【注意!】鉄製かアルミ製かで、チェーンリングボルトの締め付けトルクは変わります!


破断したアルミニウムボルト

「チェーンリングボルトの締め付けトルクは、12-16Nmです」

 

例えば「チェーンリングボルト トルク」で検索すると、
こう書かれている記事や情報が、すごくたくさん出てきます。

ある程度の、数値の幅はあるにしても、
例えば自転車本とか、自転車雑誌とかでも、
このくらいのトルクが書かれていることは、結構あります。

そして・・・

冒頭の画像は、それをそのまま鵜呑みにして締めた結果、
ぶっ壊してしまったチェーンリングボルトです。。笑

破断したアルミニウムボルト

まあ、こんな感じで、
見事に破断しています。

推奨下限の、12Nmくらいまで締めとこうかな?と締めていくと、
パキッ!!との音とともに、こうなりました。。。

 

まあ、タイトルにも書いてありますが、
原因はアルミボルトだったから、ですね。

物としては、「ギザプロダクツ」製の、普通に売られているボルトなのですが・・・
これの材質は、アルミでした。

 

冒頭の「12-16Nm」というトルクは、あくまで「鉄製」ボルトの場合です。

アルミニウム製ボルトの場合はもっと、かなり弱めのトルクでいいのです。

 

 

じゃあ、何Nmならいいのか?

 

ここはもちろん、そのボルトの説明書などでちゃんと指定されていれば、
それに従えばいいのですが・・・

はっきりと指定してある情報源は、なかなか、見つけることができませんでした。。

 

なので個人的には、アルミボルトの場合は、

6-7Nm

このくらいで、締めることにしようと思います。

 

理由としては、自分自身でアルミボルトを実際に締めて、色々試してみた結果、
このトルクなら問題ないかな・・と、感じたからです。

アルミボルト

用意した、アルミボルト(もう使わないもの)を・・・

アルミボルトをトルクレンチテスト

アルミボルトをトルクレンチテスト

こんな感じで、トルクレンチで締め込んでいきます。

そしてどのくらいのトルクなら、問題なく耐えられるのか?とか、
どのくらいのトルクを掛けると、破断するのか?とかを、試していきます。

 

まず結果的に、どのくらいで破断したか?なのですが・・・

11Nmを掛けると、バキッ!という音とともに、壊れました。

 

そして、それまでの経過として、
9Nmを超えたあたりから、少しずつミシミシ言い始め、やばい感じがでてきて・・・

10Nmあたりから、あーいよいよやばいな・・壊れそうだな・・という感覚になってきて、
11Nmに達してバキッ!・・という感じでした。

 

そして逆に、7Nmくらいまでなら、ぜんぜん危ない感じもせず、
しかも、がっちり締めることもできている・・という感じでした。

なのでアルミボルトは、6-7Nmで締めておけばまあ妥当かな・・と、感じました。

 

もちろんここは、ボルトの製品選びとか、いろいろな条件で変わってくるところだと思いますし・・・

私があくまで個人的に試して、勝手に考えたことですので、
もし参考にされる場合はあくまで、自己責任でお願いします。

 

・・・できれば、説明書などでちゃんと指定してくれていれば、一番なんですけどね。。。

 

もし、アルミボルトなのに気づかず、鉄製ボルトと同じトルクで締めてしまっている場合・・・

もちろん、たまたま破断せず、問題なく締められた・・という場合もあるでしょうが、
その場合、そのボルトはもしかしたら、破断寸前の状態になっているかもしれません。

 

なのでもし、アルミボルトを高トルクで締めたかも・・と思ったら、
一度すべて外して、別のボルトに交換したほうがいいと思います。

 

・・・と、こういう事情がありますので、
個人的には、チェーンリングボルトは「鉄製」一択だ!・・と、思うようになりました。

 

ちなみに私自身は、鉄製チェーンリングボルトとしては、
以下の製品を使うことにしました。

品質が高いパーツを作る「スギノ」製で、
実際のモノも、加工精度が高く、質のいいものだと感じたからです。

 

【フロントダブル用】

スギノのダブル用鉄製チェーンリングボルト

 

【フロントシングル用】

スギノのシングル用鉄製チェーンリングボルト

 

チェーンリングボルトは12-16Nmで締める!と書いてある情報は、けっこうあるのですが・・・

もし、使われているボルトがアルミ製の場合は、
このトルクで締めると危険かもしれません。

なので盲点となりやすい、注意ポイントだな・・と思い、この記事を書いてみました。

なにかの参考になれば幸いです。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ