ロードバイクにタイヤに32cのブロックタイヤ・・ってどう?実際に使ってるので解説します!


32cのブロックタイヤ

ロードバイクには、23cもしくは25cの、スリックタイヤ!

・・・というのが、常識です。

 

ロードバイクの9割か、9割5分以上が、そういうタイヤを装着しているでしょう。

 

しかし私は現在、あえて「32cのブロックタイヤ」を装着しています。

 

32cのタイヤというのは、普通のロードバイクからは考えられないくらい太く、
そもそも装着できるロードバイクも、限られてくると思いますが・・・

実は「日常生活の中でロードバイクを使う」という視点ですと、
むしろ、23cなどの細いタイヤよりも便利かもしれません。

 

23cと比較した、32cの良いポイントをひとつ挙げるなら、

「エアボリュームの多さ」

です。

 

エアボリュームはタイヤに入る空気の量で、
タイヤは太くなるにつれて、この入る空気量が、加速度的に多くなっていきます。

エアボリュームは体積ですので、
23c(23mm)の2乗と、32c(32mm)の2乗とを比べてみると・・だいたい、2倍くらいの違いがあります。

なのでエアボリュームは2倍だ!とまでは言えませんが、
だいたい、そのくらいの差があるのではないか・・と、思います。

 

ワンランク下の太さ「28c」と比較しても、
エアボリュームの増加は、はっきりとわかるほどにあります。

 

エアボリュームが多いことによる、いちばんのメリットは「クッション性」のアップです。

 

エアボリュームが2倍程度ともなると、32cでは普通、空気圧を低めにすることもあいまって、
クッション性や乗り心地はもちろん、格段にアップします。

23cだと、歩道の段差を「カン!」と登っていたところを、
32cだと「ぼよん」という感じで、圧倒的にラクに越えられるようになります。

 

ブロックタイヤだと、その特性もあいまって、
砂利道とかガタガタ道とかで、
ハンドルを取られることも、ぜんぜんなくなります。

 

エアボリュームが多くなる、意外なメリットとして、
「リム打ちパンク」の可能性がほぼ無くなる、というのもありますね。

 

リム打ちパンクは、段差などを越えるときにタイヤが潰れすぎて、
リムが内側からチューブを圧迫してしまい、穴が開くパンクのことです。

そして、エアボリュームが小さければ小さいほど、
リム打ちパンクは起きやすいものです。

 

空気圧などにもよるのですが、基本的には、
23c、25c、28c・・・と、タイヤが太くなるほどリム打ちパンクは起きにくくなり・・・

32cともなると、タイヤに入っている空気の量がすごく多くなりますので、
リム打ちが起きる可能性はほとんど、なくなってきます。

実際私も、32cを使っていてリム打ちパンクを経験したことは、一度もありません。

 

そしてもちろん、タイヤの接地面積が大きくなることで、
グリップ力アップも、かなりのものになります。

コーナーリングとかでふいに、つるっといく可能性は激減すると思いますし、
雨の日とかも、大幅に滑りにくくなります。

 

・・・と、いろいろと「32cブロックタイヤ」の良さを挙げてみましたが・・・

挙げたような、さまざまな良さは、
「日本の歩道」にベストマッチするんですね。

 

たとえば郊外の、だだっ広い車道をかっ飛ばすのなら、
23cとかのスリックタイヤのほうが、絶対に良いとは思うのですが・・・

実際に、日本の公道を走っていると、
そんな、びゅんびゅん飛ばせる走りやすい道・・というのは少ないですよね。

現実には、走りにくい歩道とか、ガタガタ道とか、段差が多い道とかばっかりのはずです。

 

なので実際に、生活圏内の中でロードバイクを乗り回すのなら、
実は32cのブロックタイヤのほうが、 23cの細いスリックタイヤより優秀だ!・・・と、
いまの私は、思うようになりました。

 

 

32cタイヤといってももちろん、いろいろあるのですが・・・

個人的なイチオシは、

 

パナレーサーの32Cブロックタイヤ

 

これです。

シクロクロスのタイヤとしては、ド定番のもので、
私自身がブロックタイヤとして採用しているものでもあるのですが・・・

定番メーカー「パナレーサー」のもので、ブロックタイヤなのに走行抵抗がかなり少ないのが気に入っています。

 

 

32cタイヤは、フレームクリアランスがかなり大きくないと入らないので、
実際に装着できるロードバイクは、最初から「グラベルロード」と名がついているものなど、
限られてくるかもしれませんが・・・

ロードバイクなら23cのスリックタイヤ!という常識を外れて、あえてぶっとくてごついタイヤも試してみると・・・
新たな世界が開ける・・かも、しれません。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ