175mm以上の長いクランクを使うと、疲れる理由


長いクランク

長いクランクは、疲れます。

 

・・・というのは、全員には、あてはまらないのですが・・・

そう言う人も、います。

 

ロードバイクなどの自転車において、クランクの長さは、
ペダリングのしやすさとか、乗りやすさとかにダイレクトにかかわってくる、
ものすごく重要なポイントです。

 

そして当然、「長いクランクを使う」という選択肢があります。

 

「長いクランク」といえば・・・
だいたい、175mm以上、といったところだと思います。

 

クロスバイクやロードバイクの完成車には、フレームサイズにもよりますが、
だいたい、170mmのクランクが採用されることが多いです。

なので、ここから伸ばしていこうとすると、
175mm、177.5mm、180mm・・と、なるわけですね。

180mmを越えるクランク!というと普通は、手に入りませんので、
長いクランクの選択肢というと、このくらいだと思います。

 

そして・・・長いクランクを使えば使うほど、疲れてしまう、という場合があります。

 

私自身は、長いクランクのほうが向いているようで、長いクランクのほうが快適なのですが、
私のまわりには「長いクランクにしてみたけど、妙に疲れてしまうので戻した・・」という人が、かなり多いです。

 

もちろん、合う合わないがある・・と言ってしまえばそれまでですし、
だったら短いクランクを使えばいい・・というのも、その通りなのですが・・・

 

長いクランクを使えば使うほど、疲れてしまう理由について、
いくつか心当たりがありますので、考察してみます。

「股関節」が硬い

股関節がペダリングに重要!

・・・というのは、よく言われることです。

 

股関節は、大きく脚を動かすときに、重要な場所です。

 

そして、長いクランクになればなるほど、回す軌跡が大きくなりますので、
股関節をフルに使って、ぐわんぐわん、回さなければいけないです。

 

なので、股関節が硬くて、大きく動かせない場合・・・

長いクランクが要求する「大きいペダリング」が、なかなかうまくいきませんので、
その代償として、身体が無理な動きをして、負担がかかってしまうと思います。

そして、疲れやすくなってしまうわけです。

 

逆に・・・短いクランクであれば、足先メインで、
小さい円をくるくると描くような回し方になるでしょう。

なので短いクランク、もしくは普通程度のクランクであれば、
そんなにシビアに股関節の動きを要求されませんので、
股関節が多少硬くても、問題ないのです。

しかし長いクランクだと、がっつりと大きく股関節を動かすべきですので、
硬くてそれができないと、いろいろと不都合があるわけです。

 

なのでもし、股関節が硬いけど長いクランクを使いたい!というのであれば、
ストレッチなどで、股関節をやわらかくすると良いと思いますし・・・

もし、どうしても股関節が硬いままで、やわらかくなってくれないのなら、
それならそれで、股関節をそんなには要求されない短いクランクを使う・・というのも、
アリなのではないか、と思います。

「足首」が硬い

股関節に加えて、「足首」の硬さも、
長いクランクの使いやすさに直結します。

足首を使ってペダルを回す

ペダリングの最中、足首は、こんな感じになると思うのですが・・・

ペダルが円の、いちばん上にくるとき、
足首はがっつりと、曲がります。

 

そして・・・

クランクが長ければ長いほど、足首はもっと、がっつり曲がります

 

円の軌跡が大きくなったり、上死点がもっと上まできたりしますので、
そのぶん、足首を曲げなければいけなくなるんですね。

 

そして足首が硬いと、しなやかに動いて大きなペダリングに対応する・・ということができませんので、
どうしても、ぎこちないペダリングになってしまいます。

 

ぎこちないペダリングになれば、身体にへんな負担がかかったり、
ペダリングのエネルギー効率が悪くなったりしますので・・・

すぐ疲れる、ということになります。

 

なので股関節に並んで、足首の柔軟性アップも、
長いクランクを疲れないように使いこなすための、鍵になるポイントだと思います。

「ケイデンス型」のペダリングが得意

最後のポイントになりますが・・・

 

「ケイデンス型」のペダリングが得意な場合、
長いクランクは、向かないかもしれません。

 

ペダリングには、大きく分けると、
「トルク型」と「ケイデンス型」のふたつがあります。

自転車趣味の方にとっては、常識かもしれませんが・・・

トルク型はグン!グン!と一気に、強力なパワーを掛けることでスピードを出していくタイプで、
ケイデンス型はくるくると、高い回転数で回していくことでスピードを出すタイプですね。

 

弱虫ペダルでいうと、真波山岳がトルク型、小野田坂道がケイデンス型、といった感じでしょうか。
(ネタがわからなかったらすみません・・笑)

 

どのくらいのケイデンスが向くかとか、どういう乗り方が向くか・・とかいうのは、人によってまったく違ってきます

 

なので、トルク型の乗り方が得意なのか?ケイデンス型の乗り方が得意なのか?というのも、
人によって違ってくるのですが・・・

 

そして、一概には言えませんが基本的に、
長いクランクは「トルク型」向き、短いクランクは「ケイデンス型」向きです。

 

長いクランクはテコが効きますので、重いギアでもガンガン踏むのに向きますし、
短いクランクは回す軌跡が小さいので、素早くくるくると回転させるのに向く・・

というのは、それぞれ、イメージしやすいと思います。

 

なのでもし、あなたがケイデンス型の乗り方が得意な場合、長いクランクはそもそも向かないんですね。

 

くるくる素早く回すのに向いているのに、長いクランクをぐわんぐわん回そうとすると・・・
もちろん、向かないことをしようとしているので、疲れはたまりやすいでしょう。

ペダリング効率も良くないことになりますので、スピードもなかなか、出ないかもしれません。

 

なので、ご自身の脚質を見極め、
もし「ケイデンス型」が得意なタイプなのであれば、クランクの長さは短めに設定する・・というのが、有効かもしれません。

 

もしくは脚質は、鍛え方によって変えられる場合もあるので、
どうしても長いクランクを使いたいなら、パワフルな「トルク型」の乗り方を習得する・・というのも、アリかもしれません。

 

 

・・・と、「長いクランクを使うと疲れる」理由について、
いろいろと、考察してみました。

 

もし、いままでのクランクだと特に疲れはしなかったのに、
長いクランクに換えるとやたらと、疲れるようになった・・・という場合・・・

 

「股関節」「足首」「トルク型?ケイデンス型?」といったところを軸に、
試行錯誤してみると、うまくいくかもしれません。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ