クロスバイクからロードバイクに乗り換えて、後悔したポイント


緑の中で走り回るロードバイク

クロスバイクを卒業し、ロードバイクに乗り換える!!

 

というのは、スポーツ自転車における、
王道とも言えるアップグレードですよね。

今まさに、買い換えよう!としている人も、
もしかしたら居るかもしれません。

 

クロスバイクを買ったとしても、すぐロードバイクが欲しくなるよ・・とか、
いっそ、最初からロードバイクを買ってしまっては?・・とかも、
よく言われていると思います。

 

私も例のごとく、最初のスポーツ自転車としてクロスバイクを購入し、
数年間乗ったあと「卒業」して、ロードバイクに乗り換えました。

 

初めて乗るロードバイクは、確かに、良いものだったのですが・・・

実際のところ、クロスバイクにも、ロードバイクより優れた点がたくさんあり、
ロードバイクに乗り換えたことを後悔するポイントも、けっこう、ありました。

そして結局は、クロスバイクも確保することになりました。

その後・・意外にも生活の中で、私がメインで乗り回しているのは結局、
「クロスバイク」のほう、だったりします。

 

まず、クロスバイクは圧倒的に、小回り性能が高いです。

というより、ロードバイクの小回り性能が低いんですね。

 

ドロップハンドルの自転車に乗ったことがない方であれば、
感覚ではわかりにくいかもしれませんが・・・

ドロップハンドルというのは「直進特化」のハンドルです。

場合によっては、何時間も連続で、
もしくは、50km/hを超えるような速度で、「まっすぐに」走り続けるための、
ハンドルなのです。

ロードレースやトラックレースでよく使われるハンドルですので、
まあ、当たり前かもしれませんが・・・

 

対してクロスバイクに使われるバーハンドルは、
もともと、マウンテンバイクに使われていたタイプのハンドルです。

マウンテンバイクは当然、ものすごい速度で直進するというよりは、
障害物をすばやく避けたり、衝撃をいなしたりするほうが重要です。

なので、そういうのが得意なバーハンドルが、採用されているわけです。

 

さらに、ブレーキ性能もふつうは、クロスバイクのほうが高いです。

単純に、ドロップハンドルよりバーハンドルのほうが、
ブレーキを強力に握りやすいからですね。

そのためロードバイクに乗り換えると、意外なくらいに小回り性能が落ちて、
街中で、ひらひら動き回ったり、急激にブレーキを掛けたりがしにくくなり・・
私はけっこう、後悔することになりました。。

 

 

そして・・・肝心のスピードそのものも、大して変わらないです。

クロスバイクでは25km/hで巡航していたところを、
ロードバイクに乗り換えたら、30km/hに上がった!・・・とか、
そんなことは、起きません。

ハンドルがドロップハンドルに変わろうと、
タイヤが28cくらいから23cくらいに細くなろうと、
それで劇的にスピードが変わったりは、しないのです。。

 

なので・・・もし、ロードバイクは特別で、
クロスバイクからロードバイクに乗り換えれば、めっちゃ速くなれるんだ!!

・・・とか思っていると、拍子抜け・後悔することになります。
(ちなみに、私もそのクチです)

 

ロードバイクは確かに、速く走っていることも多いのですが・・・

それは結局、乗る人が速いだけで、
「ロードバイクの能力」ではありません。

 

ドロップハンドルだから速いとか、超軽量だから速いとか、
100万円もしたから速いとか・・・自転車の世界では、そんなことは無いんですね。

プロのロードレース選手が、5万円クロスバイクに乗ったとしたら・・・
200万円のロードバイクに、私のような素人が乗ったとしても、ぜったいに勝てないでしょう。

バイクとかのモータースポーツであれば、お金でエンジンの性能が上がることもあるようで、
「マシン性能で勝てる」という場合もあるようなのですが・・・

 

ロードバイクが、クロスバイクと比べて、
決定的に優れているのは、長距離を走り続ける能力、だと思います。

ロードバイクおなじみのドロップハンドルは、
ブラケット、下ハン、その他いろいろな場所を握ることができ、
姿勢をさまざまに変えられるのですが・・・

これが、ロングライドではなかなかに有効です。

 

クロスバイクだと基本的に、握れる場所はひとつしか無いですので、
姿勢はひとつに固定され、ハンドルの握り方もひとつになるので、
体ががちがちに凝ってしまったり、手が痛くなったりしやすいのですが・・・

ロードバイクだといろいろと姿勢・握りを変えることで、
手や、身体の痛みといったものを、マネージメントできるのです。

 

なので、趣味として、100kmを超える距離を自転車で走ってみたい・・というのであれば、
クロスバイクでも走れはするのですが、ロードバイクに乗り換えると、
ずっと快適に楽しく、走れるかもしれません。

 

・・・と、「ロードバイクはクロスバイクより上!」みたいに言われることも多く、
特に自転車趣味を始めたばかりだと、早くロードバイクを手に入れたい!!みたいになることは多いのですが・・・

実際のところ、ロードバイクというのは「ロードレース用」の自転車ですので、
ふつうの一般人が、ふつうの日常生活の中で使う・・というときには、
意外に使いにくいことも、多いのです。

 

そして、クロスバイクにも優れたポイントはたくさんあって、
日常生活の中で、ちょっと速い移動手段として使うのであれば、
実は意外とクロスバイクのほうが上だった・・ということも、よくあることだと思います。

なので、なんとしてもロードバイク!!・・・というよりは、
いろいろと試乗などして、検討してみるほうがいいかもしれないです。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ