1万円?5万円?10万円?30万円?それとも100万円・・?どの価格帯の自転車を買えば幸せになれる?


ママチャリアンドロードバイク

自転車の値段は、ピンキリです。

 

ホームセンターなどに行けば、1万円、高くても3万円くらいで自転車が買えてしまいますし、
一方で、200万円を超えるようなロードバイクも市販されていたりします。

 

1000円以下から、数十億円(!)までの幅がある「腕時計」とかに比べれば、
かわいいものなのかもしれませんが・・・

グラスと高級腕時計

それでも、たとえば新しくロードバイクを買おうとしていたり、
もし、今、1万円ママチャリに乗っていて、少し高い自転車に買い換えようとする場合・・・

一体、自転車にいくら出そうか?・・というのは、悩まれるところだと思います。

 

もちろん基本的に、「高い」自転車のほうが、「良い」自転車です。

10万円の自転車に、1万円の自転車と比べて「良い」点がなにも無いのなら、
まあ、誰も買いませんので、当然でしょう。

 

しかし・・・具体的に、「何が」「どのくらい」良いのか?というのが、
いちばん大事なところだと思います。

 

10万円の自転車と、30万円の自転車の違いは?

・・・30万円の自転車のほうが、1gだけ、軽いんです!

 

ちょっと極端な例えですし、現実にはそんなことはないのですが・・・
もしそうなら、やっぱり、30万円の自転車は誰も買わないでしょう。

 

 

それでは・・・いちばん安い1万円くらいの自転車から、
高い自転車になるにつれて、いったい何が変わっていくのでしょうか?

3万円で、「高品質なママチャリ」が買える

ホームセンターには、だいたい1万円から、高いもので3万円くらいまでの自転車が並んでいます。

ママチャリ系の自転車ショップでも、同じような感じです。

 

そして1万円自転車は、ぶっちゃけ、品質が悪いです。。。

 

さすがにハンドルまわりやホイール固定など、
事故に直接かかわるところがガタついていたり・・というのは、
私が経験した限り無かったですが・・・

フレームは、ちょっと強くペダルを回すと、ぐわんぐわん歪みますし、
ブレーキはぜんっぜん効きません。

ホイールの回転も鈍く、そして車体はすぐに錆びます。。。

 

昔は、そんなもんだと思っていたのですが、
すこし高い自転車を買って、違いを知ってしまうと、
1万円自転車ってのは、いろんな意味でヤバい自転車だったんだな・・と、はっきりとわかってしまいます。

 

そして3万円あれば、かなり「高品質」なママチャリが買えます

たとえばPanasonicとかの、しっかりした国産メーカーの製品ですね。

 

同じママチャリでも、1万円のものと3万円のものとでは、雲泥の差です。

 

実際、私は1万円のママチャリと3万円のママチャリとに、乗り比べる機会があったのですが・・・
脚力の伝わり方は、2倍くらい違うのでは?と思いましたし、
フレームのがっちり具合、車体の安定感・・といったものも、圧倒的でした。

ここまで違うと、実際に走れる距離が違ってきたり、
疲れやすさが違ってきたり・・と、実用にも差が出ると思います。

 

そのため自転車でよく走る距離が、最大10kmくらいで、
できるだけ快適に走り回りたい・・というのであれば、
3万円くらい出して、しっかりした国産メーカーの製品だったり、
「品質が良い」と定評があったり・・・という自転車を選んでおけば、いいと思います。

 

とはいえ・・3万円では、クロスバイクやロードバイクといった、
いわゆるスポーツバイクは、買えません。
(買えたとしても、基本的には「ルック車」とか言われる、
中身はママチャリと変わらないような自転車が多いです)

 

そのため本格的に「自転車趣味」を始めたり、
自転車だけで、何十kmとか100km以上とかを快適に走ったり・・
といったことがしたいのであれば、もうすこし、お金を出す必要がでてきます。

5万円で、「コスパ最強クロスバイク」が買える

「5万円」出せば、どんな自転車が買えるでしょうか?

 

5万円あれば、本格的なスポーツ自転車メーカーが作っている、
本格的なクロスバイクが買えます

たとえば、GIANTの「Escape R」シリーズや「Escape RX」シリーズの最廉価モデルが、
だいたい、そのくらいの値段ですね。

 

このレベルの自転車、クロスバイクになってくると、
もはや「ママチャリ」というカテゴリーの自転車とは、別次元の自転車になってきます。

 

軽さは、ママチャリの「半分」くらいになります。
(ママチャリは20kgくらい、5万円クロスバイクは10kgちょいくらいのものが多いです)

ママチャリのフレームのほとんどは、ハイテンション鋼・・つまり「ふつうの鋼」なのですが、
5万円クロスバイクのほとんどは、軽くて頑丈な「アルミニウム合金」なので、
ここまでの違いが出るんですね。

そのため、これまでずっと1万円ママチャリにばっかり乗っていた私は・・
5万円クロスバイクの初めて乗ったとき、まるで羽根が生えたように軽快に動く自転車に、
感動したものです。

 

ホイールの回転、ペダルの回転・・といった「回転部分」のレベルも、
ママチャリとは違った、ものすごくスムーズなものになってきます。

変速も、スムーズに動く20段変速とかいった、
ママチャリとはレベルがまったく違うものになります。

 

そのためこの価格帯の自転車から、一般的なママチャリのイメージとはかけ離れた、
「原付みたいな自転車」に、なってきます。

乗り手の体力などにもよるのですが・・・
ちょっとがんばってペダルを回せば、時速30kmとかいう、
法定速度の原付くらいの速度が出せるようになるんですね。

ママチャリでは、それは、ちょっと無理です。

 

そのため場所によっては、まるで原付のように、
「車道の左側を、自動車といっしょに走る」走り方がメインになるかもしれません。

 

このレベルの自転車があれば、もちろん、乗り手のスキルにもよるのですが・・・

100km以上のロングライド、車道メインの高速走行、
分解し、電車や飛行機に積んで運ぶ「輪行」・・といった行動が、
無理なくできてしまいます。

 

実際、私はママチャリしか持っていなかった状態から、
5万円クロスバイクを購入したのですが・・・

5万円クロスバイクは、性能も楽しさも段違いで、
自転車というものを単なる日用品から、
「趣味レベル」まで、いっきに押し上げてくれました。

 

自転車を趣味として、おもいっきり満喫したいけど、
お金はそんなに多くは掛けられない。。という場合・・・

とりあえず「5万円クロスバイク」を軸に、自転車を検討すれば、
大きな間違いはないと思います。

10万円あれば、「ロードバイク」に手が出せる

10万円出せば、どんな自転車が買えるか?

・・・いちばん安いランクの、「ロードバイク」が買えます

 

5万円では、ロードバイクは、ちょっと買えないのですが・・・

10万あれば、ついに、ロードに手が届くわけですね。

 

いちばん安いランクのロードバイクは、「エントリーロード」などと言われることもあり、
ビギナー向けロードバイクの位置づけなのですが・・・

これが、高級ロードバイクと比べて品質が悪いか?と言うと、
ぜんぜん、そんなことは無いと思います。

 

ひと昔前は、高級ロードバイクだけが高品質で、
廉価なロードバイクは、それなりの品質・・という時代があったようです。

しかし現代では、工業技術も進歩していますので、
エントリークラスのロードバイクであっても、
「品質レベル」としては、じゅうぶん高品質なものになっているんですね。

 

そのため、「ロードバイク」を趣味にしたい!!というのであれば・・・

とりあえず、10万円出してエントリーロードバイクを買っておけば、
大きな間違いはないと思います。

 

具体的には、たとえばGIANTの「TCR」や「DEFY」といった製品の、
最廉価ラインですね。
(価格は、時代などによって変わるかもしれませんが・・・)

 

もし、パーツのアップグレードがしたいのであれば、
後からパーツ交換することもできますし、
それもまた、楽しいものです。

 

・・・と、ママチャリでもクロスバイクでもなく、
「ロードバイク」が欲しい!

・・・というのであれば、
10万円のエントリーロードバイク、が最低ラインになってくると思います。

30万円出せば、軽量化にこだわることができる

30万円出せば、買えるのはもはや「高級ロードバイク」といったものですね。

そして、10万円ロードバイクと30万円ロードバイクを比べた場合・・・
いちばんの違いは、「軽さ」になってきます。

 

ロードバイクの軽量化の世界では、「1kg=10万円」と言われるように、
軽くしようとすればするほど、お金がかかるものです。

 

現代であれば、軽量化の鍵は「カーボン」ですね。

ざっくり言うと、金属レベルに頑丈なプラスチックのことで、
鉄やアルミに比べるとすごく軽いですけど、すごく高価な素材です。

 

そしてカーボンフレームはもちろんのこと、
カーボンハンドル、カーボンシートポスト、カーボンホイール・・・と、
カーボンを採用していけばいくほど、車体は軽くなり、同時に値段も跳ね上がっていくのです。

 

やはり、ロードレースでライバルに勝ちたい!・・となってくると、
できるだけ軽く・・というのは、必要だと思います。

ツール・ド・フランスで走っているような選手は、
みんな軽量ロードバイクを使っているわけですので、
それはもう、そうでしょう。

 

しかし・・単にロードバイクでロングライドを楽しみたい、
ちょっと速く移動するための「足」として、ロードバイクを使い倒したい・・
というのであれば、正直、10万円台のロードバイクで十分だと思います。

私も、乗っているロードバイクは、値段になおせば10万円台ですね。

 

そのため、30万円クラスのロードバイクを検討するときは、
自分の自転車に「軽さ」が必要なのか?それとも特に必要ないのか?・・で考えると、
検討しやすいのではないかと思います。。

100万円自転車は男のロマン。でもコスパは・・

100万!・・・まあ、この記事にいらっしゃる方で、
100万円の自転車を買うか検討している方は、なかなかいらっしゃらないでしょう。

100万円で買える自転車というと、
たとえばツール・ド・フランスで走っている選手と、同じ自転車とかになってきます。

 

自動車など、モーターレースの世界では、
トッププロと同じ機材を個人が手に入れる・・なんてのは、まず無理だと思いますが・・・

自転車の世界では、そういう機材を、一般人でも入手できてしまうんですね。

 

重さとしても、車体重量で6kg台とかになってきます。
私も持ったことはあるのですが、指一本でひょいと持てるくらい軽いですね。

 

とはいえ・・・
あまりにも「軽さ」を重視しすぎた自転車は、高価なわりには報われないことが多いと思います。

 

たとえば、プロになるために練習している・・という方であれば、
そんな超高級自転車も、役に立つのではないかと思いますが・・・

一般人であれば、100万円もするような自転車は、
遠くから見てロマンを感じるとか、そういう付き合い方でいいのではないかな・・と、
個人的には思います。

結局、いくらくらいの自転車を買えばいいの?

で、結局、いくらくらいの自転車を買えばいいの?

についてなのですが・・・

 

とりあえず、本格的に自転車趣味を始めたい!と思うのであれば、5万円クロスバイク!

とりあえず、「ロードバイク」が欲しい!と思うのであれば、10万円ロードバイク!

 

・・・で、大きな間違いは無いだろうと思います。

 

5万円クロスバイクからでも、パーツをレベルアップさせていくことはできますし・・

なんなら、クロスバイクにドロップハンドルを装備し、ロードバイク化することもできますので、
(ちょっと大変なのですが、私はこれをやって乗り回していました)

本気で迷ったのであれば、とりあえず、「GIANT Escape RX」の、5万円くらいのクラスのものを選んでおくのが、
いちばん無難なのではないか?
・・・と、あくまで個人のいち意見としてですが、思います。

 

自分にとってのベストな一台を選ぶ、参考にしていただければ・・と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ