ABUSの多関節ロックが、「長さ」と「頑丈さ」を兼ね備えた最強ロックだ!【Bordo 6000】


ABIS BORDO 6000 多関節ロック

最強の自転車鍵は、「U字ロック」です!

 

・・・突然すみません。

しかし、ワイヤーロック、チェーンロックなど、いろいろな種類がある自転車鍵の中で、
いちばん攻撃に強く、いちばん破壊されにくいのはU字ロックである・・というのは、事実だと思います。

 

自転車を盗むための工具にはいろいろあり、
ペンチなどの身近な工具が使われたり、素手で引きちぎられたりする場合があるのですが・・・

通常、いちばん強力な盗難工具・・と言えば、「ボルトクリッパー」だと思います。

 

そして、このボルトクリッパーの攻撃を完全に防げるのは、
数ある自転車鍵タイプの中でも、U字ロックだけ・・と言われるのが一般的です。

具体的には「Kryptonite Evolution Mini 7」といったロックだと、
最大サイズのボルトクリッパーの攻撃も、問題なく防ぐことができます。

 

しかし・・・U字ロックは、短いです。。

 

自転車本体だけをロックするならいいのですが、
道路標識などに絡めて盗めないようにするのであれば、
その短さゆえに、駐められる場所がかなり限られてしまいます。

 

場合によっては、立ち寄りたい場所のまわりに地球ロックできる場所がなく、
できる場所を探してぐるぐる走り回る・・ということもよくあります。

 

かといって、ワイヤーロックだと長いのは良いのですが、弱く、
ボルトクリッパーのような強力な工具は、ほとんど防ぐことができません。

 

チェーンロックは長くて頑丈ですが・・・

ボルトクリッパーを防げるほど強く、しかも長いものを選ぼうとすると、
とんでもなく重いものになってしまいます。。。

 

ボルトクリッパーのような強力な工具からも、ちゃんと自転車を守りたいけど、
地球ロックのことも考えるとできるだけ長い鍵がいいし、
あんまり重すぎる鍵を持ち歩きたくはない。。

 

そんな、贅沢な希望を叶えてくれる、
バランスのとれた鍵が、「多関節ロック」です。

 

多関節ロックは、以下の画像のようなものですね。

ABIS BORDO 6000 多関節ロック

これは、「ABUS Bordo 6000」という私が常用している鍵で、
重さは1kg程度で、ほとんどのボルトクリッパーによる攻撃を防ぎ切るという、
ワイヤーロックよりもはるかに優れた防御力があります。

 

ほとんどの・・と言ったのは、
最大サイズのボルトクリッパーを、時間をかけて使えば、
破壊されてしまう場合があるからです。

 

どうやったら破壊されてしまうのか・・は、下の動画をご覧ください。

 

 

ちなみに・・・

ここまでされても、U字ロックの「Kryptonite Evolution Mini 7」なら耐えきります

そのため、多関節ロックは防御力においては、U字ロックには一歩劣る・・と言わざるを得ません。

 

・・・しかし、日本国内で、わざわざ自転車を盗むためにここまでやる人は、
まあ、居ないんじゃないか・・と思います。

100万円を越えるような自転車ならわかりませんが、
10-20万円程度の自転車を盗むために、通報されるリスクがとてつもなく高い暴挙に出ることは・・・まあ、ないんじゃないでしょうか。。笑

 

そのため、多関節ロックであっても、
防御力が不十分、ということは、まあ、無いのではないかと思います。

 

そして、多関節ロックは、多くの場所に地球ロックできる長さがあります。

 

長さはタイプによっても違うのですが・・・私のABUS Bordo 6000は、75cm程度の長さがあり、重さはちょうど1kgくらいです。

このくらいの長さがあれば、地球ロックをする場所で困ることは、まずありません。

90cmのタイプもありそちらは、すこし重くはなるのですが、
地球ロックをさらにしやすくなります。

 

 

そしてこの鍵は、専用のホルダーを使えばかんたんに自転車に固定することができます。

1kgの鉄の塊を、バッグに入れて持ち運ぶのはなかなか骨が折れますが・・・
自転車にちゃんと固定してしまえば、気になることもほとんどありません。

 

多関節ロックは、頑丈さではU字ロックに一歩劣りますが、
日本国内で使うぶんにはじゅうぶんな頑丈さがあり、
しかも、かなり多くの場所で地球ロックができるような、長さがあります。

自転車を絶対に盗ませたくないけど、
いろんな場所で地球ロックできる利便性も捨てたくない・・という場合には、
検討してみてはいかがでしょうか。

 

ABUSの多関節ロック 90cm



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ