自転車荷物は、リュックで背負うかサドルバッグで自転車に固定するか


バックパックを背負った自転車乗りたちのイラスト

あなたは荷物を、リュックで背負って持ち運んでいますか?
それとも、サドルバッグやフロントバッグなどで、自転車に固定して持ち運んでいますか?

 

自転車で走るときの、荷物の持ち運び方には、いろいろな方法がありますが、
主に「リュックなどで、身体に装着して運ぶ」方法と、
「サドルバッグ・フロントバッグ・サイドバッグなどで、自転車に装着して運ぶ」方法のふたつに分けられると思います。

もちろん正解はありませんし、状況に応じて使い分けるところではあるのですが・・・

 

まず、リュックで身体に装着すると、当然ですが、身体に負担がかかってしまいます。

自転車に荷物を装着すると、身体に直接的な負担はかかりません。

個人的な経験からにはなりますが、1日におおむね100kmを越えるあたりから、リュックによる負担は深刻なものになってくると思います。
(もちろん、リュックの重さや体力、背負い方などによって大きな差が出るところだとは思います)

 

次に、リュックで身体に装着しておくと、駐輪したあと自転車から離れやすいです。
離れるときも、荷物は身体にくっついているので、特になにもする必要がありませんので・・

サドルバッグなどであれば、自転車から外すため最低でもひと手間がかかりますし、
自転車に複雑な方法で固定するほど、また装着する荷物の個数が増えるほど、外すのに手間がかかるようになります。
(ちなみに、盗難リスクなど考えると、荷物を自転車に残していくのはおすすめできません)

 

最後に、リュックを身体に装着すると、輪行をしやすくなります。

自転車に装着するスタイルですと、輪行のときは基本的に取り外さなければなりませんし、
自転車そのものに加え、荷物も手で持ち運ばなければならないため、とても動きにくくなります。

もし、自転車に3個も4個も荷物を装着し、重さの合計が10kgを越えてくるような場合は、輪行はほぼ不可能になるでしょう。

 

以上より、
「走る距離が長く」「自転車から離れる頻度が低く」「輪行を多用しない」場合に、
サドルバッグなどで自転車に装着するスタイルが向く、と言えると思います。

そのため、毎回長距離を走り、自転車を離れることなく、輪行もさほど多用しない、といったスタイルであれば、
荷物は自転車に装着するほうが便利だと思います。

 

ちなみに自転車生活メインで自転車を使い、ロングライドはたまにやる程度、という私の場合は、
リュックをメインで使い、100kmを大きく越えるようなロングライドの時のみサドルバッグやフロントバッグを使う、というスタイルに落ち着きました。

 

自転車で荷物を持ち運ぶときは、いろいろな方法があるとは思いますが、
自転車から高頻度で離れたり輪行を多様するなど、生活の中での機動性を重視するなら、リュックなどで身体に装着する方法が、
100kmを越えるロングライドを高頻度で行い、長距離走行での疲れにくさを重視するならサドルバッグなどで自転車に装着する方法が、
それぞれ優れるのではないか、と思われました。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ