シマノの安い鉄下駄ホイールは、レースしないなら最高の品かも


シマノのフロントホイール

重くて、鈍重で、初心者専用!と言われることが多い、
鉄下駄ホイール・・・

 

しかし、「レースで競い合う」ことが無いのなら・・・

実は、総合的にみると、最高の品なのかもしれません。

 

シマノの製品には、「1万円ホイール」というものがあります。

 

そのまま、前後セットで1万円程度の価格で手に入るホイールのことですね。

 

時代によって型番などは変わるのですが・・・

執筆時点では「WH-R501」という型番のものが、売られています。

 

そして1万円ホイールは、とても重いです。

具体的に・・前後セットでだいたい、2.0 kgくらいですね。

 

シマノのホイールには、いろいろなグレードがあって、
ハイグレードなものほど「高価で、軽い」といった特徴があります。

 

たとえば・・・シマノで売られているホイールで、最高グレードのものは「デュラエース」なわけですが、
これは前後セットで、たったの1.3 kgくらいです。

上から2番目グレードの「アルテグラ」でも、
前後セットでだいたい、1.6 kg程度ですね。

なので、1万円ホイールはまさに「鉄下駄」と呼ぶにふさわしい、鈍重ホイールなわけです。

 

そして自転車のホイールは、軽ければ軽いほど良い!というのが、常識です。

 

これはもう、雑誌とかブログとか、あらゆるところで言われていますし・・・

ツール・ド・フランスに出るようなトッププロは、ほとんどが最軽量クラスのホイールを使うわけですので、
そういう面は確かに、あるのでしょう。

 

そしてそれは、裏を返せば「重ければ重いほど悪い!」ということです。

なので、これをそのまま捉えるなら、
鉄下駄ホイールは、シマノのラインナップの中でいちばん悪い・・ということに、なってしまいます。

 

しかし、私の、個人的な意見としては・・・

 

そんなことは無い!

1万円の鉄下駄ホイールは、最高の品のひとつだ!!

・・とまで、思っています。

 

もちろん、理由がありまして・・・

シマノの鉄下駄ホイールは、
「重いこと以外」の、ほとんどのパラメーターが高い水準にある

と、思うからですね。

 

重いほど頑丈・・というのは、工業製品における常識です。

鉄下駄ホイールも例外ではなく、重さに見合う、頑丈さを備えています。

 

剛性が高く、ちょっとハードな乗り方をしても、しなったりすることは全然ありませんし・・・

私が数年使った限りだと、フレたりすることも、ほとんどありません。

 

昔は、安いホイールは組み上げ精度が悪く、
すぐにフレたり、たわんだりする・・ということがあったようですが・・・

現代の、特にシマノの機械組みはレベルが高いですので、
たとえ安いホイールであっても、「安かろう悪かろう」にはならないんだ・・と、思います。

 

 

そして・・・

レースをしないのなら、「重いこと」はほとんど、デメリットにはなりません

 

ホイールが軽いほうが、スピードには確かに、有利なのでしょうが・・・

その速度の差も、レースのように1秒を争うような走りをしないのであれば、
そんなに、劇的な差にはならない・・と、思います。

 

ホイールの「重さ」と「スピード」の関係は、いろいろなところで言われてはいます。

 

例えば私は、鉄下駄ではない「アルテグラ」グレードのホイールも持っているのですが・・・

確かに走り出しこそ、鉄下駄ホイールより少しは軽い感じなのですが、
例えば、100kmを走ったタイム差を比べたりすると、ほとんど差は出ないです。

 

なので少なくとも、軽量ホイールと鉄下駄ホイールとで、
スピードに「1割以上」みたいな、劇的な差はつかないだろう・・と、思います。

 

そして、軽さの影響が一番大きくなるのは、
言うまでもなく「登り」です。

軽いほうが、登りに強くなる・・というのは、
まあ、物理的に、当然です。

 

とはいえ・・・自転車で、生活の中でふつうに移動するときに、
そんなに坂を登りまくることは、ないと思います。

「平地」「登り」「下り」で、普段の生活の中で、圧倒的に多いのは・・・
まあ、「平地」ですよね。

そして「平地」だと、ホイールの重さの影響は、そんなに無いか、
場合によってはむしろ、重いホイールのほうが慣性がついて有利・・なんてことさえ、あると思います。

 

 

そして・・・「安さ」というのは、やっぱり魅力です。

 

ハードに使い倒して、フレまくってしまったり、
最悪、壊れてしまったとしても・・・

一枚でたったの5,000円を出せば、復活することができます。

 

もちろん、ホイール盗難に遭ったとしても、同じですね。

 

雨の中走って、リムが削れたり・・というのも、
買い替え前提の消耗品と捉えてしまえば、あまり気にすることはありません。

長距離を走りまくる「ブルベ」で、1万円ホイールを使う人が多い・・というのも、
納得がいく話なのではないか、と思います。

 

シマノの重いけど安いホイール

 

注意点としましては・・・1万円のホイールでも高品質・・というのは、
シマノのような、優れたメーカーの品に限るかもしれない、ということです。

 

安いホイールだと、すごくフレやすいホイールだったり、
剛性が低く、ぜんぜん進まないホイールだったり・・・

そういった「安かろう悪かろう」といったホイールは、山ほどあります。

 

安いホイールでも、高価なホイールと遜色ないほどの品質を持つのがあたりまえだ・・

と、いうわけではないのです。。

 

高価で、軽いホイールが良い・・というのは、よく言われることです。

実際私も、アルテグラのホイールを使ったり、デュラエースホイールの自転車に乗ってみたりしたのですが・・・

確かに、軽い走りだ!・・と、快適さを体感はできるものの、
実際に、ずっと速く走れるようになったり、ホイールの精度が高かったり・・といった「実利」は、それほどは無いな・・と、感じました。

そして結局、私はほとんどの状況で、シマノの1万円ホイールを使うようになりました。

 

シマノの安い鉄下駄ホイールは、
「耐久性」「頑丈さ」「剛性」「組み上げの精度」「安さ」と・・・

重さ以外のほぼすべてにおいて優れる、用途によっては最高の品なのかもしれない、と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ