折りたたみ自転車・ミニベロのギア比、おすすめは?

105のリアディレイラー

折りたたみ自転車・ミニベロを買って、ずっと乗り回してるんだけど・・

なんだかギア比が合ってない感じがする。。

折りたたみ自転車・ミニベロのギア比って、どのくらいに合わせるのがいいの?

 

折りたたみ自転車・ミニベロで快適に走るためには、うまいギア比の設定が鍵です。

 

ロードバイクだと、ギア比にそこまでの試行錯誤の余地は無いです。

そもそも選べるギア比に、そう多いバリエーションは無いですし・・

そもそも20段以上の変速ができますので、どんなときでもだいたい好きなギア比が実現できます。

そして走行性能も高いですので、多少ギア比が合わなくても何とかなったりします。

 

しかし折りたたみ自転車やミニベロだと、ギア比の設定はけっこうシビアです。

そしてギアは作業がけっこう大変で、そうぽんぽん変えられるものでもないので・・

変えるとしても、こんなギア比が良い!というのを知ってから作業したいところです。

 

なのでこの記事では、折りたたみ自転車・ミニベロのギア比ってどのくらいがいいの?

ここを解説していきます。

ギアの重さは、ホイールサイズに比例する

折りたたみ自転車・ミニベロのギア比を考えていくにあたって・・

まず、知っておいたほうがいい情報があります。

ギアの重さは、ホイールサイズに比例する、ということです。

 

ホイールサイズが変わると、ギアの歯数自体は変わらない場合・・

  • ホイールが大きくなるほど、ギアは重くなる
  • ホイールが小さくなるほど、ギアは軽くなる

という影響が出ます。

 

例えば、18インチの自転車のホイールを・・

そっくりそのまま「27インチ」に付け替えたとします。

するとそれだけで、ギアの重さは「1.5倍」になります。

 

27は18の、1.5倍ですので・・

単純にそれに比例して、ギアも重くなるわけですね。

 

言い方を変えると、たとえば27インチのロードバイクで「前50T、後ろ16T」のギアの重さを・・

18インチのミニベロで、そのまま再現したいとします。

計算するとわかるのですが、その場合に適したギア比は「前54T・後ろ12T」くらい、というずっと重い組み合わせになります。

 

ホームセンターの折りたたみ自転車は、まったく進まないものとして有名ですが・・

その理由も、このあたりにあったりします。

ホイールが小さいのに、コストカットで他のパーツをすべて普通のママチャリから流用するので・・

ギア比があまりに軽すぎて、こいでもこいでも進まない!となるわけですね。

 

ロードバイクやクロスバイクでは基本的に、「ホイールサイズのギア比への影響」なんて考えることはありません。

どれも基本的に、同じくらいのホイールサイズですので・・

 

しかし折りたたみ自転車・ミニベロは8インチ、14インチ、18インチ、20インチ・・と、ホイールサイズがばらばらです。

そしてホイールサイズに応じて、ギア比は大きく変わってきます。

なので折りたたみ自転車・ミニベロのギア比を考えるときは、ここを知っておくほうがいいのです。

折りたたみ自転車・ミニベロのギア比は「軽め」がおすすめ

ギア比をどのくらいに設定するか?は人それぞれです。

スピードを出して走りたいなら、重めのギアにするものですし・・

ラクに疲れずに走ることを重視するなら、軽めのギアのほうが向きます。

 

なのですが、折りたたみ自転車・ミニベロのギア比は・・

ロードバイクといった自転車と比べると、「軽め」がおすすめです。

 

なぜ?

折りたたみ自転車・ミニベロに、ロードバイクほどのスピードは必要無いからです。

 

ロードバイクは、速いです。

もちろんもともとがレース用の、スピードを出すための車種ですし・・

そのスピードに耐えられるような、安定性といった車体性能もあります。

 

しかし折りたたみ自転車・ミニベロは、スピードを出すための車種ではありません。

ホイールサイズが小さいので、高速域での安定性はロードバイクよりずっと低いですし・・

そもそもロードバイクのように「スピード特化」で作られている車種も少ないはずです。

 

なので折りたたみ自転車・ミニベロのギア比は、ロードバイクよりはかなり軽めにしておくほうが・・

登りにもラクに対応できる「軽いギア」を備え、必要ない「高速用の重ギア」が無い、バランスのいい仕様になるかもなのです。

 

もちろん折りたたみ自転車・ミニベロにも、スピード特化タイプはありますし・・

そういう自転車でおもいっきりスピードを出したい場合は、重いギアは必要になってきます。

 

しかし自分は折りたたみ自転車・ミニベロで、ロードバイクばりに飛ばすことは無い!

そう思うのなら、ギア比はかなり軽めにしておくほうがバランスがいいと思います。

折りたたみ自転車・ミニベロのギア比は「ワイドレシオ」がいい

折りたたみ自転車・ミニベロのギア比は、「ワイドレシオ」にしておくのがおすすめです。

 

ワイドレシオというのは、ひとつひとつのギアの「落差」が大きくて・・

ギアを1段変えるだけで、すごく重く or 軽くなる!というタイプですね。

ギアの大きさも一段ごとに、一気に大きく・小さくなります。

 

逆に落差が小さいものは「クロスレシオ」と呼ばれます。

ギアを変えても、重さがわずかしか変わらないタイプで・・

そのぶん精密なコントロールができますので、レース用ロードバイクなどでよく採用されています。

 

そして折りたたみ自転車・ミニベロは、さまざまな重さに対応できるほうが有利です。

ロードバイクと比べるとどうしても、車体の走行性能が低いですので・・

それをより重い・軽いギアを駆使して、何とかカバーするような走りになるからですね。

 

折りたたみ自転車・ミニベロはギアの段数自体が少なくなりがち、という事情もあります。

車体が小さいからか、ロードバイクよりは段数の少ないギアが採用されることが多いので・・

ワイドレシオなギア比にしないと、じゅうぶんな幅がカバーできないのです。

 

そして折りたたみ自転車・ミニベロには・・

クロスレシオによる細かいギア制御は、あまり必要ありません。

クロスレシオはロードレースなどで、勝つために細かい制御をするとき便利なものですが・・

折りたたみ自転車・ミニベロでそこまでレーシーな走りをすることは、少ないと思います。

 

と、そういった理由で・・

折りたたみ自転車・ミニベロのギア比は「ワイドレシオ」にしたほうが、より有利なのではと思います。

おすすめのギア比は、これ!

と、いろいろ考えてはみましたが・・

最終的にギア比をどのくらいにするか?は、人それぞれです。

脚力とか、ギアの重さの好みとか、いろいろな要素も絡んできますし・・

 

なのでここは私自身の場合、どんなギア比を採用しているか?をお話ししてみます。

私自身の折りたたみ自転車の場合は・・

  • 「18インチ」のホイールで
  • 前ギアは「54T」
  • 後ろギアは「13T」を軸に

という仕様にしています。

 

もちろん、ギア比はたったひとつではなく変速できますので・・

この重さを軸に、軽いギアや重いギアを足していく、といった考え方ですね。

 

18インチでこのギア比だと、計算してみると・・

700C(27インチ)のロードバイクに換算すると、「前50T・後ろ18T」と同じくらいの重さになります。

 

ロードバイクでは、このギア比は・・

「コンパクトクランクのアウター x 後ろは真ん中くらいのギア」という感になると思います。

ロードバイクだといわゆる、「ちょっとゆっくりめに流す」くらいになるギアですね。

 

このギア比は「時速25kmくらいで、車道を走り続ける」といった走り方に向いています。

折りたたみ自転車やミニベロだと、速くなりすぎないほうが快適ですし・・

かといって、回しても回しても進まない・・!というギアになるのもまずいです。

そして前54T・後ろ13Tを軸にしておけば、そんなにヘンなことにはならないのでは・・と思います。

 

私自身はこのギア比を軸にした折りたたみ自転車を、もう何年も乗り回していますが・・

車道をロングライドしても、街中を乗り回しても違和感が無い、バランスのとれたギア比だと実感しています。

 

もちろん挙げたギアの重さは、「他の組み合わせ」でも実現できます。

ホイールサイズが同じ18インチなら、たとえば「前50T・後ろ12T」でもほとんど同じ重さになるでしょう。

 

お話しましたように、ギアの重さはホイールサイズに比例します。

なのでもし20インチとか14インチとか、他のホイールサイズでこのギア比を再現したい場合は・・

ホイールサイズにあわせた歯数の調整が必要、というところは注意が必要です。

 

 

と、けっこうマニアックになってしまいましたが・・

折りたたみ自転車やミニベロは、初期状態では走りにくいギア比になっていることも多いものです。

 

そしてギア比を変える作業は、難易度もそこまで高くはないです。

難しそうなら、ショップに依頼してしまうこともできます。

そしてうまくギア比を調整できれば、前よりずっと走りやすくできるかもしれません。

 

なのでもし今のギア比に不満があったり、ギア比変更に興味があったりするなら・・

チャレンジしてみてもいいのでは、と思います。

 

今回は折りたたみ自転車・ミニベロのギア比をテーマにお話ししてみました。

関連記事
三ヶ島のイージースーペリアは着脱しやすい?剛性はどう?など、何年も使っている目線から詳しく解説しています。
三ヶ島の折りたたみペダル「FD-7」ってどう?折りたたみはスムーズ?剛性は高い?徹底レビューしています。
「折りたたみ自転車・小径車」に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【よく乗るエリア】福岡まわり

【自転車趣味歴】9年くらい

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
◇いつかオランダに住んでみたい
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

よく読まれている記事
カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ