減り、ロードバイクはオワコン化していると思います。

実際、私がよく行くサイクリングコースでも、
走っているロードバイクの数は、目に見えて激減しています。

ほんとうに楽しみやすく、魅力のある趣味であれば、
時期を問わず、興味を持つ人は減らないはずなのですが・・・

 

ロードバイクがすぐに、オワコン化する原因・・それは、
日本の環境が、そもそもロードバイク趣味に向いてないことが、いちばん大きいと思います。

 

日本では、ロードバイクはどこでも、走ることができます。

まあ当然、街中でも、田舎でも、辺境でも、
どこでも走ることができますよね。

 

私は以前、これが、ロードバイクの強みだよな・・と、思っていた時期がありました。

つまり、ロードバイクはどんな場所でも走ることができるので、
どんな場所でも楽しむことができる!

ロードバイク最高!・・という、感じです。

しかし・・ロードバイクを乗り込むにつれ、それは間違いなのでは・・と、思うようになりました。

 

そう。日本に、ロードバイクで「快適に」走れる場所は、少ないです。

 

ただ走るだけなら、道交法に違反しなければ、
どこでも自由に走っていいのですが・・・

ロードバイクを「楽しめる」レベルで走ろうとすると、
それができる場所はなかなか、無いのです。。。

 

ロードバイクはやはり、ある程度飛ばし続けるほうが、楽しいです。

それはまあ、ロードバイクはそもそも速く走るためのものですので、そうでしょう。

 

しかし・・たとえば繁華街のような場所で、ロードバイクでかっ飛ばすのは、無理だと思います。

すぐに、信号・路駐のクルマ・飛び出してくる歩行者・・といったものに、
止められてしまいますので。

 

そしてロードバイクで「準高速道路」みたいなところを走るのも、難しいです。

高速道路に近いくらい車がかっ飛ばすけど、いちおう自転車も進入可能・・という道が、
日本にはたくさんあるのですが・・・

そういう場所はかなり、危険だと思いますので、
私はまったく走っていません。

実際、そういう場所での事故をニュースで見ることも、多いと思います。

 

とか、いう事情があるので・・・

日本でロードバイクが、快適に走り続けられる場所というのは、
島を一周するようなルートとか、サイクリングロードとか、そのくらいなんですね。

 

ロードバイクはどんな場所でも、走ること自体はできるわけですが、
こういう事情を把握していない場合、
ほとんどの場合で「走りにくさを我慢しながら走る」感じになるのです。

これでは、特にロードバイク初心者の場合、
楽しくなくなって、やめてしまっても、しょうがないですよね。。。

 

 

ちなみにこれが、欧州・・ヨーロッパの場合は、
事情が違ってきます。

 

ヨーロッパでは街中でも、自転車専用レーンが、
日本のような下手くそな作り方ではなく、自転車が走りやすいようにうまく作られていますので、
ロードバイクなどスピードが出る自転車でちゃんと、快適に移動できます。

 

そして「ユーロヴェロ」などといった、自転車専用道が全土に張り巡らされていたりしますので、
クルマがすごく速くて危険な道とかを通らずに、長距離の移動とか、長旅とかができてしまうのです。

ほんとうに、うらやましい限りです。

 

そういった環境であれば、ロードバイクを始めた初心者でも、
走りにくい。。やめたい。。とは、なりにくいでしょう。

 

実際ヨーロッパだと、ロードバイクがすぐオワコンになる日本と違って、
ロードバイクなどの自転車は国民の乗り物として、定着しているようです。

ヨーロッパの、アムステルダムなどを見てみると、
わかりやすいと思います。

 

日本でもロードバイクを快適に楽しむことは、可能ではあります。

実際私は、よく、ロードバイクで、
信号や、混雑に悩まされたりしない、快適な週末ライドを楽しんでいます。

 

しかし・・・日本で、快適なロードバイク生活を送るには、かなりの工夫が必要なのです。

 

そのまま、てきとうに走ったのでは、走りにくいですので・・・

例えば、グーグルマップを駆使して、走るルートをあらかじめ作成したり・・・

もしくは、クルマにロードバイクを積んで、走りやすい場所までワープしたり・・・
と、いった感じですね。

 

そういう「工夫」を、しっかりやれば、
日本でもロードバイクを楽しむことはじゅうぶん、できるのですが・・・

ロードバイクの初心者のうちは、いきなりは、それも難しいですので、
そういう「楽しむための工夫」を習得する前に、ロードバイクをやめてしまう・・ということが、
多いと思います。

 

このあたりが日本では、ロードバイクがオワコンになりやすい、
メインの原因なのではないか・・と、思います。

 

その点・・ロードバイクではなく例えば「折りたたみ自転車」だと、
日本の環境との相性は、良いと思います。

日本は、電車・バス・飛行機・・と、狭い国土に、交通機関が縦横無尽に走っています。

他の国ではちょっと、みられないくらいの交通機関の充実度です。

なので「輪行」を駆使し、自転車にとって走りにくい区間は、割り切って輪行でワープしてしまう・・という方針にすると、
自転車で走り回るのは、いっきに快適になるからです。

 

・・・と、また、「弱虫ペダル現象」みたいなきっかけがあれば、ロードバイク人気が再燃したりも、するかもしれないのですが・・・

そうなったとしても実際、日本では、
それほど大きなロードバイク人気が続いたりはしないのかな・・と、思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ