当サイトのおすすめアイテム
定番の自転車用ライト

800ルーメンってどのくらいの明るさ?ちゃんと見える?まぶしい?


ぼんやりした光

「800ルーメン」って具体的に、どのくらいの明るさ?

 

自転車ライトにおいて800ルーメンというのは、わりと、よくある明るさです。

例えば、

 

キャットアイの800ルーメン

 

この「キャットアイ VOLT800」がド定番ですね。

 

しかし・・800ルーメンって実際、どのくらいの明るさなの?

明るすぎたり、実は暗すぎたりしない?

この記事では、そんなところを解説していきます。

サイクリングロードだと「めちゃ頼もしい」

夜のサイクリングロードは基本的に、真っ暗闇です。

ふつうは街灯のひとつもありませんので、一寸先も見えないほどの、完全な闇ですね。

 

そして800ルーメンのライトはそんな状況でも、昼間みたいに見えるほどの明るさがあります。

どんな感じか?を画像で置いてみると・・・

 

800ルーメンのビームチャート

CATEYE公式サイト「ビームチャート」より引用

 

こんな感じですね。

これはキャットアイのライト「VOLT 800」の、800ルーメンモードでの明るさなのですが・・・

真っ暗闇の中でもはっきりと、かなり遠くまで、照らし出されていると思います。

 

実際に照らしてみてもこんな感じで、サイクリングロードのような広くて真っ暗な場所でも、
「高速で走っても問題ない」「真っ黒な服を着た人が居てもちゃんと気づける」といったレベルの、十分な明るさがあると思いました。

 

真夜中のサイクリングロードより暗い場所は、なかなかありませんので・・・

つまりは800ルーメンあれば、どんなに暗い場所でも快適に移動できる!と、そのくらいの力があるわけですね。

 

と、800ルーメンのライトはなかなかに頼もしい実力を持つ・・と思いました。

街中だと「明るすぎる」

とはいえ街中・・例えば都心の繁華街のような場所だと、800ルーメンは明らかに「明るすぎ」です。

 

まあ、これは実際に明るさを見てみれば、ひと目でわかるでしょうが・・・

こんなものを点けて街中を走っていたら、何人の人を目潰しするか・・ってレベルです。。

 

一応、クルマのヘッドライトにもそのレベルの明るさはあるのですが・・・

あっちは歩行者や対向車の目に入らないよう、角度などしっかり計算され設置されていますので、あまり問題にならないものなのです。

しかし自転車ヘッドライトはそこまでの調整はしにくいですので、つい歩行者を明るく照らしすぎてしまう・・となりがちなのです。。

 

あとは街中は通常、街灯がたくさんありますのでそこまでのライトが必要ない・・という事情もあります。

 

とはいえここは「ルーメンを落とす」と対応できます。

例えば先ほどのVOLT800ですと「200ルーメンモード」がありますので、
それに切り替えれば街中でも、ちょうどいい明るさになります。

 

もしくはキャットアイのVOLTシリーズには「ハイパーコンスタント」という、暗めの点灯に加えてパッ、パッというフラッシュも追加される・・という便利なモードがあります。

これだと街中でちょうどいい明るさで照らしつつ、しかもフラッシュで自分を目立ちやすくもできる・・と、なかなかに走りやすくなります。

 

 

と、まとめてみると・・・

800ルーメンは街中では明るすぎだけど、モードチェンジでちょうどよくできる

と、いうことになると思います。

バッテリーの持ちは、毎日充電ならまあいける

800ルーメンはかなり明るいですので、バッテリーの持ちはどうなのか?・・というのも、大事なところです。

いくら明るくても、バッテリーが即死してしまうようでは・・とても、使いやすいライトとは言えないです。。

 

そしてキャットアイのVOLT800ですと、800ルーメンモードでバッテリーは「2時間」もちます(公称値)。

 

これを長いととるか?短いととるか?は人それぞれでしょうが・・・

私としては使ったあと、必ず充電するなら大丈夫、というところだと思います。

 

夜、真っ暗闇の中を2時間、ぶっ続けで走ることは・・・

まあ、日常生活の中ではあまり、無いと思います。
(ブルベのような特殊な状況なら、いくらでもあるでしょうが・・笑)

 

なので例えば通勤で、一部のエリアが真っ暗闇で、800ルーメンくらいの明るさが欲しい・・という場合なら、
「通勤後の会社」「自宅」の2点で確実に充電すればまず、バッテリー切れは起きないと思います。

 

VOLTシリーズはバッテリーが交換式ですので、もし長時間走ることになっても交換がきく・・という面もありますね。

 

もちろん、状況は人それぞれだとは思いますが・・・

800ルーメンは「バッテリー持ち」的にも、あまり問題ない

そう思います。

 

 

今回は「800ルーメン」の明るさを軸に、お話ししてみました。

 

キャットアイの800ルーメン





運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ