クロスバイクのタイヤ、空気圧はどのくらいが適正?


クロスバイクのタイヤ

クロスバイクが、こいでもこいでも進まない・・!

クロスバイクが、すぐパンクする・・!

という時は、「空気圧」が原因のことが多いです。

 

空気圧は高すぎても低すぎてもダメで、
「適度な空気圧」にしておくと、そういったデメリットが起きにくくなる・・というわけですね。

 

クロスバイクだと実際、どのくらいの空気圧にしておくのがいいの?

この記事ではそんな疑問に答えていきます。

クロスバイクの空気圧は「ロードバイクよりかなり低め」がいい

ロードバイクだと、空気圧は7気圧とか8気圧くらいの「高め」が良いとされます。

指先で触るとカチカチに感じるような、パンパンに入った空気圧ですね。

 

しかし・・クロスバイクに関して言えば、それよりもかなり低めの、
だいたい4-6気圧くらいがいいのではないか・・

と、これまでいろいろ使ってきた経験からは、思います。

 

クロスバイクは一般的に、用途がロードバイクとちょっと、違います。

 

具体的な使い方は、もちろん人それぞれなのですが・・

クロスバイクで、100kmを越える長距離をガンガン走ろう!
・・という使い方はあまり、されないはずです。

それだったらロードバイクのほうがずっと有利ですし、
実際、それならロードバイクを使う人のほうが多いと思います。

 

クロスバイクはむしろ街乗りとか、旅先での観光とか、
そういった「機動性を活かした」乗り方のほうが向いています。

そして・・そういった用途だと、空気圧が低めのほうがいいです。

 

長い車道を、ずーっと走り続ける場合は、空気圧が高いほうが有利です。

カンカンに空気が満たされたタイヤは、走行抵抗が極限まで少なくなりますので、
減速せず高いスピードで走り続けることができます。

 

しかし空気圧を上げすぎると、走りにくくなることが多いものです。

タイヤがカチカチに硬くなりますので、たとえば歩道の段差などを越えにくくなったり、
障害物に当たったときにおもいっきり、ハンドルを取られることになったりします。

 

例えばマウンテンバイクだと、段差や障害物がものすごく多いわけですので、
そこで不利にならないように、2気圧とかのすごく低い空気圧にしているわけですね。

 

そしてクロスバイクの走るシーンを考えると、段差や障害物の影響が「そこそこ」大きくなります。

かつ、クロスバイクだと車道を高速走行する・・という要素も重要です。

なのでバランスを考えると、4気圧とか6気圧とか、そのくらいになるかな・・と思います。

 

クロスバイクだと通常25cとか、28cとかそのくらいの太めのタイヤを使うこともあって、
低めの空気圧のほうが相性がいいよな・・とも、実際に使ってみて思うところです。

 

 

今回はクロスバイクの空気圧をテーマにお話ししてみました。


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ