ヘッドパーツの装着・交換を自分で・・は割に合わない!ショップにお願いした理由【バラ完】


ヘッドパーツ

私はこの間、自分自身でロードバイクのフレーム組みをしました。

 

フレームにパーツを自分で組み込んでいくことで、一台の自転車を組み上げていくわけで、
大変ではありましたが、特別に手こずったり、トラブルを起こしたりすることもありませんでした。

 

そして、できればすべてのパーツを自分だけで組み上げたかったのですが・・・

「ヘッドパーツの圧入」だけは、自分でやるよりショップに依頼したほうが圧倒的に有利だ・・・と感じたため、
そこだけはショップにお願いして、あらかじめ圧入したフレームを送ってもらいました。

 

とあるショップでフレームを購入したのですが、
そのフレームで同時にヘッドパーツ圧入も依頼し、そのときの工賃は2,500円でした。

フレームの全体像

届いたフレームが、上の画像のものです。

圧入されたヘッドパーツ

そして当然ではありますが、ヘッド部分に、ヘッドパーツが圧入された状態で届いています。

正しくは、ヘッドパーツのうちフレームに圧入するべき部分の「上ワン」と「下ワン」が、
ちゃんと圧入された状態、ですね。

圧入されたヘッドパーツ

上からみると、こんな感じですね。

わかりにくいかもしれませんが・・・フレームに上下から、パーツが圧入されている状態です。

 

このヘッドパーツを、フレームに圧入する、という作業は、
ロードバイクをフレームから組もうとするときには、かならず必要になってきます。

 

そして、この圧入作業を自分自身で、工具を使って行うこともできます。

できるのですが・・・

 

ヘッドパーツの圧入は、自分でやるには、リスクとコストが高すぎるので、
私はここだけはショップにお任せすることにしました。

 

ヘッドパーツの圧入には、「ヘッドパーツ圧入工具」という工具が必須になります。

しかし・・・これがかなり高価なのです。

Amazonなどで検索していただければわかると思いますが、
安いものでも6,000円から7,000円くらいはします。

パークツールやHOZANといった、誰もが知るパーツメーカーのものを手に入れるとなれば、
20,000円くらいはかかってしまうようです。

 

さらに、圧入工具だけでは圧入したヘッドパーツを「外す」ことはできません。

「外す」ためにはさらに、ヘッドワンポンチという名前の、リムーバーが必要で、
これがまた、パークツールなどの製品ですと、6,000円はしてしまいます。

 

・・・と、ヘッドパーツ圧入のための工具をちゃんと揃えようとすると、
安くても10,000円弱くらい、しっかりした工具だと数万円とかかかってしまうのです。

私が今回、ヘッドパーツ圧入のためにショップに支払った工賃は2,500円なので、
圧入のためのアイテムを揃えようとすると、それより圧倒的に割高です。

 

自分で工具を自作する、という方法もあるようですが、
相当な手間がかかってしまいますし、
やっぱりそれでも、ある程度のお金もかかってしまうでしょう。

 

しかも、ヘッドパーツ圧入なんて作業は、
そう何度も何度もやるものではありません。

毎月、フレーム組みをする!・・なんていう方であれば、自前で圧入工具をそろえてもペイするでしょうが、
一般人メカニックであれば、ヘッドパーツ圧入なんていう作業をするのは、多くても数年に一回でしょう。

そのために工具を揃える・・なんていうのは、やっぱり、どう考えてもコスパが悪いのです。

工具を置いておく場所も必要になりますし。。

 

しかも、ヘッドパーツ圧入という作業は、
フレームを壊してしまうリスクもあります

圧入作業は、文字通り、工具を「万力」のように締め上げていき、
ものすごい圧力をかけてフレームに組み込むわけですが・・・

このとき、まっすぐに圧入できていなかったりすると、
フレームが破損してしまい、使い物にならなくなってしまうのです。

 

フレームはものにもよりますが、私が購入したものは7万円しましたので、
もしヘッドパーツ圧入作業に失敗し、フレームをダメにしてしまったとしたら・・・
7万円がパアになってしまうのです。。。

 

そして、フレームを購入するとき、ショップに圧入をお願いしてしまえば、
この圧入による破損リスクは、無くなります。

もちろん、ショップでプロが作業をしたとしても、
可能性は低いものの、破損してしまうリスクはあります。

しかし、ショップでの圧入時に破損したのであれば、
当然ではありますが、そのフレームがそのまま売られてくることはありません。
他のフレームに交換したりなど、必ずなんらかの対応がされるはずです。

そのためショップにお願いすれば、圧入による破損リスクはなくなると言っていいと思います。

 

フレームを買ったお店以外だと、ヘッドパーツ圧入作業だけやってもらえるかはわかりませんので、
この方法を使うのであれば、フレームはオークションなどで調達するのではなく、
自転車ショップから直接、もしくは自転車ショップの通販から購入するほうが無難でしょう。

 

 

・・・と、「ヘッドパーツの圧入」という作業は、
自分でやるよりも、ショップにお願いするほうが、圧倒的に有利だと思うのです。

ヘッドパーツ以外の部分では、ショップにお願いしたほうがいい!という部分は特に無いと思われ、
自分で、特に問題なく組み上げることができたのですが・・・

フレームを新しく組むときであれ、ヘッドパーツを入れ替えるときであれ、
「ヘッドパーツをフレームに圧入する」作業は、ショップに依頼してやってもらうほうが、
コスパなど考えると有利なのではないか・・と思いました。

 



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ