自転車ヘルメットの持ち運びは、バックパック(リュック)をうまく利用し超快適にできる


ヘルメットをかぶった人のイラスト

自転車で、特に車道を走るのであれば、ヘルメットは必ず被るべきだと思います。

 

しかしヘルメットはかさばるので、持ち運びに苦労してしまい、
結局家から持ち出さなくなる、ということがあるのではないでしょうか。

今回は、ヘルメットができるだけ邪魔にならないように工夫して、
快適に持ち運ぶ方法について、検討していきます。

 

まず大前提ですが、ヘルメットを固定する機能を備えたバッグを使うほうがいいです。

私は以前、ヘルメットを固定する機能を持たないバッグを使っており、
そのバッグの肩紐にヘルメットを結びつけるなどして持ち運んでいたのですが、
ぶらぶらして周りにぶつかってしまうため、
決して使い勝手のよいものではありませんでした。

ヘルメット固定機能がついたバッグであれば、
そのようなことはなくなるため、とても快適です。

 

ヘルメットを運べるようなバックパックにも、いろいろな種類があるのですが、
私は「deuter」のバックパックを使用しています。

deuterは、自転車バックパックとしてはかなりポピュラーなメーカーです。

このバックパックに、ヘルメットを固定すればいいわけですが、
ここでひと工夫すると、快適にバックパックを運ぶことができます。

その工夫とは、ヘルメットを、できるだけバックパックの下部におさまるよう配置することです。

 

たとえば以下の画像は、deuterの「バイクワン」という製品です。
最初からヘルメットホルダーがついており、
デフォルトではバックパックのかなり上のほうに、ヘルメットホルダーが固定されるようになっているのですが、
私は、本来固定する場所ではなく、あえてバッグの下側のほうに固定するように改造しています。

バックパックに装着されたヘルメット

バックパックに装着されたヘルメット

バックパックに装着されたヘルメット

(本来、もっと上にストラップの固定ポイントがありますが、あえて写真の場所に固定しています)

 

バックパックの上側にヘルメットを固定すると、ヘルメットホルダーが、バックパックのジッパーと干渉してしまい開け閉めがしにくくなるのですが、
こうすれば干渉しなくなり、快適に開け閉めができるようになります。

また、この方法だと、ヘルメットホルダーがぶかぶかにならないため、
ヘルメットがホルダーからすっぽ抜けて、落ちてしまうのを防ぐことができます。

また、ヘルメットを収納することにより、バックパックの生地が引っ張られてしまい、バックパックの形が変わり収納できる量が減ってしまう、といった影響を最小限におさえることもできます。

 

この方法が正解とは言えないと思いますし、
実際には、使うバックパックの現物を見ながら考えるしかないとは思います。

ヘルメットは、自転車で車道を走るのであれば必須アイテムなのですが、
持ち運びが面倒なのがネックです。
ぜひ、持ち運びがいやになってしまわないように、快適に持ち運べるようにいろいろと工夫してみてください。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ