重いホイールの意外なメリット、軽いホイールの意外なデメリット


自転車のホイール

ロードバイクでは、軽いホイールのほうがいい・・というのは、常識です!

 

・・・と、あちこちで言われているため、
私もできるだけ軽いホイールが欲しくて、いろいろと探していたことはあるのですが・・・

・・・いま乗っているロードバイクがもう一台買える値段がするので、とても買えず、
すっぱりとあきらめました・・笑

 

軽いホイールのほうが、レースで有利だ・・というのは、
ツール・ド・フランスなどレースで、ほぼすべての選手が最軽量クラスのホイールを使っていることから、
明らかでしょう。

すくなくとも、プロのロードレースで、2kgもあるいわゆる「鉄下駄」で参加する人は居ないと思います。

 

この記事を読まれているあなたが、もしプロのロードレーサーであれば、
もちろん、選択肢は最軽量クラスのホイール一択なのだと思いますが・・

 

それでは、自転車乗りのほとんどを占めると思われる、
日常生活でロードバイクやクロスバイクを便利に使っている人や、
一週間に一回程度、ロングライドを楽しむ人・・といった、
私を含めた、いわゆる「一般サイクリスト」にとっても・・・

本当に、軽量ホイールが「良い」のでしょうか??

 

いろいろと、議論されるところではありますが・・・

私としては、本気で順位を競うようなレース走行をしないのであれば、
重いホイールと軽いホイールのあいだに、性能そのものの「優劣はない」と考えて、
安いぶんだけ有利な、シマノの、2.0kgくらいある1万円ホイールを常用しています。

 

重いものほど頑丈・・というのは、自転車に限らず、
工業製品の常識です。

同じくらいの工業技術でつくられた、重さに1.5倍ほどの差がある物であれば、
重いもののほうが、まず間違いなく頑丈でしょう。

昔は、安価なホイールは雑に作られており、精度が低く、
すぐにフレたりと耐久性が低い・・と言われていたようですが、
現代で、特にシマノ製品であれば、1万円くらいの安価なホイールでも、
高価なホイールと変わらないほどの組み上げ精度がある・・と思います。

 

 

速度への影響についても、大したことはないと考えます。

たとえば、シマノのデュラエースグレードのホイールは、前後で1.3kg程度、
シマノの1万円ホイールであれば前後で2.0kg程度で、
その差は700g程度です。

そして回転部分の重さによる影響は、1.3-1.6倍程度になってきます。
(書籍「ロードバイクの科学」より)

そのため、ざっくりとした計算にはなりますが、
ハイエンドクラスのホイールは、ローエンドクラスのホイールに対して、
車体重量に換算し、1.0kg程度ぶん程度有利・・と言えると思います。

たった1kg・・レースをするなら、コンマ数秒の差につながりかねないので重要だとは思いますが、
日常ライドがメインだと・・まあ、そのぶん痩せればいいのでは?と重うような差だと思います。

 

そして、日常ライドでは、重さがもっとも関係する「上り」を走ることが、
レースに比べて、圧倒的に少ないと思います。

プロのロードレースでは、山をいくつも越えるようなコースを走ることが多いのですが・・

日常の移動や、ちょっとしたロングライドでは、
意図して山道を選ばない限り、そうそう上りばっかりを走ることはないでしょう。

そういった面でも、「重さ」によるデメリットは、レースをしないなら小さい・・と言えると思います。

 

 

総じて、いわゆる「軽量ホイール」は、
レースをせず、日常ライドメインで使うのであれば、
すくなくとも、価格ほどのメリットは無い・・と考えます。

 

もちろん、高価な軽量ホイールには、「ブランドもの」のような特別な価値があるため、
そういった価値を含めて検討しても、いいかもしれません。

 

 

世間一般では、ホイールは「軽いほど正義」のように言われており、
私も自転車趣味を始めたばかりの頃、その常識に触れたことにより、
ホイールの軽さを追求したりもしたのですが・・・

レースをしないのであれば、大枚をはたいてまで追求するほどのものではないな・・というのが、
私が、最終的に感じたことでした。

 

ひと昔前であれば、まともな精度を持つホイールは、高価な価格帯にしか無く、
質のいいホイールが欲しければお金を払うしか無い・・ということもあったようですが、

現代であれば、工業技術がものすごく進んできているので、
少なくともシマノなどから探せば、安価で高品質な製品が、いくらでも手に入ると思います。

 

軽いホイールを追い求めすぎず、
むしろ重くても、品質のいいホイールであればじゅうぶん・・くらいの感覚のほうが、
日常ライドがメインの乗り方であれば、向いているのかもしれません。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ