ローバイクはケツで踏む!を、解剖学的視点から解説!


おしりをおさえる女性

ケツで踏め!!

・・というのはロードバイクなど自転車の世界では、よく言われるフレーズのようです。

 

もちろん、おしりをペダルに載せて踏むわけではありません。笑

おしりの筋肉とか、おしりの力とかを使ってペダリングするのが大事!と、そういう意味ですね。

 

とはいえ・・「踏む」といえば通常、ふとももの筋肉とかがメインのはずなのに・・・
なぜ、そんなにケツが大事なの?

ケツを使うって、具体的にどの部位を、どう使えばいいの?

ケツを使ったペダリングができると、どういうメリットがあるの?

この記事では、そういった疑問に「解剖学的な視点」メインで答えていきます。

具体的に、おしりのここを使う!

まず、おしりのどこを使えばいいのか?なのですが・・・

 

大殿筋の場所

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

ここです。

この、赤っぽく表示されている筋肉で、
名前としては「大殿筋」ですね。

 

ちょっと、場所がわかりにくいかもしれませんので、皮膚もつけてみると・・・

 

大殿筋の場所

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

こんな感じです。

これはおしりの中でも、いちばん表面のほうにある、おそらくいちばん大きい筋肉で、
表面からかんたんに触れると思います。

 

なぜ、このおしりの筋肉が「ケツで踏む」にあたってそんなに重要なのか?

・・これが、「股関節を伸展」する筋肉だから、です。

 

股関節の伸展というのは・・・

 

股関節を伸ばす前

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

ここから・・・

 

股関節を伸ばした後

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

ここまで、股関節を動かすような動きですね。

脚を、後ろに送るような動きです。

 

上の画像は、直立しているときの動きなので、ちょっと角度は違いますが・・・

この動き、ペダリングの、ダウンストロークで踏みおろす動きじゃないですか?

そう、「股関節の伸展」は、ペダルを踏みおろす動作に使えるわけですね。

 

しかし・・ペダルを回すための筋肉は、他にもいろいろあるはずです。

なぜ、大殿筋がそんなに大事なんでしょうか?

なぜ、大殿筋を使うペダリングが「良い」のか?

まず・・基本的に筋肉は大きければ大きいほど、力が強いです。

これはまあ、常識的にそうでしょうし・・・

筋力は基本的に「筋肉の断面積」に比例することが知られていますので、
そういう面から見ても、そうですね。

 

そして大殿筋は大きい筋肉です。

なのでまわりにある小さな、補助的に使われる筋肉たちと比べると、
圧倒的にパワーが強いんですね。

 

もうひとつ・・大殿筋は「股関節」を動かす筋肉です。

そして股関節は、やわらかさが人によって違いはしますが、
360度回転できる「球関節」です。

なので「ペダリング」という複雑な動きに向いているんですね。

 

逆にもうひとつの大きい関節、「膝関節」は、
曲げる・伸ばす、という一方向だけにしか動きません。

なので「脚を正しく、円の形に動かす」なんていう複雑な動作には、不利なのです。

 

「踏みすぎ」を防ぐ方法というのも、自転車ではすごく重要で、
ここを工夫すると太ももへの痛みを減らすことができたりと、メリットが多いのですが・・・

「大殿筋」をメインで使うというのは、そのためにも有効に働くことが多いです。

 

 

・・とまあ、こういう理由で「ケツで踏む!」というのは、ロードバイクなどの自転車にすごく大事ですし、
具体的には、股関節を伸展させる「大殿筋」が重要!・・と、まとめるとこういうことですね。

今回は「ケツで踏む」の、その具体的な方法について解説しました。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ