電動キックボードの公道走行は「歩道・低速」に限るべきと思う


電動キックボードに乗る人のイラスト

電動キックボードは、車道を30km/hとかで飛ばせる、次世代的な乗り物です。

電動ボードとか、電動キックスケーターとか、呼ばれることもあるものですね。

 

私も、とあるイベントで乗ってみたことがあるのですが・・・

 

軽く蹴ってから、トリガーをちょいと引くだけで、ひゅーーんと加速する・・・

すごく速い、すごく気持ちいい乗り物です。

 

当然、脚もまったく疲れないので、快適です。

 

私自身は、そういう走り方をしたことはないのですが、
車道を車と一緒に、原付のように、30km/hとかのスピードで走ることができるみたいですね。

 

 

実際、法律にしたがって走行するぶんには、なんの問題もないと思います。

この記事を書いている時点の法律ですと、
ナンバープレートとか、ウィンカー装備とか、法律で決められた条件をちゃんと満たしていれば、
車道限定なら、公道をふつうに走行できるようです。

ので、自己責任のもと車道走行するのは、全然いいとは思うのですが・・・

 

個人的には、電動キックボードは「歩道を、低速のみで走っていい」乗り物として扱うべきなのではないか・・と、思います。

 

なぜか?

 

単純に、車道の高速走行は難しすぎて危険だと思うからです。

 

もし、自転車を趣味とされている方であれば、感覚でおわかりいただけると思うのですが・・・

乗り物は、ホイールが大きいほうが、圧倒的に安定します。

 

たとえば「700c」という、ふつうのロードバイクのホイールと、
「18インチ」程度の、ふつうの折りたたみ自転車程度のホイールだと、
ロードバイクのほうがはるかに、ふらつかず、安定して走れるはずです。

 

そして、電動キックボードは、ぱっと見でわかるとおり、ホイールが小さいものです。

ものにもよりますが・・だいたい、「8インチ」くらいのものが多いようですね。

 

ロードバイクが27インチ、折りたたみ自転車がだいたい18インチ、そしてキックボードは8インチ・・と、
圧倒的に、小さいわけです。

 

ホイールが大きいほど、高速で走った場合に「フライホイール効果」といった、
車体を安定させる効果がでるものですが・・・

こんなに小さいホイールですと、それも、望めません。

 

さらに言うと・・・「ブレーキ能力」も、ホイールが大きいほど強くなる、というのが基本です。

 

たとえば、鉄でできた巨大な円盤が、ぐわんぐわん回転しているとき・・・

それを手で止めるとしたら、円盤の「中心部」に手を置いて止めるのと、
円盤の「外周部」に手を置いて止めるのと・・どちらが、ラクでしょうか?

間違いなく、「外周部」に手を置いて止めたほうが、ラクですよね。

 

それと同じで・・・
自転車ホイールのような、円盤状をものを止めたいときには、
その、「軸から遠い場所」に力をかけるほうが、より強力に止めることができます。

 

なのでロードバイクなど、大きいホイールのブレーキは、
一般的に、折りたたみ自転車より強力になるのです。

これは実際に試してみると、同じくらいのグレードのブレーキでも、
折りたたみ自転車といった小径車より、ロードバイクなどのほうがブレーキがずっと強力になるので、すぐにわかります。

 

そして、つまり・・・たった「8インチ」しかないキックボードだと、
どうしても、ロードバイクとかと同等のブレーキ力は、出せないんですね。

 

そして当然、小さいホイールだと「段差」にも弱くなります。

ロードバイクくらいのホイールサイズがあれば、問題にもならない小さい段差でも、
たった8インチのホイールだと、越えきれず落車の原因になったり、吹っ飛んでしまったりするかもしれないです。

 

 

と、いうことを考えると・・・

高速走行での「安定性」と、速いスピードを止める「ブレーキ力」を、
両方とも、確保しにくいキックボードで、
30km/hとか、40km/hとか出すのは・・まあ、かなり危険なのではないかと、私としては思います。

 

電動キックボードだと、40km/hとかの速度が普通に出るわけですが・・・

スピードを出して「走れる」のと、「安全に走れる」のとは、まったく違うと思うのです。

 

 

しかし、電動キックボードは「歩道を低速で走るもの」としてしまうと、
ものすごく、便利なものになると思います。

電動ママチャリみたいな感覚ですね。

 

これなら、安定性の低さとか、ブレーキ力の低さとかはぜんぜん、問題にならないと思います。

 

スピードの出しすぎとかはもちろん危ないので、
あくまで、ママチャリ程度のスピードまでしか出ないように、
リミッターなどで制限する必要はあるでしょうが・・・

そして電動で、駅から駅までくらいの距離でしたら、ほぼ疲れずにさくっと移動できる、
すごく便利なツールになり得ます。

 

電動じゃないふつうのキックボードも、なかなかに便利なものになる可能性を秘めていますが、
あっちは、やっぱり何度も蹴って、疲れてしまいますので・・笑

電動だと、旅などでのもっと気軽な移動手段にできる可能性は、じゅうぶんあると思います。

 

まあ、とはいってもこの記事を書いている現在は、法律上それは、無理なのですが・・・笑

もし、電動キックボードの「低速での歩道使用」が認められれば、
もしかしたら、生活がいっきに便利になるほどの影響がある・・かもしれません。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ