オフラインでの自転車ナビには「OpenStreetMap」が超便利!


コンパスと白い地図

グーグルマップ、ヤフーマップ、そしてアップルマップ・・

自転車でナビをするとき、「よく使われるマップ」といえば、
こんな感じだと思います。

 

特に、グーグルマップは優秀です。

ここ数年で、地図がどんどん詳しくなっていくだけでなく、
ストリートビューや山岳モードといった特殊機能も、レベルアップを続けています。

 

しかし・・・こういった、スマホなどで使えるマップのほとんどに、
オンラインでしか使えない」という弱点があります。

 

自転車ツーリングなどしていると、電波が届かない場所まで行くことはありますし、
電波が入るエリアのはずなのに、なかなか繋がらない・・というのも、よくあることです。

 

そんな時・・「オフライン」マップが使えると、すごく便利だったりするのです。

オフラインマップには「OpenStreetMap」!

オフラインマップのメリットは、実は、たくさんあります。

 

例えばまず、「バッテリー消費」が少ないです。

 

オンラインのマップだと、GPSに加えて「通信回線」を使いまくりますので・・・
バッテリードレインか?と思うほどに、どんどん、バッテリーが減りまくります。

これは、スマホでナビをしたことがある方であれば、
よく経験することだと思います。

そしてオフラインマップだと、「通信回線」をまったく使わないですので、
バッテリーの減りはオンラインマップと比べて、だいたい2/3から半分くらいにまで減らせると思います。

 

何時間もナビをしたりして、ずっと通信回線を使っていると、
一ヶ月の通信量を越えて、通信制限が掛かったりします。。

が当然、オフラインマップだとそんな心配も、ありません。

 

そしてオフラインマップは、データのダウンロード時間がありませんので、
すごく表示が早いです。

なのでオンラインマップと比べて、快適なサクサクナビができたりもします。

 

では・・どんなオフラインマップが、スマホで使えるのか?

そして、優秀なのか?

 

・・・私は「OpenStreetMap」というマップサービスと、
それを使っているアプリたちが、最強!と思います。

 

OpenStreetMapは、誰でも地図情報を追加したり、編集したりできるタイプの、
みんなでデータを持ち寄って作る「地図版ウィキペディア」みたいなサービスです。

 

そしてグーグルマップなどのサービスでは、
権利の関係などで、マップをオフラインに保存するのはなかなか難しいのですが・・・

このOpenStreetMapなら、
ほぼ無制限で、地図データをダウンロードして使うことができます。
(実際のルールなどについては、規約などをご確認ください)

 

なので・・・

OpenStreetMapに対応したアプリは、基本的に、
日本全国の地図データを一括で、スマホ内に保存できるのです。

 

これは実際、ものすごいメリットです。

 

日本のごく一部だけを、オフラインにダウンロードできるアプリはよくありますし、
「グーグルマップ」アプリでも、それはできるのですが・・・

オフラインマップを使いたいのなら、
「今から行く場所」のマップを事前にダウンロードしておくしかないです。

まあ、言うまでもなく、すごく面倒ですし・・・
行く場所をいつでも、事前にダウンロードしておく!というのも難しいです。

 

しかしOpenStreetMapだと、一度、日本全国を一括ダウンロードしてしまえば、
後は、なにも気にする必要はありません。

いつでもどこでも、使いたいときに使いたい場所で、オフラインマップが使えます。

 

それでは・・OpenStreetMapを使うためには具体的に、
どんなアプリや、デバイスを使えばいいのか?

 

例えば、iPhoneやAndroidといったスマホのアプリに、
「Guru Map」「maps.me」といったものがあります。

それぞれ、OpenStreetMapを活用できるアプリですね。

 

ガリレオマップから抜粋した3枚の地図

引用:iPhone用アプリケーション「Guru Map」
© OpenStreetMap contributors

 

上の画像は、「Guru Map」でダウンロードした、オフラインマップなのですが・・・

日本全国どこでも、まあ、最低限の充実度はあると思います。

 

OpenStreetMapの海外地図

引用:iPhone用アプリケーション「Guru Map」
© OpenStreetMap contributors

 

OpenStreetMapは、全世界で使われているものですので、
海外の地図であっても、この通りです。

海外旅行に行くときに、行く国の全体地図をダウンロードしておく・・ということも、可能ですね。

 

地図データは、日本全国をあわせて1GB程度と、
現代のスマホならじゅうぶん、入るサイズだと思います。

 

このように、スマホでOpenStreetMapを使える状態にしておけば、
いつでもどこでも、オフラインマップが使えますし・・・

表示が早い・バッテリー消費が少ない・通信量を食わない、という、
圧倒的に有利な条件で、マップやナビの表示ができてしまいます。

 

特に、自転車にスマホをマウントして、何時間もナビさせながら走る・・・
とかいった時には、圧倒的な差が出ますね。

 

iPhoneなどのスマホ以外にも、
例えばガーミンの「eTrex」といったものに、OpenStreetMapを入れておくのも便利です。

 

ガーミンのGPSデバイス 英語版

 

 

これは、私が使っているもので、
「ブルベ」という、自転車で何百kmも走るようなイベントで使われる、定番アイテムだったりもします。

 

ガーミンのデバイスは、圧倒的に電池もちがよかったり、頑丈だったり・・と、
「自転車でナビをする」用途に限っては、スマホより圧倒的に優秀です。

なので本格的な、長時間ライドが多いのなら、
「ガーミンデバイス x OpenStreetMap」が、スマホ以上にベストな選択になるかもしれないです。

 

・・・と、自転車ナビのための「OpenStreetMap」について、語ってみました。

 

OpenStreetMapはオフラインマップを使おうとするときには、定番中の定番サービスです。

 

なので・・オフラインマップが使いたいときはとりあえず、OpenStreetMapを!

という考え方でも、いいのではないか・・と、思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ