当サイトのおすすめアイテム
作りがしっかりしたフラットペダル

ロードバイクで転びやすいのは、なんで?防ぐためにできること


落車する人のシルエット

ロードバイクで、転んでしまった。。

そういえば、このあいだも転んだじゃん!

 

・・ロードバイクで「よく転ぶ」というのは、よく聞かれる悩みのようです。

私自身、始めたばかりの頃は、転ぶことが多かったものです。。

 

もちろん「慣れ」で解決していける部分もあるのですが・・・

それにしたって、やたら何度も転倒を繰り返す・・という場合には、
それ相応の「原因」があることも多いです。

 

そして原因があるということは、そこに気をつければ解決できるかもしれない、ということです。

 

なのでこの記事では、ロードバイクで転びやすい原因は?

防ぐためにできることって、何?

そんなところを解説していきます。

「前後の重心バランス」が崩れている

よく転ぶ原因・・「運動神経が悪い」とか、「不注意」とかもあるかもしれませんが・・・

私自身が一番重要だな、と感じたのはこの「重心バランス」崩れです。

 

重心バランスが崩れるって、どういうこと?

「前輪だけ」もしくは「後輪だけ」に、やたらと荷重がかかっている状態

ということです。

 

つまり例えば、疲れてどっかりとサドルに座ってしまって、
体重のほとんどを車体の「後ろ半分」だけに預けたりとか・・・

もしくは逆に「ハンドルだけ荷重」になって、重心がすごく前のめってるとか・・
そういうことです。

 

もちろん「正しい重心の位置!」なんてものが、ひとつに決まるわけもないのですが・・・

しかし例えば前輪側だけに、重さの「7割」が掛かっている!なんて状態だと、転びやすくなります。

つんのめる感じで吹っ飛びやすくなりますし、重さがうまく抜けませんので、障害物につまずきやすくもなるからですね。

 

例えばスポーツでも格闘技でも、片足だけに荷重をかけ続けるほうがいい!というのは、おそらく無いはずです。

両足にだいたい均等に荷重をかけるからこそ、バランスを崩さずに、すばやく動けるものだと思います。

ボクシングなどで、片足だけにおもいっきり重さを乗せていたら・・まともに動けませんので、すぐにやられてしまいますよね。

 

自転車でもここは似ていて、少なくとも片輪だけにおもいっきり荷重し続ける!というのは、
バランスを崩しやすい、弱い状態をつくりやすいものなのです。

 

じゃあ、どうすればいいの?

前輪と後輪の重心バランスを、「5:5」くらいにする

これがいいと思います。

 

5:5を中心に、たとえば6:4とか4:6とか、そのくらいまでは良くて・・・

しかし7:3を越えるくらいまで崩れるのはマズイ!と、そんな感じです。

人によっては後輪荷重が良い!とか、前輪荷重のほうが向いてる・・とかはあると思うのですが、
それを極端には崩さない!という感じですね。

 

と、もしロードバイクでやたら転びやすい!という場合には・・・

「前後輪のバランス」に気をつけてみると、改善できるかもしれないです。

「タイヤの質」を上げる

乗り方を気をつける以外にも、「機材のアップグレード」も有効な方法です。

 

ロードバイクのパーツにも、いろいろありますが・・・

転びやすいのをなんとかするなら、効果があるのはダントツで「タイヤ」でしょう。

 

ロードバイクのタイヤには、すごく安いグレードから高価なものまで、いろいろなものがありますが・・・

ある程度「良い」グレードの、そして「グリップ力」に定評があるようなものに替えると、
滑りやすさ・バランスの崩しやすさといったものが、大幅に改善することがあります。

 

加えてタイヤは長年使っていても、劣化して滑りやすくなっていきますので・・・

例えば購入したロードバイクに最初からついていたタイヤを、もう1年以上も換えずに使っている・・
といった場合はもしかすると、「タイヤが滑りやすい」ことによる転びやすさが出てしまうかもしれないです。

 

私自身、クロスバイクを初めて買ったあとは、タイヤを交換することなんて考えてもおらず、
相当に長い間、デフォルトのタイヤを使い続けていたものですが・・・

それが滑ってバランスを崩しやすい原因になっていたようで、
高性能なタイヤに交換したとたん、劇的にグリップ力が上がって感動したのを覚えています。

 

滑りにくいタイヤには、実は定番のものがあります。

 

コンチネンタルグランプリのタイヤ

 

この「コンチネンタル グランプリ」ですね。

 

私自身、もう4年ほどは浮気せずにこのタイヤを使い続けているのですが・・・

雨の中でも長距離を走り続けるイベント「ブルベ」でもよく採用される品だけあって、グリップ力は晴れ・雨問わずに高いです。

なので「タイヤの質が悪くて、転んでしまった・転びそうになった!」というのは、コレを使うようになってからは一度も経験がないです。

 

もし、ロードバイクでいきなり倒れた!こけた!が多い場合・・・

そして、タイヤをぜんぜん換えたことがない!という場合は、思いきってここに手を入れてみるといいかもしれないです。

 

 

今回は「ロードバイクで転びやすい!」をどうにかする方法をテーマにお話ししてみました。





運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ