ブルックスサドルの寿命は?5年使ってるけど、まだ大丈夫です


ブルックスサドルの外観

ブルックスサドル、欲しいけど・・・

でも・・寿命って、どのくらいなの?

 

ブルックスサドルを買おうとしている場合や、既に使っている場合・・

このサドル、何年持つの?

というのは、気になるところだと思います。

 

サドルの寿命なんて、普通は気にするところでもないのですが・・・

ブルックスサドルは「革」製ですので、伸びたり破れたり・・ということがいずれ起こります。

なのでそんなふうになって使えなくなるのが、何年後なのか・・というのはもちろん大事なところです。

 

私自身はもう5年ほど、ブルックスの革サドルを使いつづけています。

そして何年使ったら、どんな感じになるのか?も実践を通してわかってきました。

 

なのでこの記事では、ブルックスサドルの寿命ってだいたい、何年くらいなの?

そんな疑問に答えていきます。

5年使ったけど、まだまだいけると思う

いろいろ理屈を並べる前に・・

まずは5年使ったブルックスのサドルが、実際どんなふうになっているのか?をお示しします。

 

このサドルは2016年に、EvansCycleという海外通販サイトから取り寄せたものです。

そしてこの記事を書いている現在は、2021年です。

なので5年間、このサドルを使い続けていることになりますね。

 

ちなみに前提の扱いとしては、

◇基本的に、室内保管

◇サドルオイルの塗り込みは、定期的にちゃんとやる

◇雨の中の長時間駐輪とかもする、けっこうラフな扱い

◇サドルのレインカバーはまったく使わない(煩雑になり、使わなくなってしまった)

 

という感じです。

 

 

こういった前提で、5年間使ってみると・・

ブルックスサドルの外観

まず、外観としてはこんな感じですね。

めちゃくちゃキズだらけとか、ボロッボロ!・・とかではないかなと思います。

 

目立つキズとしては・・・

ブルックスサドルのキズ

ここですね。

ホイールの交換時などに、自転車を天地逆にするわけですが・・・

そのとき特に養生せずにやってしまったので、アスファルトと擦れて出来たこのキズが、一番大きいキズです。

とはいえ大きくへこんだり裂けたりもしていない、単なる表面傷だとは思います。

 

 

サドル下の、金属部分に関しては・・・

ブルックスサドルの金属部分

こんな感じです。

多少、錆びていますが・・・錆びてボロボロに茶色くなっている!とかではないです。

ちなみにここに関しては、錆止めとかは特にしていないです。

 

 

そして革サドルですので、革の「伸び具合」が大事なポイントです。

革サドルは使うとたるんでいきますので、ナットを回して「張り具合」を調整してあげるわけですが・・・

この「伸び」が限界を超えてしまうと、革が劣化して柔軟性がなくなったり、最後には破れてしまったり・・となります。

 

そして、革がどのくらい伸びているか?は、

ブルックスサドルの穴部分

ここの穴を見るのが、一番わかりやすいです。

 

見るからに、かなりの楕円形になっていますよね・・・

ここは革を伸ばして、テンションをかければかけるほど変形していきますので、
まあ、使い込みによって、だいぶ伸びてしまっているな・・と言えると思います。

 

とはいえこの状態でも、破れたりはまったく無いですし、おしりを支える強度もじゅうぶん確保されていますので、
強度がなくなるほどの「ヤバいレベル」の伸びではないよな、とも思います。

 

 

と、5年間使ったサドルは実際に、そんな感じだったわけですが・・・

「寿命」はまだまだ、来ていない

まだまだ乗れますし、そう言っていいのではないかと思います。

 

レインカバーをまったく使わないとか、雨で濡れた!とかも関係なく乗ってしまう・・みたいなラフな扱いであってもこんな感じですので、
少なくとも、1-2年でボロボロになるほど短い寿命ではない・・というのも、言えることでしょう。

 

 

注意点としては、「メンテナンス」をちゃんとしない場合は、寿命は激減すると思います。

基本的には、サドルオイルを塗ることですね。

 

ブルックスに限らず革サドルは、もともとが生き物の革ですので、性能を保つために「皮脂」が必要です。

なのでまったくオイルを塗らずにほうっておくと・・カピカピに乾いて、ひび割れて、強度が激落ちしてしまうのです。

もしそうなれば、寿命はもちろん大幅に短くなりますので・・メンテナンスだけはちゃんとするほうがいいと思います。

 

 

自転車パーツの寿命はどのくらい必要か?というのは、人それぞれなところでしょうが・・・

5年といえば、アルミロードバイクなど「自転車そのもの」の寿命と、同じくらいだと思います。

なので少なくとも、ブルックスサドルは寿命が短くてNG!・・とか、そんなことは無いのではないかと思います。

 

 

今回はブルックスサドルの寿命についてお話ししてみました。

 

ブルックスの革サドル

 

関連記事
ブルックスの革サドル「B17スタンダード」の乗り心地の良さ・デメリットなど、5年ほど使った経験をもとに解説しています。

 

雨降り問題なし・メンテナンスフリーなのに革サドルに迫る乗り心地の「カンビウム」について解説しています。

 

ブルックスのサドルに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ