フラットバーロードとクロスバイクはぜんぜん違う!決定的な相違ポイントはここ!


草原に佇む水色クロスバイク

フラットバーロードとクロスバイクは、ぱっと見では、すごく似ています。

しかし実は、まったくの別物です。

 

フラットバーロードは、ロードバイクに通常ついているドロップハンドルを、
フラットバーハンドルに改造したものです。

最初から、ロードバイクをフラットバー仕様にしたものが、
売られていたりもします。

 

そしてクロスバイクは、言わずと知れた、
ロードバイクとマウンテンバイクのハイブリッド的自転車で、
これもフラットバーハンドル装備です。

 

通常、フラットバーハンドルは、ドロップハンドルより小回りに強く、
街乗りに強いことが多いですので、
それぞれ、街乗り向きの自転車だ・・として、紹介されることも多いです。

 

フラットバーロードとクロスバイクは両方、フラットバーハンドルの自転車ですし、
通常、それぞれ似たようなダイヤモンドフレームですので、
正直、ぱっと見ではどっちがどっちか、まったく分からないです。

バーハンドルの自転車をさっと見せて、
これはフラットバーロードですか?クロスバイクですか?と聞いて・・・
答えられる人は、なかなか居ないと思います。

 

と、見た目だけならものすごく似ている、この2車種なのですが・・・

実は、実際に乗ってみると、まったく別物!!と言えるくらいに、乗り味が違ってくるのです。

 

すべての機種について、一概にまでは言えませんが・・・

具体的には、
フラットバーロードのほうが、機敏に動き、
クロスバイクのほうが、安定感が高い、ということが多いです。

 

そのため、フラットバーの自転車が欲しい!と思ったときに、
フラットバーロードでもクロスバイクでも、どっちでもそんなに変わらないだろう・・と思って買うと、
実は、ぜんぜん求めていた挙動と違った!・・と、いうことになるのです。

 

なぜ、フラットバーロードは、クロスバイクより機敏な挙動になるのでしょうか?

 

鍵は、「トップチューブ長」にあります。

 

トップチューブ長は、フレームの、
いちばん上のパイプ・・つまりトップチューブの長さのことですね。

 

そしてたとえば、下に示すのは、
GIANTのロードバイク「TCR SL」のジオメトリーなのですが・・・

 

GIANT TCR本体

GIANT TCRジオメトリ表全体

GIANT TCRジオメトリ表抜粋

GIANT公式サイトより引用

 

この、GIANTでも一般的なロードバイクのトップチューブ長は、
フレームサイズSで、535mm、
フレームサイズMで、550mm、です。

 

そして下のものは、同じくGIANTの一般的なクロスバイク、
「Escape RX」のジオメトリー表です。

 

GIANT Escape RX本体

GIANT Escape RXジオメトリ表全体

GIANT Escape RXジオメトリ表抜粋

GIANT公式サイトより引用

 

トップチューブ長は、
フレームサイズSで、555mm、
フレームサイズMで、575mm、です。

 

同じフレームサイズ同士で比べてみると・・・

クロスバイクのほうがロードバイクより、2.0-2.5mmほど長いんですね。

 

今回比較した車種以外でも、
だいたい、似たような感じです。

 

そしてトップチューブは、長いほど車体は安定し、
短いほど機敏に動きます。

あくまで、一般的には、ですが。

 

そして、ジオメトリーというのは、
たった数mm違うだけでもけっこう、車体の挙動が違ってくるものです。

つまり・・これだけトップチューブ長が違うフレームで、
同じようにフラットバーハンドルをつけて走れば、
挙動がぜんぜん違ってきて、当然なんですね。

 

 

・・・なぜ、ロードバイクとクロスバイクとで、
こんなにトップチューブ長が違ってくるんでしょうか?

 

そもそも、ドロップハンドルは、
フラットバーハンドルよりも長いものです。

 

GIANT TCRハンドルバー

Escape RXハンドルバー

GIANT公式サイトより引用

 

さきほど挙げた2車種の、ハンドル部分を比べると、
こんな感じなのですが・・・

まあ、比べるまでもなく、
ドロップハンドルはフラットバーハンドルより、
かなり、「前に長い」のです。

 

そして、長いハンドルに、長いトップチューブを組み合わせると、
ハンドルが遠すぎて、手が届かなくなってしまいますよね。

なので、ロードバイクフレームのトップチューブは、
クロスバイクフレームよりもかなり、短めに設定されているのです。

 

その、トップチューブが短いロードバイクフレームに、
前に短い、フラットバーハンドルを組み合わせると・・・

まあ、かなり、機敏な動きになるわけです。

 

逆に、もともとトップチューブが長いクロスバイクフレームに、ドロップハンドルを装着してみると・・・
ハンドルが遠すぎて、まともに握れなくなる場合があります。

クロスバイクのロードバイク化、ドロップハンドル化は、けっこうされるカスタムではあるのですが、
このあたりの事情を考えてやらないと、失敗するかもしれないです。

 

・・・と、つまり、フラットバーロードはそういう理由で、
クロスバイクなどどいった一般的な自転車より、
かなり機敏でクイックな挙動になっています。

そのため、フラットバーロードをあえて選ぶのであれば、
そのあたりの事情を知ったうえで選ばないと、
あれ?なんかやたらと挙動がクイックだぞ・・ということになりかねないのです。

 

もし、フラットバーハンドルの自転車を検討しているのであれば、
参考にしていただければ・・と思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ