25Cから28Cに変更してみた!乗り心地を比較すると?スピードの違いは?


28Cのコンチネンタルグランプリ

「25C」と「28C」はそれぞれ、ロードバイクやクロスバイクなど自転車のタイヤとしては、メジャーな太さです。

 

そして・・

25Cから28Cに換えると、どうなるの?

というのは、換えてみようかな?などと考えている場合、気になるところだと思います。

 

28Cは25Cより、太いわけですが・・

乗り心地は変わるの?変わるとして、どのくらい?

スピードは落ちるの?低速域・高速域でそれぞれどう?

段差の衝撃は、やっぱりかなり違ってくるの?

 

などなど・・

 

私自身は数ヶ月前にちょうど、乗っているロードバイクのタイヤを、25Cから28Cに換えました。

そしてある程度走ってみて、「違い」が実感としてある程度、わかってきました。

 

なのでこの記事では、25Cと28Cの違いって、実際どう?

そんなところを解説していきます。

いちばんの違いは「衝撃吸収性」

換えると結局、何がいちばん変わるの?

というところに答えますと・・「衝撃吸収性」です。

 

たとえば歩道の段差を越えるときとか、ガタガタのアスファルトを走るときとか・・

ガン!ガン!とか、ガガガガ・・とかいう感じで、身体に衝撃がくると思います。

25Cから28Cに換えると、この衝撃が体感ではっきりわかるくらいに、激減します。

 

衝撃というのはロングライドになればなるほど、つらいものです。

段差の衝撃を1回受けたくらいでは、ダメージなんて残らないものですが・・・

何時間も乗って、地面からの衝撃・振動を何度も何度も受けていると・・
知らず知らずのうちに、疲れとして蓄積されてしまったりします。。

 

なので25Cを装着していて、衝撃を吸収して乗り心地をマイルドにするために、28Cに換えよう!

そう考えているとしたら、交換する価値はじゅうぶんに得られると思います。

スピードは「ふつうに乗ってれば、そんなに変わらない」

25Cから28Cに換えると、タイヤが太くなりますので・・

スピードが落ちるんじゃないか?

というのは、気になるところだと思います。

 

そしてここは、

一般的なスピードの範囲なら、ほとんど変わらない

それなりの距離を乗ってみて、そう思いました。

 

一般的なスピードというのは、30km/h未満とか、そのくらいのスピードのことです。

ロードバイクで飛ばさずに走っているとまあ、そのくらいのスピードになると思いますし・・

30km/h以上で、何時間も走っていられる・・というのは、かなりの剛脚だと思います。
(私自身は、まったくできない貧脚です・・笑)

 

そしてそういう低めの速度だと、25Cでも28Cでも、スピードはほとんど変わらないです。

これは、体感でもそうでしたし・・

実際にサイコンで平均時速を測ってみても、そうでした。

 

たとえば40km/hとか50km/hとかの高速域になると、25Cのほうがスピードが出る!というのは、はっきり感じ取れます。

なので、できるだけ速い最高速が欲しい!とか、高速域でひたすらぶっ飛ばしたい!と思うのであれば、
25Cとか23Cとかの「細いタイヤ」のほうがいいとは思います。

 

しかし・・ふつうの人がふつうに巡航する限りだと、25Cでも28Cでも大したスピード差は出ないと思いましたので、
そういう「スピードを求める走り」をしないのなら、28Cでもぜんぜん良いのではないかな、と感じます。

 

 

今回は25Cから28Cに変更すると、どう?をテーマにお話ししてみました。

 

関連記事
23Cから32Cまで、さまざまな太さのタイヤのメリット・デメリットを、実際に使い比べた経験から解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

Twitter
Instagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ