ブルックスの乗り心地に特化した、ラバー素材サドル

ロードバイクで手が痛い!「重心の位置」が解決の鍵かもしれません


手が痛いので押さえる

ロードバイクなどの自転車に乗っていると、手が痛くなる・・!

その原因は意外にも、乗るときの「重心位置」かもしれないです。

 

何時間もロードバイクに乗っていると、手のひら、手首などの「手」が、
痛くなったり、しびれたりしてくる・・・

自転車ライドにおける「手の痛み」は、けっこう、ポピュラーな悩みです。

 

以前は私も、よく悩んでいました。

 

そして解決の方法は、調べてみると、いろいろ出てきます。

 

クッション性が高い、分厚いグローブを使う・・・

振動吸収性が高い、分厚いバーテープや、エルゴングリップなどのグリップを使う・・・

もしくは、体幹に力を入れて、手に体重がかからないように支える・・・などなど。

 

もちろん、そういった方法が有効にはたらくことはあると思いますが・・
私自身は、そういった方法を試してもぜんぜん、よくなりませんでした。。。

 

しかし私の場合は、乗るときの「重心位置」を工夫したところ、大きく改善させることができました

 

以下、その方法を書いてみたいと思います。

「重心位置」を整え、手の痛みを防ぐ!

長時間乗っていると、手が痛くなる・・・

これはもしかしたら、重心が「前のめり」になっているのが原因かもしれません。

 

ロードバイクなど自転車では、すべての体重が、「前輪」と「後輪」の2点だけで地面に掛かります。

それ以外の場所で体重を支えることは、基本的に、あり得ませんよね。

2点で体重を支えるロードバイク

この、たった2点だけで、支えているはずです。

 

そしてロードバイクの「乗り方」によって、この2点のうちどっちに多く荷重がかかるのか?

が、変わってきます。

 

乗るときのフォームとか、ロードバイクのパーツの組み方とか、影響する要素はいろいろだと思いますが・・・

「前輪:後輪」が、「5:5」になったり、「4:6」になったり、「6:4」になったり「7:3」になったり・・
と、変わってくるはずですね。

 

そして、前輪・後輪のうち・・・

前輪に荷重が多くなりすぎているときに、手が痛くなりやすいです。

 

前輪が6以上、後輪が4以下・・とか、なっている場合ですね。

 

ロードバイクで、車体に体重がかかる場所は、
「手」「おしり」「足」の3点しか無いわけですが・・・

 

前輪に荷重が多くなりすぎているときに、「手」に掛かる体重は、増えます。

手は前のほうにありますので、それはそうですよね。

 

逆に後輪に荷重が多くなると、「おしり」に掛かる体重が増え、おしりが痛くなります。

おしりは後ろのほうにありますので、これも当然です。

 

なので、ロードバイクに長時間乗っていると、手が痛い!・・という場合には、
「前輪のほうに荷重を掛けすぎ」の状態で乗ってしまっている・・という可能性があります。

 

 

「前輪:後輪」は、何対何が正しいのか?というところに、
絶対の基準といったものは、ありません。

前輪と後輪が均等の「5:5」だったり、やや後輪寄りの「4.5:5.5」だったり・・など、さまざまです。

たとえば私自身は「5:5」を使っています。

シンプルですし、体重を利用しペダルを回す方法も、使いやすいですので。

 

とはいえ、なぜかやたらと手が圧迫される!手が痛い!という場合・・・

あなたに「合った」体重バランスよりも、前輪に荷重が多すぎる状態!

と、なっている可能性があります。

 

前輪と後輪の体重バランスは、からだの感覚で「感じ取る」

・・というのが、やりやすいのではないかと思います。

体を脱力し、タイヤと地面が設置している場所を感じ取ることは、
おそらく、やろうと思えば、できるはずです。

感じ取ったら、あ、いま前輪のほうがすこし荷重が多いな・・とか、
いまは、前輪と後輪がまったく同じだな・・とか、
体の感覚で、コントロールするわけです。

 

前後輪の体重バランスについて、まったく意識していない場合、
知らず知らずのうちに、極端な「前荷重」とか「後ろ荷重」とかになっているかもしれません。

 

ロードバイクに乗っていると、やたら手が痛い!

グローブやグリップ・バーテープの選択など、工夫してみたけどなかなか解決しない・・

 

という場合には「重心の位置を」軸に、試行錯誤してみると、
もしかすると、うまくいくかもしれません。

 

関連記事
ブルックスの革サドル「B17スタンダード」の乗り心地の良さ・デメリットなど、5年ほど使った経験をもとに解説しています。

 

雨降り問題なし・メンテナンスフリーなのに革サドルに迫る乗り心地の「カンビウム」について解説しています。

 

「ライディングスキル」に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ