三ヶ島の鋲つきで滑りにくいフラットペダル

自転車で10km・30km・50km・100kmってどのくらいきつい?時間がかかる?


長く続く青空ロード

近所のスーパーまで、1kmくらい。

歩くのはだるいな・・自転車で行くか。

 

自転車が趣味ではない、一般の方にとって、
「自転車の行動範囲」といえば、1-2kmとか、そんなものだと思います。

 

私自身は、自転車趣味を始める前、ママチャリだけに乗っていた頃は、
自転車で5km以上を走ることは滅多に、ありませんでした。

それ以上の距離は、クルマや電車の領域・・そういう感覚だったのですが・・・

 

しかしロードバイクなどのスポーツ自転車を買い、頻繁に乗るようになってくると、
おそらく多くの人が、100kmとか、それ以上とかの距離を走るようになると思います。

 

私も10kmとか、30kmとか、100kmとか、それぞれの距離をよく走ったのですが・・・

 

実際にロードバイクやクロスバイクを使って、そういう距離を走るというのは、どんなものなのか?

あくまで個人的な感想にはなりますが・・
この記事ではそういう視点で、語ってみたいと思います。

10kmは、朝飯前

ママチャリで10km走るのは、大変です。

道にもよりますが・・・たとえば片道5km、往復10kmを走ると、
「今日はたくさん走ったな・・」くらいの感覚に、なるものです。

 

しかしロードバイクを買って、ペダリングスキル(ペダルの漕ぎ方)とか、
おしりが痛くないサドル選びとかの、必要なスキルを身に着けていくと・・・

10kmくらいは「朝飯前」みたいな感覚になってきます。

ちょっとしたサイクリング、みたいな感じですね。

 

時間としても、たとえ信号待ちがそこそこある街中だったとしても、
30分もあれば進めてしまいます。

郊外の信号が無い、走りやすい道だったりすると、
20分とか、もっと早い場合もあります。

 

ロードバイクに慣れた人であれば、だいたい、そんな感じだと思います。

 

10kmを走るのはどんな感じなのか?について、より詳しいところは、

 

10キロを自転車で走る・・って、きついの?どのくらい時間がかかる?注意点はある?そんなところを解説しています。

 

上の記事でも解説しています。

30kmまでなら、準備は不要

30kmも、ある程度慣れると、
まったくの準備無しでひょい、と出かけられる距離になります。

走るためのルート作成とか、
飲み物のボトルとか、補給のための食べ物とか・・
そういった用意無しで、簡単に走れる・・ということですね。

 

時間としても、1時間半とか、そんなもので着くと思います。

 

例えば私は、30-40kmくらい離れた職場に、週1回、通っていた時期があります。

そのときは毎回、行きは折りたたみ自転車を電車に乗せて・・つまり輪行で持っていき、
帰りは自転車だけで自走して帰る・・ということを、繰り返していました。
(帰りだけ自転車なのは、出勤時にパンクなどしてしまうと、やばいことになるからです・・)

 

最初のうちは30km走ったあとは、脚がパンパンになったり、疲れ切ってしまったりしていたのですが・・・

何度もそれを繰り返すうち、走り始めたと思ったら、いつの間にか目的地に着いている・・といった感覚になり、

その後はその道じゃなくても、30kmくらいまでの距離なら、
ひょいと出かけて、なんとなくペダルを回していると、特に苦労もなくいつの間にか到着している・・という感じになりました。

50kmを越えると、「道選び」が鍵になる

50kmになってくると、特にロードバイクを始めたばかりですと、
そこそこ、大変になってきます。

 

そして・・このくらいの距離から、
「道選び」が、重要になってきます。

 

たとえば郊外の、車が少なくて広い、信号も無いような道ですと、
50kmの距離は2時間とかで、走ってしまえると思います。

感覚的にも、ラクなものです。

 

なのですが・・

その50kmの中に、「走りにくいエリア」が混じってしまうと、
50kmという距離は、一気に、過酷なものになります。

 

走りにくいエリアというのは、まともに走れるのが狭い歩道しか無いエリアとか、
街中エリアで、信号ばかりで飛ばしにくいエリアとか・・ですね。

 

そういうエリアが混じってしまうと、同じ50kmの距離であっても、
場合によっては4時間とか5時間とかいう、途方もない時間がかかってしまう場合があります。

精神的にも、ストレスばっかりになります。

 

なので私は旅先などで、30kmくらいまでの距離なら、
何も考えずにひょいと、自走してしまうことが多いのですが・・・

 

50-60kmにもなってくると、その道は走りやすいエリアなのか?・・を、事前に調べ、
もし走りにくいエリアなんだったら面倒なので、輪行でパスしてしまう・・ということが、多いです。

そうしないと、快適なライドを楽しめないばかりか、
ストレスのたまる走りをしたあげく、やたらと長い時間を食ってしまうことになりますので・・・

 

50kmとか、そのくらいの距離を走ろうとするときは、
「道選び」をしっかりやるのが、無駄な時間を取られてしまわないためのコツだ・・と思います。

100kmは、「トレーニング」みたいな感覚

自転車で100km!というのは、ひとつの目安のように語られることが多いものです。

そしてこのくらいの距離は、決して、
日常生活の中で、ちょっと走ろう・・とか、
旅の中で、ここはちょっと自転車で移動してみよう・・とか、

そういった感覚で走れるものでは、なくなってきます。

 

あくまで、走るルートの作成とか、
パンク修理セット・ドリンクや補給食・・といった準備をしっかりと整えたうえで、
「チャレンジ」として挑む・・みたいな意識が、必要だと思います。

 

そういった準備をちゃんとしていれば、100kmはだいたい5時間もあれば走れますし、
脚力などによっては、もっと早かったりもするでしょうが・・・

 

例えばルートの確認もせずに、ひょいと、100km走ろう!とかしてしまうと・・・

なかなか進めずに、走りの時間対効率がものすごく悪くなりますので・・・

10時間(!)とか掛かって、
ストレス的にも、地獄のような思いをすることになります・・笑

 

とはいえある程度慣れて、100kmを快適に走れるような道選びさえちゃんとできていれば・・

そんなに、チャレンジングと言えるほどの距離では、無いです。

ちゃんと準備したのに、達成できない!・・ということも、あまり無いと思います。

 

100kmを走るって実際、どんな感じ?

どんな状況で走ると、どのくらいの時間がかかる?

といった詳しいところは、

 

自転車で100km走ってみようかな?と思っている方向けに、どのくらいの時間がかかるの?どんな要素で変わってくる?を解説しています。

 

上の記事で、詳しく解説しました。

200km以上は、「チャレンジ」するもの

200kmを越えるほどの距離になると、じゅうぶん「チャレンジングな距離」になってくると思います。

このあたりの距離になるとさすがに、ロードバイクに乗り慣れた人であっても、
そう頻繁に走る距離でもないでしょう。

私自身も200km以上走ったことは、数えるほどしか、無いです。

 

実際こんな距離は、自転車を趣味にしていない一般の人からすると、
頭おかしいんじゃないの?と思われるような、距離だと思います・・笑

完全に、クルマや電車の距離ですよね。

 

「可能」か「不可能」か?でいえば、
十分に、可能な距離ではあるのですが・・・

 

挑戦するときは、
己を追い込む、チャレンジ!みたいな感覚でやるのが、いいかもしれません。

どのくらいの距離が、いちばん快適?

と、いろいろと走ってきた中で、
それぞれの距離に抱いた感想を、書いてみたのですが・・・

 

日常的に「ロードバイクを楽しむ」ために走る場合、
最適な距離は、50km前後くらいかな・・と、思います。

それより短いと、手応えがなさすぎますし、
それより長いと、忙しい日常の中、時間を取りすぎるなぁ・・と、思うからです。

もちろん、脚力などによって変わってくることは、言うまでもありません。

 

ロードバイクは、持っていない一般の人がイメージするより、
はるかに、速いものです。

私も最初に手に入れたときは、
「原付かい!」と、ツッコみたくなるくらいでした・・笑

 

もちろん時間や体力さえあれば、どんな距離を走るのももちろん自由ですし、可能だと思うのですが・・・

 

ロードバイクってどのくらいの距離を走れるの?に対しては、
だいたい50kmくらいまでなら、特別な準備とか、特に大変な思いをすることとか無く、
走れるのではないか・・と、思います。

 

関連記事
「バックパック」「ショルダーバッグ」「手提げビジネスバッグ」の3スタイルに切り替え可能で、自転車通勤やビジネスに向いたバッグを紹介しています。

 

安くてじゅうぶんな機能が揃った、コスパ最強の振れ取り台を紹介しています。

 

旅や観光に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ