ミニベロの乗り方は、ロードバイクとは変えたほうがいい【ブロンプトン、DAHON、etc】


水色ミニベロ

「ミニベロ」と「ロードバイク」は、ホイールの大きさがまったく違います。

 

まあ、当然、そうなのですが・・・

この「ホイールサイズの違い」が、乗るときのコツとか、乗り味とかを、
まったくの別物レベルにまで、変えてしまいます。

 

例えば一般的な700c・27インチのロードバイクと、
18インチの、ブロンプトン・Birdyといった折りたたみ自転車ですと、
ホイール面積に換算して、2倍を超える差があります。

 

そしてホイールは、面積が大きければ大きいほど、
回転することで自転車を安定させる効果・・・「フライホイール効果」が大きくなります。

なのでロードバイクだと、スピードを出せば出すほどこのフライホイール効果によって、
車体が勝手にしっかりと、安定してくれます。

 

そのためロードバイクの乗り方は、特に高速で走るときには、
このフライホイール効果を利用し、フライホイール効果の邪魔をしないような走り方になると思います。

 

ロードバイクでは自分で、必死にバランスをとろうとしなくても、
フライホイール効果が勝手にバランスをとってくれます。

そして自分で無理な力を入れると、その力みが「ノイズ」となって、
むしろ自転車がスムーズに走るための、邪魔になると思います。

なのでロードバイクでは、下手に力んだり、無理に自転車を安定させよう!などとはせずに、
自転車が「自分で、安定して走ろうとする力」に身体を預けてしまっていいと思います。

 

しかし・・・折りたたみ自転車などのミニベロだと、このフライホイール効果が極端に弱いです。

 

ホイールサイズにもよるのですが・・・
20インチとかの、ミニベロとしては比較的にホイールが大きいものでも、
フライホイール効果は体感で、半分以下になると思います。

ましてや14インチとか、8インチとかの小さいホイールだと、
フライホイール効果はほとんど、あてにできないほど小さくなってしまいます。

 

なのでロードバイクと比べて、
自分の力で自転車を安定させる、という要素が強くなると思います。

 

ロードバイクだと、体を完全に脱力させて、
ロードバイクの動きに任せるように、走ればいいのですが・・・

ミニベロだと、自分の体でしっかりと自転車を捉え、
安定させてあげなければいけない、といった感じですね。

 

 

そしてもちろん自転車には、前輪・後輪のふたつがあるわけですが・・・

しっかりと安定させなければいけないのは、「前輪」のほうです。

 

後輪のほうは、大きなフレームにつながっているので、
フライホイール効果が弱かったとしても、そう簡単にブレたりまではしないのですが・・・

前輪のほうにつながっているのは、フォーク・ステム・ハンドルくらいしかありませんので、
重さとしても、大きさとしても、後輪部分よりずっと小さいです。

なのでミニベロだと、ロードバイクと比べて、
ハンドルを自分の力でしっかり安定させるのが、なにより重要になってきます。

 

ロードバイクだと、ハンドルは手を添えるだけ、と言う情報源も多いのですが・・・

ミニベロを「手を添えるだけ」の状態で乗ると、安定しにくいので疲れやすくなったり、
障害物にぶつかった時など・・場合によっては、危険になることもあると思います。

がちがちに握りしめる必要は、もちろん無いのですが、
ハンドルがブレたりしないように「しっかり握る」のは、重要になってくると思います。

 

まとめますと・・・

ミニベロはロードバイクに比べると、大幅に不安定になりますので、
進むのを自転車任せにはせず、自分の身体でしっかり安定させる、というのが重要になると思います。

そしてなかでも、ハンドルを自分の力でちゃんとまっすぐ向ける!というところに集中すると、
よりミニベロに向いた、安定性が高い乗り方が実現できるのではないか・・と、思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ